デスクトップPCはいらない【ノートPCと比較したデメリット】

仕事ツール

皆さんはノートパソコン派ですか、デスクトップ派ですか。

ぼくはデスクトップPCとノートパソコンの両方を使っていますが、デスクトップPCは撤去する予定です。

デスクトップPCのいちばんのデメリットは、一度置くと簡単に移動できない不自由さにあります。

そこでこの記事では、デスクトップPCのデメリットを解説します。

スポンサーリンク

デスクトップPCはいらない【ノートPCと比較したデメリット】

デスクトップPCは、画面が大きく作業しやすいです。それがいちばんのメリット。ノートパソコンと比べ、価格の安さも魅力です。

そんな良い面もあるデスクトップPCですが、以下のようにデメリットもあります

  1. デスク上を圧迫する
  2. 移動しづらい
  3. 電源がないと使えない
  4. 結局、ノートパソコンを必要とする

1. デスク上を圧迫する

デスクトップPCは画面が大きいです。小さくても21インチ、大きいものなら27インチを越えます。

作業効率は画面サイズに比例するため、デスクトップPCは仕事がはかどります。それは間違いないですが、大きな画面のデスクトップPCは存在感が大きすぎます

いつも仕事している感じが出る

デスクトップPCを置けば、デスクの印象はほぼパソコンのみになります。本を読んでもノートでメモを取ろうにも、絶えず目の前に大きなディスプレイがある状態

いつでも仕事をしているような気になって、リラックスできませんね。

2. 移動しづらい

画面サイズが大きいゆえ、デスクトップPCは重量があります。ディスプレイと本体、キーボードなどが分かれているため配線も面倒です。

そのため一度、設置場所を決めてしまうと、移動が面倒でそのままになってしまいます。

引っ越しを考えると気が滅入る

気分転換に家具の位置を移動させても、デスクトップPCはそのままのケースが多いです。

引っ越しのときなど、「デスクトップPCと周辺機器を整理しないと…」と思うと面倒さがMAXになります。

3. 電源がないと使えない

デスクトップPCには、バッテリーが内蔵されていません。電源ケーブルをつないだままの使用が、前提となっています。

常にケーブルを必要とするのはわずらわしいです。めったにないですが、停電時には使用すらできなくなります

4. 結局、ノートパソコンを必要とする

デスクトップPCのみを使っている人は稀でしょう。デスクトップPCを母艦とし、外出時にはノートパソコンを使うはずです。

ということはデスクトップPCを使うなら、ノートPCも買わなくてはなりません。2台持ちを余儀なくされるのは、非効率ですね。

データ同期に手間がかかる

2台持ちはデータを同期するため、クラウドに余計な出費もかかります

確かにデスクトップPCは大きな画面で快適なものの、そのぶん出費が増えるのは痛いです。

ノートパソコン1台で、すべてをこなせる

ひと昔前までデスクトップPCに比べ、ノートPCは非力でした。性能面を重視するなら、ノートPCだけでは厳しかったのです。

しかし最近は、ノートPCで動画編集など重い作業も十分にこなせます

画面の美しさは十分に追いついている

画面の大きさはデスクトップPCに負けますが、例えばアップルはMacBook ProにLiquid Retina XDRディスプレイを使用するなど、画面の美しさは追いついてきています。

作業だけでなく写真を見たり、動画を視聴したりするのも、体験的にデスクトップPCに引けを取りません。

ノートパソコン1台を使うのが、身軽で良い

なによりノートパソコンは、持ち運びできるのが大きいです。自宅でもソファで使ったり、キッチンで使ったりと、気分によって場所を変えられます。

デスクトップPCと2台持ちすることの、データ同期のわずらわしさもない。

デスクトップPCを持つより、性能の良いノートパソコン1台ですべてこなしたほうが、身軽で快適に過ごせるのです。

まとめ

以上、デスクトップPCのデメリットを4つ紹介しました。

  1. デスク上を圧迫する
  2. 移動しづらい
  3. 電源がないと使えない
  4. 結局、ノートパソコンを必要とする

ひと昔前はスペック的にデスクトップPCでないと安心できませんでしたが、今ではノートパソコン1台で高負荷の作業も十分にできます。

大きな画面のデスクトップPCは魅力的なものの、それを上回る快適さがノートパソコンにあるのです。

「デスクトップPCをやめて、ノートパソコン1台にしようかな…」と考えている人は、この記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました