Macクイックメモの使い方を解説【素早くメモれてよい感じ】

Mac・iPad

Macユーザの御用達メモアプリは、Appleの純正メモですね。

デザインがシンプルで、動作が軽い。
iCloudで紐付ければ、Apple製品で同期が可能です。

そんなAppleメモのMac版の便利な機能に、「クイックメモ」があります。
その名の通り、思いついたらすぐにメモれるのが特徴です。

この記事では、Macのクイックメモの使い方を解説します。

スポンサーリンク

Macクイックメモの使い方を解説【素早くメモれてよい感じ】

クイックメモを起動する方法は、以下の3種類です。

  1. ホットコーナーにポインタを持っていく
  2. ショートカットキー「fn+Q」
  3. テキスト選択後に右クリック

順に解説していきます。

1. ホットコーナーにポインタを持っていく

ホットコーナーとは、画面の4隅のこと。
指定したホットコーナーへポインタを持っていくと、クイックメモが少し現れます。

mac-quick-memo
指定したホットコーナーへポインタを持っていく

それをクリックすれば、クイックメモが起動します。

mac-quick-memo
クイックメモが起動する

クイックメモを出現させるホットコーナーは、デフォルトで右下隅です。

変更するには、「システム環境設定 > デスクトップとスクリーンセーバ > スクリーンセーバ」と進み、右下の「ホットコーナー」をクリックします。

mac-quick-memo
スクリーンセーバの右下「ホットコーナー」をクリック

ホットコーナーの設定画面がポップアップされるので、好きな場所にクイックメモを設定します。

mac-quick-memo
好きな場所にクイックメモを割り当てる

クイックメモを使いたくないなら

ホットコーナーの割り当てをやめると、クイックメモは出現しません。
使わないひとは誤作動防止のために、割り当てないほうが良いですね。

2. ショートカットキー「fn+Q」

クイックメモは、ショートカットもあります。
「fn+Q」でクイックメモが起動。
マウスやトラックパッドを使わずとも、起動できて便利です。

3. テキスト選択後に右クリック

ブラウザ上でテキストを選択した状態で、クイックメモを起動できます。

保存したいテキストを選択し右クリックすると、その中に「新規クイックメモ」があります。

mac-quick-memo
右クリックで、「新規クイックメモ」をクリック

「新規クイックメモ」をクリックすると、選択したページを引用し、さらにリンクの付いた状態でクイックメモが起動します。

かなり便利です。

mac-quick-memo
リンク付きで選択部分が引用される

作ったメモは、「クイックメモ」フォルダに保存される

クイックメモを一つでも作ると、メモのフォルダに「クイックメモ」が自動で作られます。

mac-quick-memo
クイックメモを作ると、「クイックメモ」のフォルダが作成される

その後はクイックメモを作成するたび、この「クイックメモ」フォルダへ保存されます。

クイックメモを、最後のメモの続きにするか新規にするか設定で選べる

新しく作ったクイックメモをどのように扱うかは、以下の2つから選べます。

  • 起動のたび新しいメモを作成
  • 最後に作成したメモの続きにする

デフォルトでは「最後に作成したメモの続き」になっているので、起動のたび新規メモにしたいひとは、設定を変えておきましょう。

やり方はメモの環境設定を開き、「最後のクイックメモを再開」のチェックを外します。

mac-quick-memo
環境設定で続きのメモにするか新規メモにするかを選べる

メモ以外も保存可能

クイックメモは、画像も貼り付けられます。
やり方は保存したい画像を、クイックメモのパッドへドラッグするだけ。

色々なデータを試したところ、PDFはクイックメモに入れられませんでした。
Pagesのデータは可能でしたね。

そんな感じで執筆時点では、データの種類によって保存できるものとできないものがありました。

今後のアップデートで、クイックメモに入れられる形式は増えていくでしょう。

こんなときにクイックメモは便利

クイックメモは特定のアプリを選択時に起動すると、開きっぱなしで便利です。

例えば、Safari起動時にクイックメモを開くと、Safariの上に表示されます。
別アプリを使い始めるとクイックメモは消え、Safariに戻るとまた表示されるのです。

クイックメモはレイヤーの一番上に浮いている状態になっており、位置を自由に移動できます。

特にブラウザで情報収集したいとき、クイックメモは機能しそうです。

まとめ

以上、クイックメモの解説でした。

Appleのメモはシンプルながら、フォルダ分けやタグの作成、クイックメモなど、地味ながら徐々に進化しています。

これからも細かい部分を丁寧にアップデートしてもらいたいですね。

タイトルとURLをコピーしました