【簡単】Lightroom Classicのカタログ移動のやり方

仕事ツール

Lightroom Classicは、メタデータや編集など写真の情報をカタログに集約しています。

このカタログはパソコン内に自動作成されますが、Dropboxへ移動させると複数のパソコンで同じ編集データを使えて便利です。

そこでこの記事では、Lightroom Classicのカタログ移動のやり方を紹介します。

スポンサーリンク

カタログの保存場所はどこ?

Lightroom Classicを使い始めると、パソコン内にカタログが自動作成されます。
カタログの保存場所は、Mac・Windowsともにピクチャの中です。

ピクチャから動かしたり新規カタログを作らない限り、編集のたび同じ場所にカタログが保存されます。

保存場所の確認方法

カタログを移動させるには、まず保存場所を特定する必要があります。
Lightroom Classicのカタログの場所は、以下の方法で確認できます。

Lightroom Classicを起動したら、Macはメニューバーの「Lightroom Classic > カタログ設定」(Windowsは、「編集 > カタログ設定」)をクリックします。

Lightroom Classic
メニューバーの「Lightroom Classic」から「カタログ設定」をクリック

するとポップアップが表示され、カタログの場所がわかります。
さらに、「場所」の右端にある「表示」をクリックします。

Lightroom Classic
「表示」をクリックすると、カタログのあるフォルダが表示される

実際にカタログのあるフォルダが、画面に表示されます。

【簡単】Lightroom Classicのカタログ移動のやり方

カタログの場所を特定できたら、移動は以下のようにとても簡単です。

  1. Lightroom Classicを終了する
  2. カタログをフォルダごと移したい場所へ移動する

外れた写真のリンクを付け直す

移動後に、もうひと仕事あります。

カタログを移動すると、Lightroom内の写真のリンクがすべて外れます(プレビューは表示されます)。

編集する際には、リンクを付け直す必要があります。

リンクを付け直すには、ライブラリ左の「フォルダー」で、リンク切れの写真上で右クリックします(この際、親フォルダ上で右クリックすると、子フォルダのリンクを一度に付け直せます)。

「見つからないフォルダーを検索」をクリック。

Lightroom Classic
リンク切れの写真もしくはフォルダ上で、右クリック

該当する写真もしくはフォルダを選択すると、リンクがつながります。

まとめ

以上、Lightroom Classicのカタログ移動のやり方でした。

移動自体はカタログのフォルダを移動させるだけなので、とても簡単です。移動後はリンクが外れているので、付け直すのを忘れずに。

またAdobeは、Lightroom Classicを含んだコンプリートプランのAdobe CCをリリースしています。Adobeの全アプリを使えるAdobe CCには、社会人でも学生版を使用する方法があります。

以下に詳しくまとめたので、合わせて参考にしてみてください。

>> Adobe CCを安く買う方法を解説【社会人・フリーランスOK】

created by Rinker
アドビ
¥11,592 (2022/12/02 22:37:21時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました