ロジクールMX Anywhere 3レビュー【MX Master 3と比較】

仕事ツール

ロジクールのMX Anywhere 3を購入しました。

ロジクールといえば同じMXシリーズのMX Master 3がありますね。今回紹介するMX Anywhere 3は、MX Master 3より一回り小さく弟分的な立ち位置。

アニメーション監督の新海誠さんも愛用しています。

そこでこの記事では、MX Anywhere 3をレビューします。

スポンサーリンク

ロジクールMX Anywhere 3レビュー

まずは写真を交えて、開封レビューから紹介します。

外箱はメカっぽい印象
外箱はメカっぽい印象

後ろから俯瞰で撮った写真。高さ: 34.4mm、幅: 65mm、奥行き: 100.5mmと小型サイズです。

高さ: 34.4mm、幅: 65mm、奥行き: 100.5mm。重量: 99g

側面にボタンが2個あります。親指で難なく操作が可能です。

手にしっくりとくる形状

付属品は充電用のUSB-Cケーブルのほか、USBレシーバーも入っています。Bluetooth接続だけでなく、USBレシーバーを利用してパソコンと無線接続できます。

MX Anywhere 3の付属品

MX Anywhere 3の、通常版とfor Macの違い

MX Anywhere 3にはMac版(for Mac)があります。今回購入したのは、通常版です。

Mac版はUSB レシーバーが付属せず、接続はBluetoothのみ。またコードが「USB-A・USB-C」から、「USB-C・USB-C」に変わります。

for Macがあるからといって、通常版がMacで使えないわけではありません。通常版もMacで支障なく使用できます。

通常版Mac版
付属コードUSB-A – USB-C充電ケーブルUSB-C – USB-C充電ケーブル
USB レシーバーありなし
カラーリングペイルグレー、グラファイト、ローズペイルグレー
接続Unifying-USB、BluetoothBluetooth
MX Anywhere 3の通常版とMac版の違い

