AirPAY(エアペイ)メリットデメリットを解説【iPad無料貸与】

仕事ツール

クレジットカードやQRコードなど、キャッシュレス決済を導入する店舗が増えています。

キャッシュレス決済の選択肢は数多くありますが、AirPAYはキャンペーンでカードリーダーとiPadの無料貸与を実施中。

初期費用ゼロで始められるのが魅力です。

この記事では、キャッシュレス決済・AirPAY を詳しく解説します。

キャッシュレス決済導入は必須

キャッシュレス決済が普及してきました。年代を問わずスマホが行き渡り、電子マネーを使うようになったのが大きいです。

消費者がお店に入る理由も、「メインの決済方法が使えるか」とキャッシュレス決済が影響しています。

機会損失を避けるため、キャッシュレス決済の導入は早いに越したことはないです。

キャッシュレス決済の3社の比較

キャッシュレス決済を行う会社は、数多くあります。中でも人気あるキャッシュレス決済は、以下3社。

それぞれに一長一短があり、「優先順位を何にするか?」が選択のポイントになります。

以下の記事で、3社の比較を解説しています。合わせて参考にしてみてください。

>> 【どれがいい?】キャッシュレス決済導入のおすすめ3社を比較

AirPAYとはリクルートのサービス

AirPAY 公式サイトより

AirPAY は、リクルートが運営するキャッシュレス決済サービスです。キャッシュレス決済導入を考えると、AirPAYは必ずと言っていいほど候補に上がります。

AirPAYのメリットは記事の後半で解説しますが、特徴は初期費用ゼロで始められる点や、QRコード決済の豊富さです。

以下のように頭文字に「Air」をつけた、業務支援のサービスも多数行なっています。

AirPAY(エアペイ)の5つのデメリット

AirPAYには良い面がたくさんありますが、今ひとつな面もあります。この記事では最初に、AirPAYのデメリットから解説します。

デメリットを読んで「AirPAYは、ちょっとウチとは合わないかも…」と思ったら、別の決済サービスを検討してみてください。

デメリットは、以下5つです。

  1. アンドロイドを使えない
  2. 入金サイクルが遅め
  3. QRコード決済の入金が遅い
  4. ゆうちょ銀行が使えない
  5. 審査に時間が掛かる

1. アンドロイドを使えない

AirPAYはアプリと専用のカードリーダーとを連携させて使います。

Airペイ

Airペイ

Recruit Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

アプリはスマホやタブレットに無料ダウンロードできますが、対応しているのはiPhoneとiPadのみ。アンドロイドは対応していません。

「アンドロイド愛用者は、AirPAYを使えないの?」と思ってしまいますが、実はそんなことありません。

iPadを1台無料で貸し出し

AirPAYでは希望者に向けて、iPadの無料貸与キャンペーンを行っています。

カードリーダーも同じようにキャンペーンで無料貸与しているので、初期費用ゼロでスタートが可能です。

カードリーダー・iPadの貸し出しには、条件があります。詳しくは記事の後半で解説します。

2. 入金サイクルが遅め

AirPAYの入金サイクルは、利用している金融機関によって異なります。

「みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行」なら、月6回の入金。その他の金融機関は、月3回です。

この入金サイクルは、同じキャッシュレス決済のSquareに比べると、少し遅く感じますね。比較したのが以下の表です。

AirPAY Square
月6回
(みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行)
翌営業日
(みずほ銀行、三井住友銀行)
月3回
(その他の金融機関)
週1回
(その他の金融機関)
AirPAYとSquareの入金サイクルの比較

とはいえ入金頻度が月1回のサービスもあるので、「AirPAYの月6回は早い」という見方もできます。

3. QRコード決済の入金が遅い

AirPAYはQRコード決済を利用する際、別途「AirPAY QR」へ申し込む必要があります。その関係からかQRコード決済の入金は、使用している金融機関に関わらず月1回です。

