難易度の高い仕事が自分を成長させる

2016-09-13 8:00

難易度の高い仕事が来た時、どのように思うだろうか。

同じ料金をもらうとすれば、できるだけ時間のかからない簡単な仕事をやりたいと思うのは人の性(さが)である。

もちろん僕もそういう部分がある。特に自分が設定している時給を下回るくらい時間の掛かる仕事は、その内容によっては断るケースが出てくる。

ここで時間という概念はさておき、単純に難易度の高い仕事であればどうか。

知恵を絞りロジックを用いないと突破できないような課題解決の難しい仕事である。僕はそういう仕事が自分の元へやってくると、とても嬉しく感じる。

自分も外部パートナーへ仕事を依頼することがあるのでよくわかるのだが、案件を依頼するときには「この仕事はこの人であればできる」という人にしか振らない

料金の兼ね合いがあるので誰でも良いというわけではないけれど、まず頭に思い浮かべるのはその人が持つスキルや能力である。

これは裏を返せば、

難易度の高い仕事が来る=解決できる能力があると見なされている

という図式が成り立つ。

なので内容を聞き、期限や要望を聞いた時に「これは結構、難しい仕事だな」と思ったなら、萎えるのではなくむしろ「確かにこの仕事は自分にしか解決できない」と誇りに思うべきなのである。


Category:生活

tags:



«
»