iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケースレビュー

公開日 2021-09-28 最終更新日 2021-10-20

iPhone13 Pro Maxのケースに、 Apple純正のシリコーンケースを購入しました。
色はホワイトにしたかったのですが、なぜか今年は外れていました。
そこでブルージェイを買ったところ、自分好みの青で満足。

Appleのシリコーンケースは質感がよく、ケースを付けていても所有欲を満足させてくれます。
この記事ではiPhone13 Pro MaxのApples純正シリコーンケースを、写真を交えてレビューします。

SPONSORED

iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケースレビュー

では早速、紹介していきます。
箱はiPhone12 Pro Maxのシリコーンケースと、(おそらく)変わりません。

iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
シリコーンケースのパッケージ

裏面の矢印を引っ張ると、箱の上部を開けられます。
簡単に開封できる、スマートな設計です。

iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
裏面の緑の矢印を引っ張って開封する

箱から、シリコーンケースを取り出しました。
取扱説明書が付いています。

iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
ケースの他に取扱説明書が付いている

青色とひと口に言っても、色合いは無限にあります。
今回購入したブルージェイは、海を思わせる少しくすんだ青色。
好みの色合いで、ひと目で気に入りました。

iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
海を思わせるくすんだ青色

裏面はiPhoneの文字と、マグセーフを付けるための磁石の丸い模様がデザインされています。

iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
ケースの裏面
iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
マグセーフ用の丸い磁石の模様が付いている

昨年購入した、iPhone12 Pro Maxのシリコーンケースと並べてみました。
大きさはまったく同じ。裏面の処理や質感も変わりません。

ちなみに iPhone12 Pro Maxのシリコーンケースのレビューは、以下の記事を参照にしてください。

iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
iPhone12 Pro Maxのケースとの比較。右がiPhone13 Pro Max用のケース

iPhone12 Pro Maxのケースとの違いは、カメラ回りです。
iPhone13 Pro Maxはカメラレンズが大きくなったため、iPhone12 Pro Maxのケースは合いません。

iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
カメラ回りの形状が異る

iPhone13 Pro Maxを、シリコーンケースに入れてみました。
もちろん寸分違わず、ぴったりと収まりました。

iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
ケースを入れた状態
iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
上部もぴったりと収まっている
iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
ケースを入れた状態の裏面

レンズもぴったりです。

iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
カメラレンズもぴったりと収まっている

サイド部分を見ていきます。
右サイドは、電源ボタンです。

iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
右サイド

上部は何もなし。
カメラ部分が出ているので、テーブルなどに置くと少し傾きます。

iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
上部には何もない

左サイドには、マナーボタンと音量ボタン。
マナーボタンは、くり抜いてあります。
操作性は問題なし。

iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
左サイド

底部は、Lightningコネクタとスピーカー部分がくり抜いてあります。
スピーカーの小さな穴も、ケースと位置がぴったり合っています。

iPhone13 Pro MaxのApple純正シリコーンケース
底部はLightroomコネクタとスピーカー

価格の高いApple純正のケース

今でこそ、Apple純正のiPhoneケースは当たり前に販売されています。
しかしiPhone5Sまでは、公式ケースは存在していませんでした。
※iPhone 4のアンテナ問題で、iPhone4・4S用の公式バンパーは無償提供・販売されていました。

iPhone発売当初、公式ケースが作られなかった理由は、スティーブ・ジョブズの意向によります。
ジョブズがこだわり抜いて作ったiPhoneだけに、ケースを着けてその形状を隠したくなかったのです。
しかしジョブズが亡くなった2年後の2013年、iPhone5S・5Cの両モデルから純正ケースが登場。
その後も新型iPhoneの発売のたび、シリコーンケースとレザーケースも発表されています。

アップルファンが納得して買うケース

Appleのケースの特徴は2つあります。

  1. 価格の高さ
  2. 質感の良さ

今回のiPhone13 Pro Max用のシリコーンケースは、6,050円します。
安いプラスティック製なら1,000円以下で買えるだけに、価格が6倍以上のケースを買うにはそれなりの理由がいります。

Apple純正の高額なケースを買う理由とは、Appleのデザインが好きなこと。
そして触感や質感など、プロダクトのクオリティを信頼していることです。
Appleもユーザの期待の高さを理解しているだけに、クオリティの高いケースを作るし、価格もまたブランド料の乗った高価なものとしています。
つまりファンにとっては、高額なケースを納得した上で買っているわけです。
ぼくもアップル製品が好きなだけに、今回のシリコーンケースも楽しみながら開封しました。

まとめ

iPhone13 Pro Maxのシリコーンケースは、今回紹介したブルージェイをはじめ、カラフルな色が揃っています。
渋めの大人っぽい色を選びたい人は、純正のレザーケースを検討してみると良いと思います。
ただしレザーケースは、シリコーンケースに比べ1,430円高いです(税込7,480円)。

iPhone13 Pro Maxのシリーコンケースも、前回同様クオリティが高く満足しました。
Appleのデザインが好きで所有感を満たしたい人にとって、Apple純正シリコーンケースは不安要素のない安定した選択と言えます。

関連記事

iPhone13 Pro Maxが手元に届き、開封とファーストインプレッションをレビューしました。
見た目はiPhone12 Pro Maxと変わりませんが、リフレッシュレート120Hzに対応し、別物のような心地よい触感となっています。

SPONSORED