ただしAirPAYには、QRコード決済の種類が豊富な利点もあります。

4. ゆうちょ銀行が使えない

入金先の金融機関のうち、ゆうちょ銀行は使用不可となっています。

ゆうちょ銀行がメインバンクなら、AirPAYを使用する際に他行の口座を開く必要がありますね。

AirPAYのため新しく銀行口座を開くなら、入金頻度が月6回と多い「みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行」から選ぶと良いです。

5. 審査に時間がかかる

AirPAYの申し込みは、公式サイトから無料で行なえます。審査が終わるのは、必要事項を送信後の約3日。

承認後にカードリーダーが発送されるため、申し込みから最短でも1週間程度かかります。

AirPAYを申し込む際は、時間的な余裕を持っておいたほうが安心です。

「できれば即日中に使いたい」という場合は、Squareの導入を検討してみてください。審査が最短即日で完了とスピーディーです。

Squareの解説は、以下の記事で詳しく行っています。

>> 個人事業主でキャッシュレス決済導入はSquareがおすすめ

AirPAY(エアペイ)の7つのメリット

最初にデメリットを紹介しましたが、AirPAY には以下7つのメリットもあります。

メリットが自分のビジネスと合致していれば、AirPAYを選ぶと良いですね。

  1. カードリーダーとiPadを無料貸与
  2. 決済手数料率が業界最安
  3. QRコード決済の種類が豊富
  4. 「COIN+」が使える
  5. 入金手数料が掛からない
  6. 無料で使えるPOSレジアプリ
  7. ポイントを利用できる

1. カードリーダーとiPadを無料貸与

AirPAY公式サイトより

AirPAYを利用するには、専用のカードリーダー(税込 20,167円)が必要です。AirPAYではこのカードリーダーを、無料貸与しています。

条件は以下のような感じです(詳しくはAirPAY 公式サイトで確認を)。

  • キャンペーン期間中に申し込みする
  • 新規申し込みに限る
  • 貸し出しは1台のみ
  • 申し込み月の6か月後の月末までに審査を通過

システムを導入すれば、通常は初期費用と月額費用が掛かります。AirPAYはカードリーダーが無料で使える上、月額費用も掛かりません。

初期費用・月額費用ともゼロで始められるのは、大きなメリットです。

iPadも無料で貸してもらえる

デメリットでも記載しましたが、AirPAYのアプリはiPhone・iPadしか使えません。アンドロイドは不可です。

そのためAirPAYは、キャンペーンでiPadの無料貸与も行っています。

カードリーダーの無料貸与と同じく、iPadの貸し出しにも以下のような条件があります(詳しくはAirPAY 公式サイトで確認を)。

  • 実店舗を有している
  • キャンペーン期間中に申し込みする
  • 新規申し込みに限る
  • 貸し出しは1台のみ
  • 申し込み月の6か月後の月末までに審査を通過

カードリーダーの条件にプラスして、「実店舗を有している」が加わっています。

条件に合えば、無料でiPadを貸してもらえるのは嬉しいですね。AirPAYには無料で使えるPOSレジアプリもあるので、合わせてiPadを活用できます。

2. 決済手数料率が業界最安

「初期費用・月額費用も無料なら、AirPAYはどこで利益を上げているのか?」そんな疑問が出てきます。

AirPAYなどキャッシュレス決済の多くは、決済時に発生する手数料を収益としています。

AirPAYの決済手数料率は以下の通りです。業界最安の水準(※ AirPAY の公式サイトより)となっています。

決済の種類料率
クレジットカードVISA・Master・American Express・
JCB・Diners・DISCOVER・UnionPay
3.24%
電子マネー交通系IC・iD・QUICPay・Apple Pay3.24%
QRコードd払い・PayPay・auPay・楽天Pay・Jcoin・
SmartCode・WeChat Pay・UnionPay・Alipay系
3.24%
Coin+1.08%
AirPAYの決済手数料率

3. QRコード決済の種類が豊富

AirPAYは、QRコード決済の種類がたくさんあります。これは一番の特徴といって良いですね。使用できるQRコードは、以下の通りです。

d払い / PayPay / au PAY / 楽天Pay / Jcoin / Smart Code / WeChat Pay / Union Pay / Alipay系 / Coin+

携帯4キャリアのQRコード決済に対応しており、さらにWeChat PayやAlipay系といった訪日客の利用頻度の高い決済方法も網羅しています。

QRコード決済をよく使うのは、以下2つの層です。

  • 日本の若い世代
  • アジアからの訪日客

これらの層は「QRコード決済が使えない」の理由で別店舗へ行ってしまいますが、AirPayなら取りこぼしを抑えられます。

4. 「COIN+」が使える

COIN+公式サイトより

AirPAYのQRコード決済は、COIN+を利用できます。といっても、COIN+はあまり聞き覚えがないかもしれません。

COIN+はリクルートと三菱UFJ銀行の合弁会社(リクルートMUFGビジネス)が提供している、QRコードの決済方法です。

一般的なQRコード決済と同じように、「チャージ・支払い・送金・出金」ができます。

AirPAYを導入している店舗で使えるのはもちろんのこと、ナショナルチェーンでは無印良品が決済手段に採用しています。

決済手数料率1.08%

COIN+の魅力は、1.08%という決済手数料率の低さです。

他のクレジットカードや電子マネーの1/3以下と劇的に低いので、普及していけばAirPAYを選択する大きなメリットとなります。

5. 入金手数料が掛からない

デメリットでも書いた通り、AirPAYの入金サイクルは月6回もしくは月3回です。入金の際の手数料は、金融機関に関わらず引かれません。

振込手数料が毎回掛かると、チリツモで利益を削られます。入金時に手数料の掛からないのは嬉しいです。

6. 無料で使えるPOSレジアプリ

AirREGI公式サイトより

AirPAYには、無料で使用できるPOSレジアプリのAirREGIがあります。

AirREGIに商品を登録すれば、iPadで画面をタップして商品を選び、そのまま簡単に会計まで進められます。

在庫数もひと目で分かるので、商品管理も楽です。売上分析をもとに戦略も立てられます。

7. ポイントを利用できる

AirPAYポイント公式サイトより

キャッシュレス決済と同じように消費者が気にしているのが、ポイント付与です。

クレジットカードは使うだけでポイントが付与されますが、それとは別にTカードや楽天ポイントを付けられるなら喜ばれます。

AirPAYはAirPAYポイントと連携させることで、以下5種類のポイントを付けたり使用したりできます。

  • Tカード
  • dポイントカード
  • Pontaカード
  • 楽天ポイント
  • WAON POINT

AirPAYポイントを導入すると、ポイント使用可能ののぼりをもらえます。ポイント付与を目当てにした、来店増が見込めます

まとめ

以上、AirPAY のメリットとデメリットを解説しました。

メリットは以下7つ。

  1. カードリーダーとiPadを無料貸与
  2. 決済手数料率が業界最安
  3. QRコード決済の種類が豊富
  4. 「COIN+」が使える
  5. 入金手数料が掛からない
  6. 無料で使えるPOSレジアプリ
  7. ポイントを利用できる

デメリットは以下5つです。

  1. アンドロイドを使えない
  2. 入金サイクルが遅め
  3. QRコード決済の入金が遅い
  4. ゆうちょ銀行が使えない
  5. 審査に時間が掛かる

AirPAYの特徴は、QRコード決済の豊富さです。キャンペーン期間中は、カードリーダーとiPadを無料貸与してくれるのも嬉しいですね。

キャッシュレス化は、これから加速します。機会損失しないよう、ビジネスに合ったキャッシュレス決済を導入してください。

タイトルとURLをコピーしました