『新聞ダイジェスト』の使い方【正確な情報を効率よく取得】

新聞ダイジェスト 仕事ツール

ネットは便利なようで、正確な情報を探すにはあまり適していません。そこでおすすめなのが、『新聞ダイジェスト』です。

その名の通り主要な6新聞の記事を項目別にダイジェストしており、見出しを流し読みするだけで、社会の流れを短時間でつかめます。

そこでこの記事では、『新聞ダイジェスト』のメリットと使い方を紹介します。

スポンサーリンク

情報には段階がある

情報とは、以下の段階に分けられます。

  • 一次情報
  • 二次情報
  • 三次情報
  • 四次情報…

一次情報とは、発信者が体験した情報です。

例えば旅行についての情報であれば、実際にその場所へ訪れ、自分の目で見て回った体験談が一次情報です。

一方、二次情報以下は、一次情報の伝聞です。一次情報から伝わったものをまとめたのが、二次情報です。

以下、二次情報をまとめたものが三次情報、三次情報をまとめたのが四次情報…、と信ぴょう性が薄くなっていきます。

ネットの記事の多くは、三次情報以下

ネットでは、製品レビューや旅行記などは一次情報が多いです。しかし社会情勢となると、一気に信ぴょう性が薄くなります。

公式な報道機関以外は正確な情報を直接得られないため、三次情報以下が多くなってしまうのです。

新聞は二次情報の代表格

今や「時代遅れ」と揶揄されがちな新聞ですが、新聞は二次情報の代表的なものです。

しかも正式ルートでの取材を元に、記者たちがわかりやすく文章にして伝えてくれます。

情報取得において、新聞を使わない手はありません。

時間を掛けず、効率的に二次情報を取得したい

かといって毎日届く新聞を読むのは、やはり億劫です。

ネット版を発行している新聞もありますが、他にも目を通したい情報がたくさんあって、とっつきづらい新聞は後回しになってしまいます。

そこでおすすめしていたのが、『新聞ダイジェスト』です。

『新聞ダイジェスト』の使い方【正確な情報を効率よく取得】

新聞ダイジェスト
新聞ダイジェストの誌面

新聞ダイジェストとは、月1回発行されている雑誌です。

ページ数は200ページ弱。そのうち約10ページは、時事用語の解説などが載っています。残りのページには、主要新聞6紙のニュースがダイジェスト形式で掲載されています。

特集の見出し拾い読みで、大まかな情報がわかる

雑誌の冒頭には、特集としてその月の注目のニュースをピックアップしています。

例えば2019年9月号の見出しを拾ってみましょう。この時期には、不正利用で混乱した「セブンペイ」が話題になりました。

「セブンペイ」の見出しは、以下のような感じ。

  • セブンペイ穴だらけ
  • 「2段階認証」未対応
  • パスワード再設定 第三者でも可能
  • コンビニ最大手 拙速露呈
  • セブンペイ 店も困惑
  • 「今年の目玉」と準備…PR中止
  • 「2段階認証」 一転導入を発表

確度の高い情報を短時間でつかめる

特集の見出しを拾うだけで、以下のことがわかります。

  • 「いつ・どこで・誰が・何を・なぜ?・どのように(5W1H)」して起こったのか
  • 今後、どうするのか

ネット上でも同じような記事がたくさん出ていますが、そこから「確度の高いものだけ」をつかむのは難しいです。

新聞ダイジェストの見出しを拾い読みすれば、短時間で一発でつかめます。

気になった記事はネットで深堀り

特集の後は、「社説」「政治」「経済」…とジャンル別の出来事を伝えてくれます。

ダイジェストとはいえ、「『新聞ダイジェスト』のすべて読もう!」と意気込むとかなり時間を取られます。それよりも「見出しを目で追う」だけで、世の中の流れを正確につかめると思います。

さらに知りたければ雑誌内の記事を読んだり、ネットでワードを絞って検索すればよいですね。

公平な視点で情報を見られる

『新聞ダイジェスト』の良さは、効率だけではありません。

新聞にはそれぞれにカラーがあり、同じ情報でも記者の認識によって表現がかわります。

『新聞ダイジェスト』では6紙の記事が掲載されているため、トータルで情報の公平性が保たれるのです。

SNSは「自分好み」の情報しか表示されない

特にSNSでの情報取得は、アルゴリズムで自分好みの情報ばかりが表示されます。

その結果、偏った考えにおちいる危険がありますが、『新聞ダイジェスト』であればよりフラットに情報に接しられます。

『新聞ダイジェスト』の今一つな点

『新聞ダイジェスト』に今一つの点をあげるなら、キンドル版がないことですね。

雑誌はかさばってしまい扱いづらいです。また海外へ出張などしている人は、入手するのが困難。

Kindle版も同時発売してくれると、かなり助かります。

まとめ

以上、『新聞ダイジェスト』の使い方の解説でした。特徴は以下の通り。

  • 主要6紙の記事をダイジェストで読める
  • 見出しを追うだけで、世の中の流れをつかめる
  • 情報の確度が高い
  • 情報取得に公平性が保たれる

「ネットの情報に振り回されているな…」と感じている人は、チェックしてみてください。

created by Rinker
(株)新聞ダイジェスト社
¥990 (2023/01/31 22:04:09時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました