iPhoneおやすみモードで、すべての通知をオフ。スマホに振り回されない人生になる

道具であるスマホに、振り回されていませんか?

いまや、誰もが持っているスマホ。
誰かと一緒にいると、ひっきりなしに通知が鳴って、会話に集中できないこともありますね…。

ぼくは常時おやすみモードに設定し、通知のすべてを切るようにしています。
寝るときだけでなく、起きているときも、「すべての時間で」です。

メールやLINEの確認は、決まった時間に3回くらい。
そうすることで、かなり快適な生活を送れています。

そこでこの記事では、iPhoneのおやすみモードのやり方と、一切の通知を切る4つのメリットをご紹介します。

iPhoneおやすみモードで、すべての通知をオフ。スマホに振り回されない人生になる

iPhoneの場合、おやすみモードをオンにすれば一発ですべての通知をオフにできます。
やり方はとても簡単です。

設定の仕方

iPhoneの「設定」をタップ

「おやすみモード」をタップ

一番うえの「おやすみモード」をオンに

「通知」の「常に知らせない」にチェック

「着信を許可」を「誰も許可しない」を選択

おやすみモード

以上で、設定は終わりです。
これですべての着信と通知(音・バイブ・画面表示)が、オフになります。

一部の着信のみ許可する

そうは言っても、すべての着信をオフにすると不都合が生じると思います。

最低限、家族からの着信は受けたいですよね。
何か重大なトラブルが発生したとき困りますから。
大切な友人の着信も、いつでも受けられるようにしたいです。

その際には、「着信を許可」の「よく使う項目」にチェックを入れます。

おやすみモード

こうすることで、電話の「よく使う項目(一番左の星マーク)」に登録したひとだけ、着信音やバイブが鳴ります。

緊急の要件は、着信の通知が来るようにする

「よく使う項目」以外に入っているひとからも、緊急の要件で電話がかかるケースがあります。
緊急の場合、ひとは電話がつながるまで何度も掛けてくるものです。
そういったケースに対応するため、設定を変更しておきましょう。

「繰り返しの着信」をオンにしておきます。

おやすみモード

これで、「同じ人からの、3分以内の2度目の着信」があった場合に知らせてくれます。

常時通知オフの4つメリット

では次に、通知を切ることのメリットを考えてみます。
まとめると、以下の4つのような感じです。

1 自分の時間が中断されない
2 集中力が高まる
3 時間を奪うひとが離れる
4 友人との会話の時間を大切にできる

1 自分の時間が中断されない

仕事や読書中に、通知が入ると気になってしまいませんか。
「あとで確認しよう」と思っても、一度通知音やロック画面の表示を認識してしまうと、内容が気になってしまいます。

「ひょっとして、仕事で重要なトラブルだろうか」
「何か緊急の用事だろうか」

そんなふうに想像してしまい、目の前の物事に集中できなくなるんですよね。

そこで通知を確認してみると、LINEの営業メッセだったり、ぜんぜん急ぎでない仕事の指示だったり…。
つまりスマホの通知は、自分の時間を中断する非常に邪魔な存在なんです。

そんなどうでもいい通知を確認し、腹を立ててもしょうがありません。
スマホを持っている以上、企業や個人がメッセを送ってくるのはしょうがないこと。

それに対処する方法は、とても簡単。
「すべての通知をオフ」、以上です。

2 集中力が高まる

常時おやすみモードで通知をオフにすると、2〜3日でその状況に慣れます。
「スマホから、音も画面表示もない」状態が、当たり前になるんですね。

そうなれば、しめたもの。
iPhoneをそばに置いて仕事をしても、まったく意識が行かなくなります。
つまり、それだけ集中力が高まるのです。

スマホを手に取るのは、自分が使いたいときだけ。
これまで通知の鳴るまま受動的だったのが、主体的に行動できるようになります。

3 時間を奪うひとが離れてくれる

「すべての通知をオフ」にした結果、多くのひとが怖がることがあります。
それは、「自分への連絡が減ってしまうんじゃないか」です。

連絡があるのは、いわば必要とされている証。
その逆を考えると、必要とされなくなれば連絡が減ります。
つまり通知をオフにしてリアクションが悪くなると、連絡が減る(必要とされなくなる)んじゃないか、と不安になるんですね。

でも、思い返してみてください。
「すぐに電話に出ないと機嫌が悪くなるひと」「メールの返信が翌日になると怒る人」、そういうひとたちって必要なひとですかね。
むしろ、大切な時間を奪うひとたちではないでしょうか。

こちらの時間を尊重するひとは、着信に出なかったり返信が遅れたくらいで、機嫌悪くなりません。
なぜならそのひとたちも、自分の時間を大切にしているからです。

通知をオフにしてリアクションが悪くなれば、一定数のひとは離れるでしょう。
でもその人たちは、それまで時間を奪い続けた人でもあるのです。

着信などの反応が鈍くなれば、そのひとたちは通知に敏感なひとへ乗り換えるだけです。
通知をオフにすることで、自分の時間を不要に奪われなくなります。

4 友人との会話の時間を大切にできる

友達と会って話をしているとき、自分のスマホが通知することはありませんか。
そのたびに会話が中断し、微妙な空気が流れます。

友達との時間は、大切なものとしてわざわざ作ったはずです。
それを通知音で中断するのは、もったいないです。

いつも通知オフにすれば、友達と会話中にもスマホのことは一切、気になりません。
スマホではなく目の前にいる大切なひとへ、すべての意識を向けましょう。

通知を切って、自分の時間を取り戻す

スマホはいつでもネットへつながる便利なものだけに、通知のまま反応していると自分の時間がなくなります。

スマホはとても便利なものですが、あくまでも道具でしかありません。
優先度の高いのは、自分の目の前の事柄です。

通知を常に切るようにして、スマホに振り回されない人生を送りましょう。