【プロご用達】HHKB Professional HYBRID Type-Sレビュー

仕事ツール

はたして、価格に見合う価値はあるのか。

PFUのHappy Hacking Keyboard(以下、HHKB)を購入しました。3万円オーバーの高級キーボードです。プロ向けといって良いでしょう。

といっても今やどんな職業でもパソコンを使いますから、社会人のほぼ全員がキーボードを必要とします。

キーボードは生産性に直結するので、ある程度はこだわりたいところですね。

ただHHKBの3万円オーバーは、やはり高い。それだけの価値はあるのか。生産性はアップするのか。この記事では、HHKB Professional HYBRID Type-Sをレビューをします。

HHKB Professional HYBRID Type-Sのレビュー

HHKBとは、石川県に本社を持つPFUが製造・販売しているキーボードです。

静電容量無接点方式を採用しており、キーを底まで押し込まなくても認識します。スプリングでキーをしなやかに反発させており、キータッチの軽さも特徴です。

プログラマーやライターなど、多量の文字を入力する人に支持されているプロ向けのキーボードです。

HHKBのラインナップは3つ

HHKBのラインナップは、大きく以下3つあります。

違いは、「Bluetooth接続できるかどうか」と「静寂性が高いかどうか」の2点です。

HYBRID Type-S

最も高スペックは、HHKB Professional HYBRID Type-Sです。

接続に有線かBluetoothかを選択でき、キータッチの音が他の2種に比べ30%静かです(メーカー発表)。その分、価格も最も高くなっています。

Professional HYBRID

次にスペックの高いのは、HHKB Professional HYBRIDです。

こちらも接続に有線かBluetoothかを選べますが、打鍵音がType-Sより大きいです。価格は3種の間を取っています。

Professional Classic

最もスペックの低いのは、HHKB Professional Classicです。

こちらは有線接続のみで、Type-Sに比べ打鍵音も大きいです。日本語配列はなく、英語配列のみ。価格は3種のなかで最も低価格です。

購入したのはHHKB Professional HYBRID Type-S

この中で購入したのは、最上機種のHHKB Professional HYBRID Type-S(日本語配列)です。

HHKBを使うのは、これが初めてではありません。2014年〜2017年にかけて、HHKB Professional Classic(日本語配列:現在は廃盤)を使用していました。

改めて購入するにあたり、「せっかくなら」と静寂性の高いType-Sを選択。

以前使っていたHHKB Professional Classicに比べると、確かに打鍵音は小さくなったように感じます。

HHKBの5つの良い点

今回、改めて使ってみて、HHKBの良い点を考えてみました。以下、5つあります。

  1. 独特な心地よさがある
  2. キー配列がよく考えられている
  3. 耐久性が高い
  4. ミニマムなデザインが良い
  5. 高いキーボードを使っているから元を取る意識が生まれる

1. 独特な心地よさがある

特にMacを使っている人は、マジックキーボードなどキーストロークの浅い、いわゆる「ペチペチ系」のキーボードに慣れていると思います。

それらに比べるとHHKBは、打鍵のストロークが深いです。キーの沈み込みが軽やかで、ほんの数ミリ指を沈めただけで入力が認識されます。

軽やかながらキーに適度な反発力があり、それが打っていて独特のリズムを生み出します。

意味もなく打ちたくなる

静かになったとはいえ、「サクサクサク」と独特の打鍵音は健在です。

HHKBは中毒性がある、不思議なキーボードです。気に入った人は、意味もなく文字を打ちたくなると思います。

2. キー配列がよく考えられている

コントロールキーがシフトキーの上にあり、使いやすい
コントロールキーがシフトキーの上にあり、使いやすい

HHKBはコントロールキーとCapsLockの位置が、通常とは逆です。

しかしどちらのキーをよく使うかといえば、それは断然コントロールキーです。コントロールキーがシフトキーの上にあるため、左小指を使って楽に入力が可能です。

コントロールキーの打ちやすいHHKBの配列は理にかなっています。

オリジナルのショートカットキー

他にもFnキーの組み合わせで、いろいろな操作ができます。

例えば、左下のFnキーを押しながら「@」「;」「:」「/」を入力すると、それぞれ「↑」「←」「→」「↓」とカーソル移動が可能。

Fnキーを押しながら「a」で音量ダウン、「s」で音量アップ、「d」でミュートできます。

こういったショートカットを覚えると、キーポジションから手を離さず高速に操作できます

キーを打ちやすい細かい配慮

すべてのキーが内側に向いている
すべてのキーが内側に向いている

キーが、若干内側に向いているのも特徴です。キーボード奥に収納型の小さなスタンドがあり、3段階に高さを変えられます。

さすが価格の高いキーボードだけあり、少しでも打ちやすくなるよう細かく配慮されています。

3. 耐久性が高い

HHKBは耐久性の高さも特徴です。PFUの発表によると、3000万回以上の打鍵に耐えうるとのこと。

耐久性に関しては、Bluetooth接続のバッテリーにもこだわりがあります。

通常のBluetoothキーボードは、充電式のリチウムイオン電池を使用します。リチウムイオン電池は充電できて便利ですが、繰り返し使うと劣化します。

そのためBluetoothキーボードは、本体よりバッテリーの寿命で使えなくなるのです。

HHKBはそれを回避するため、Bluetooth接続に単三電池2本を使用しています。電池は交換可能なため、内蔵バッテリーの劣化という心配は無用です。

キートップの文字が剥げない工夫

さらにキートップの印字はプリントではなく、樹脂にインクを浸透させています(サブリメーション印刷といいます)。

キーをたくさん打っても、キートップの文字が剥げてしまう心配がありません

こういった工夫で、長期間に使えるよう配慮がなされています。

確かに価格は高いものの、それこそ5年・10年と使い続けられるなら、他のキーボードに比べむしろ安いといえますね。

4. ミニマムなデザインが良い

ファンクションキーを排除したミニマルな形状

HHKBには、ファンクションキーがありません。ファンクションキーは、Fnキーを押しながら数字キーを打つことで機能します。

ファンクションキーのない分、筐体をコンパクトにでき、特に墨モデルは文字自体が目立たずスッキリしています。

4辺のマージンも切り詰められており、一般的なコンパクトキーボードより小さくすっきりした印象を受けます。

アップル製品などミニマルなデザインが好きな人は、見た目も気に入ると思います。

5. 高いキーボードを使っているから元を取る意識が生まれる

HHKBは、いちばん安いモデルでも2万円以上します。最上位のType-sは、3万円オーバーです。

価格帯が1万円を越えれば高級キーボードに入ると思いますが、2万はおろか3万オーバーは強気を通り越し狂気の沙汰。

そのため「これだけ高いキーボードを買ったのだから」と、生産性アップのプレッシャーが生じます

このプレッシャーが良いことなのか疑問ですが…、「投資をした」という意識で生産性は自ずと上がります。

HHKBのデメリット

メリットをいくつか上げましたが、もちろん良い点ばかりではありません。HHKBのデメリットも、きちんと書いておきます。

一番のデメリットは、やはり「打ちづらさを感じる人もいる」だと思います。

キーボードに高さがあるので、手首を少し上げたような形で打つことになります。慣れれば気になりませんが、疲労を感じる人はいると思います。

あとは、やはり価格が高すぎます。初めてなら、「ちょっと買ってみて、試してみよう」とはなかなかなりません。

東京・大阪・名古屋には、HHKBを試打できるPFUのショップがあります。それらの都市に住んでいる人は、購入前に実物を試し打ちしてみるのがよいでしょう。

レンタルでも試打できる

近場にPFUのショップがない場合、レンタルで試打してみる方法があります。

HHKBをレンタルしているサービスと料金を、以下の表にしてみました。

Rentioモノカリkikito
お試し料金15日間 8,700円14日間 4,400円15日間 6,000円
機種HYBRID Type-S
(日本語・英語)
HYBRID Type-S
(英語のみ)
HYBRID Type-S
(日本語・英語)
月額制4,000円
(最低期間3か月)
なし3,900円
(最低期間3か月)
HHKBをレンタルできるサービス

購入前に自宅で試してみたい場合は、レンタルしてみてください。

デメリットがありながら、なぜか使ってしまう

別の記事で、HHKBのデメリットをまとめています。

デメリットが多数ありながら、なぜか使ってしまう。そんな魅力のあるキーボードです。以下の記事を参考にしてみてください。

>> HHKBのデメリットを5つ解説【正直いって使いにくい】

まとめ

以上、HHKBのレビューを紹介しました。メリットは以下の5点です。

  1. 独特な心地よさがある
  2. キー配列がよく考えられている
  3. 耐久性が高い
  4. ミニマムなデザインが良い
  5. 高いキーボードを使っているから元を取る意識が生まれる

「仕事中はずっとキーボードを使っている」そんなひとも多いと思います。キーボードは、生産性に直結する大切な道具です。

クセはあるものの、ハマれば独特の心地よさでずっと文字を書きたくなります。気になった人は試してみてください。

created by Rinker
HHKB
¥36,850 (2023/02/08 23:59:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
HHKB
¥31,900 (2023/02/08 23:59:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
HHKB
¥26,950 (2023/02/08 23:59:15時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました