iPad Proショートカットキーの紹介。キーボード操作のストレスを減らす

「iPad Proを、パソコンのように使いたい!」

そんなニーズが高まっています。
それに応えるようにiPad OS 13.4から、マウスやトラックパッドの操作が簡単になりました。

といっても、アクションのたびにマウスを握っていては、作業効率が低下します。
やはり頼りになるのは、外付けキーボードのショートカットキーです。

そこでこの記事では、iPadの数あるキーボード・ショートカットキーのなかで、特に覚えておきたいものを厳選してご紹介します。

SPONSORED

iPad Proショートカットキーの紹介。キーボード操作のストレスを減らす

最初に、どのアプリを開いていても使えるショートカットキーを厳選して紹介し、次に使用頻度の高いSafariのショートカットを紹介します。

ちなみに、アプリ使用中にショートカットキーを確認したい場合は、「command」を長押しすればその状態で使えるショートカットキーの一覧が表示されます。
やってみてください。

今回、紹介するショートカットキーの一覧

アプリ全般command + スペースアプリ検索
command + hホーム画面に戻る
command + tab(→|)アプリ履歴
Safaricommand + n , command + t新しい画面を開く
command + shift + nプライベートモード
command + wタブを閉じる
command + f語句検索
command + r再読み込み
command + 数字キータブを指定して表示

アプリ全般

まずは、操作全般で使えるショートカットキーです。

command + スペース

すべてのスタートは、アプリの起動から。
「command + スペース」を入力すると、アプリの検索ができます。

検索の下に、「 SIRIからの提案」としてよく使うアプリも表示されます。
なので、いちばん簡単なのは、このよく使うアプリから選択する方法です。
カールキーで任意のものを選び、「リターンキー」を押せばアプリが開きます。

command + h

アプリ使用中に一旦ホーム画面へ戻りたいときは、「command + h」です。

hはhomeの頭文字。
ショートカットキーは、その動作の頭文字を取っていることが多いです。
「command + h (ome)」と省略文字を補ったほうが、覚えやすいかなと思います。

command + tab(→|)

上2つの代わりに、「command + tab(→|)」を使う方法があります。

このキーを入力すると、最近使ったアプリとホーム画面のアイコンが登場します。
commandを押し続けたまま、カーソルキーの操作でアプリを選べます。
若干、操作に慣れが必要なショートカットキーです。

Safariを使う場合

おそらく最も使用頻度の高いアプリは、Safariではないでしょうか。
ショートカットキーを使って、Safariを高速で使いましょう。

command + n , command + t

新しい画面を開く際には、「command + n 」もしくは、「command + t 」です。
nはnew、tはtabの略です。

パソコンの場合この2つの機能は異なりますが、iPadのSafariは同じアクションです。
使いやすいほうを選んでください。

command + shift + n

プライベートモードで画面を開くには、「command + shift + n」を入力。
検索履歴や入力情報が、Safariに保存されなくなります。

プライベートモードをやめるには、右上の「ページが重なったアイコン」をタップし、「プライベート」をタップすると元に戻ります。

command + w

複数開いたタブのうち、表示している1枚を閉じるには「command + w」を押します。
1枚しかタブがない場合、このショートカットを入力すると「お気に入り」が表示されます。

wは、(Close)window の略です。
ちなみにパソコンでは「command + q」でアプリ終了になりますが、iPad OSにはそのショートカットを割り振られていません。

command + f

開いているページの中で、検索したい語句がある場合は、「command + f」を押してください。
fはfindき略ですね。

このショートカットキーを覚えると、Safariの使い勝手がアップします。

command + r

ページを再読み込みしたいときは、「command + r」です。
キャッシュクリアで読み込みたい場合は、「option + r」を押してください。

command + 数字キー

複数タブを開いているとき、「command + 数字キー」で表示したいタブを選べます。

数字は左から数えたタブに連動しています。
つまり「command + 1」なら左端のタブが、「command + 2」なら左から2番めのタブが表示されます。

iPadでも快適な作業を

その他のアプリも、「command + n」や「 command + f」などを同じ使用用途で割り当てています。
「command」の長押しでショートカットキー一覧が出現しますので、確認してみてください。

ショートカットキーを指に覚えさせて、iPadでも快適に作業していきましょう。

iPadは、Macのセカンド・ディスプレイにもなる

iPadはSidecar機能を使って、Macのセカンド・ディスプレイとしても使用できます。
そのやり方を以下に書きました。

SPONSORED

写真家だった伯父の中判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C/Mで写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。@nishidekoichiro