MX Anywhere 3の操作方法

MX Anywhere 3は多機能マウスです。左右クリックだけでなく、簡単な操作で「進む・戻る」や、アプリごとに割り当てた操作を行えます。

ここから、MX Anywhere 3の機能を解説します。

便利な「戻る・進む」ボタン

MX Anywhere 3には、ボタンが5つとホイールが1つ付いています。

左・右のクリックに加え、左側面に「進む・戻る」ボタンがついています。この「進む・戻る」ボタンは、ブラウザを見るときに便利。

左側面に「進む・戻る」ボタンがある
左側面に「進む・戻る」ボタンがある

高速スクロールに対応

ホイールは、1秒間に1000行移動できる高速スクロールに対応しています。また1ピクセル単位で停止できる、正確さを持っています。

横スクロールは、サイドの戻るボタンを押しながらホイールを操作します。

高速スクロールに対応している
高速スクロールに対応している

3台までペアリング可能

ペアリングは、最大3台まで可能です。

裏面のEASY-SWITCHを長押しすると、パソコンのBluetoothにMX Anywhere 3が現れます。クリックすればペアリングできます。

裏面のEASY-SWITCHを押せば、使用する機器を簡単に切り替えられます。

ペアリングは裏面のEASY-SWITCHを長押しする。最大3台まで可能
ペアリングは裏面のEASY-SWITCHを長押しする。最大3台まで可能

給電にはUSB-Cを使用します。フル充電で約70日間つかえます。1分間の急速充電でも、3時間の使用できます。

充電はUSB-Cケーブルで行う。急速充電に対応している
充電はUSB-Cケーブルで行う。急速充電に対応している

2つのパソコンを一つのマウスで操作

ペアリングした2つのパソコンを、自動切り替えで操作できます。切り替えが自動になるだけでなく、テキストや画像のコピー・ペーストも2台のパソコンを横断してできます。

やり方はロジクールアプリのLogicool Optionsを両方のパソコンにダウンロードし、「Flow」の画面で「FLOWを有効化」をクリックします。

>> ロジクール公式サイト|Logicool Optionsをダウンロード

ペアリングしたパソコンでコピー・ペーストが可能になる
ペアリングしたパソコンでコピー・ペーストが可能になる

マウスの設定は、専用アプリで行う

ロジクールのLogicool Optionsで、ポインタやスクロールのスピードを細かく調整できます。

Adobeソフトやウェブブラウザなど、主要なソフトウェアは専用の動作がすでにセットされています。

特に動画ソフトは、マウス操作一つで作業効率が大きく変わります。使いやすく動作設定すると、編集がはかどりますね。

Logicool Optionsで使用するアプリのマウス操作を設定できる
Logicool Optionsで、使用するアプリのマウス操作を設定できる

ポインタとスクロールを高速にして生産性アップ

ポインタとスクロールを最も高速にすると、作業を速くできます。スムーズスクロールを有効にしておくと、スクロールがなめらかに動いて快適です。

Logicool Optionsでマウスの細かい設定が可能
Logicool Optionsでマウスの細かい設定が可能

MX Anywhere 3とMX Master 3の比較

ではここから同じロジクールの、MX Master 3と比べてみます。2つ並べると、大きさの違いがよくわかりますね。

左がMX Anywhere 3、右がMX Master 3
左がMX Anywhere 3、右がMX Master 3
並べてみると、大きさの違いがわかる
並べてみると、大きさの違いがわかる

手にしてみると、大きさをより実感します。MX Anywhere 3は、「マウスをつかむ」感じ。MX Master 3は、「マウスの上に手を置く」感じです。

MX Anywhere 3
MX Anywhere 3
MX Master 3
MX Master 3

MX Master 3とMX Anywhere 3の違いは、「サイズ・機能・価格」です。

MX Master 3はサイズが大きく、機能も充実しています。その分、価格も高いです。

かといって、すべてにおいてMX Master 3が優れているわけではありません。小さく軽いMX Anywhere 3に利点を感じる人は、多くいると思います。

MX Anywhere 3 のメリット

MX Anywhere 3のメリットは、以下3点です。

  1. つかみやすい
  2. デスクに余白が生まれる
  3. 携帯性に優れている

1. つかみやすい

上位機のMX Master 3は、一般的なマウスに比べサイズが大きいです。

MX Master 3が大きすぎると感じるなら、MX Anywhere 3を試してみるとよいです。ほどよいサイズ感で、しっかりマウスをつかんで操作できます。

2. デスクに余白が生まれる

マウスが小さいと単純にデスク上に余白が生まれます

デスクにものをたくさん置いていると、マウスを動かせる範囲が限られてきますね。デスク上のスペースに余裕のない場合、MX Anywhere 3の方が使いやすいです。

3. 携帯性に優れている

MX Master 3とMX Anywhere 3では、重量に違いがあります。MX Anywhere 3が99g、MX Master 3が141gです。

その差42グラムといえど外へ持ち出すなら、MX Anywhere 3のほうがストレスが少ないですね。

MX Master 3 のメリット

もちろん、MX Master 3にもメリットはあります。
以下の2つです。

  1. 細かい作業に向いている
  2. ジェスチャーボタンがある

1. 細かい作業に向いている

Illustratorなどで細かい動作をするなら、MX Master 3のほうが重量がある分、安定した動作を行えます

それほどしっかりつかまないで操作できるので、長時間利用しても疲労感が出にくいです。

2. ジェスチャーボタンがある

MX Master 3には、ジェスチャーボタンと水平スクロールがついています。

Macの場合、ジェスチャーボタンにミッションコントロールを割り当てれば、マルチタスクが瞬時に行えます。

操作性の良さを求めるなら、MX Anywhere 3を選びましょう。

MX Master 3については、以下の記事で詳しくレビューしています。合わせて参考にしてみてください。

>> MX Master 3レビュー【作業効率アップできる優れたマウス】

それほど細かい画面操作をしないなら、トラックパッドもおすすめです。

マウスは操作前に「つかむ」アクションが必要ですが、トラックパッドは指先ですぐに操作できます。

以下の記事でAppleのマジックトラックパッド・ブラックをレビューしています。合わせて参考にしてみてください。

>> Magic Trackpad ブラックのレビュー【安定の快適さ】

まとめ

以上、MX Anywhere 3のレビューでした。利点は以下のような感じ。

  1. つかみやすい
  2. デスクに余白が生まれる
  3. 携帯性に優れている

マウスは頻繁に使用する仕事道具だけに、自分に合ったものを選びたいですね。

MX Anywhere 3は小さくて軽く、高性能でもあります。持ち運びにも重宝します。小型で高性能なマウスを探している人は、使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました