PR

Macの親指シフト設定方法【ローマ字より楽に文字入力】

仕事ツール

親指シフトとは、文字入力方法の一つです。打ち方が特殊なため、使っているひとは少数でしょう。

しかしローマ字入力よりも楽に文字を打てるため、愛用しているひとが根強くいます。

そんな親指シフトをMacで使う場合、エミュレーターのインストールが必要です。

この記事では、Macでの親指シフトの設定方法を紹介します。

スポンサーリンク

Macの親指シフト設定方法

まずは親指シフトを実現するための、エミュレーターをダウンロードします。

Macで使えるエミュレーターには、有志の方が作成しているLacailleがあります。無料で使用でき、使い方も簡単です。

そこでLacailleのサイトから、最新版をダウンロードします。

Lacailleのダウンロード画面
Lacailleのダウンロード画面

ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、開いた画面の「Agree」をクリック

「Agree」をクリック
「Agree」をクリック

Lacailleのアイコンを、アプリケーションフォルダへドラッグします。

Lacailleのアイコンを、アプリケーションフォルダへドラッグ
Lacailleのアイコンを、アプリケーションフォルダへドラッグ

これでインストールは完了です。Lacailleを開いてみてください。すると以下のようなアラートが出ることがあります。

警告のアラートが出る
警告のアラートが出る

その際には、システム環境設定からソフトを開く必要があります。

システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」をクリック
システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」をクリック

以下の順番で、アプリを起動します。

  1. タブの一般をクリック
  2. 設定を変更するため、カギをクリックしてMacのパスワードを入力
  3. 「このまま開く」をクリック
Macで親指シフト
順番に沿ってアプリを起動

するともう一度、アラートが出るので、「開く」をクリック。

「開く」をクリック
「開く」をクリック

これで無事、Lacailleが起動しました。

細かい設定は環境設定から行う

特に設定せずとも、起動すればそのまま親指シフトが利用可能となります。ただし細かい調整をすると、使いやすくなります。

メニューバーの「親」の文字を右クリックして、「環境設定」をクリックします。

「環境設定」をクリック
「環境設定」をクリック

親指シフトの場合、左上3番めの「連続シフトキー」のチェックを外したほうが使いやすくなります。

「連続シフトキー」のチェックを外す
「連続シフトキー」のチェックを外す

まとめ

以上、Macで親指シフトを使う場合の、設定の仕方を解説しました。

Lacailleをインストールして開けば、そのまま親指シフト入力が可能となります。

その後、Lacailleの「環境設定」で、「連続シフトキー」のチェックを外して使いやすくしてください。

created by Rinker
¥1,386(2023/11/28 09:22:46時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました