WordPressでブログを始めるメリット【無料ブログはダメ?】

仕事ツール

「ブログを始めてみよう」と思ったら、あなたの前に選択肢が現れます。

その選択肢とは、以下の2つ。

  • WordPressで始める
  • 無料ブログで始める

WordPressはサーバー代・ドメイン料の料金がかかります。
一方、アメブロやはてな、noteなどの無料ブログは、文字通り無料でスタートできます。

一見すると無料ブログの方が良いように思えますが、「何を目的にブログをやるのか」によってどちらを選ぶべきか変わります。

そこでこの記事では、WordPressでブログを始めるメリットを紹介します。

スポンサーリンク

WordPressでブログを始めるメリット【無料ブログはダメ?】

WordPressとは誰もが無料で利用できる、ブログ用のソフトです。

無料といっても、独自ドメインとサーバー料は自分で払わなくてはなりません。
そのため無料ブログと対比して、有料ブログと呼ばれることもあります。

WordPressの費用は年間1万5千円ほど

「え…、お金が掛かるの?だったらやめとこう」と思う人もいるかもしれませんね。確かにお金は掛かりますが、独自ドメインとサーバー料を合わせて年間で1万5千円ほどです。

それだけの費用をかけてでも、WordPressには使うだけのメリットがあります。

独自ドメインとは?

「WordPressを始めるには、独自ドメインとサーバー料が必要」と書きましたが、「独自ドメイン」は聞き慣れない言葉かもしれません。

ドメインとは、簡単にいえばインターネット上の住所のことです。

インターネット上のサイトにはすべて別々のドメイン名がついていて、それをもとに検索したりURLを入力したりして表示されます。

あなただけの固有のURLのこと

ドメイン名の中でも「独自ドメイン」とは、個人や企業が自分たちで登録したURLを指します。

例えばアメブロでブログを作ったら、最初の表記は「https://ameblo.jp/〜」と決まっています。
その理由は、アメブロが独自に登録しているドメイン名を借りて、ブログを作るからです。

自分で独自ドメインを作ると、あなただけの固有のURLを作成できます。

レンタルサーバーとは

WordPressでブログを作るときには、独自ドメインの他にサーバーの契約も必要です。

サーバーとは、ブログに必要なファイルをまとめて入れておくところです。

サーバーには専用サーバーと共有サーバーがありますが、ブログでは安く利用できる共有サーバーを使うのが一般的です。

レンタルサーバーの料金は会社によってまちまち。
例えば大手のエックスサーバー はスタンダードプランを年契約した場合、月当たりの料金は1000円弱です。

無料ブログとは

一方、無料ブログとは、文字通り無料で利用できるブログサービスです。

独自ドメインとサーバーはブログサービスの会社のものを使うため、契約の手間が掛からず、また料金も発生しません。

その分、気楽に簡単に始められますが、ブログ会社のサービスを使うため制約が発生します。

代表的な無料ブログには、以下があります。

WordPressにも無料ブログにも、メリットとデメリットがあります。

では以下からは、それぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。

WordPressの8つのメリット

まずはWordPressのメリットから。
全部で、8つ紹介します。

  1. 自分でコントロールできる
  2. 独自ドメインを持てる
  3. デザインを自由にできる
  4. 無料で使えるテーマが無限にある
  5. 広告を自由に掲載できる
  6. SEOに強い
  7. プラグインで自由にカスタマイズできる
  8. プログラミングの知識を得られる

ひとつずつ解説していきます。

1. 自分でコントロールできる

WordPressのいちばんのメリットは、自分でコントロールできる範囲が広いことです。

WordPressは、誰かから監視されるわけではありません。何を書くのも、また書かないのも、すべて自分でコントロールできます。

ブログは、自分のメディアを持つのと同じ。

自分のメディアであれば、執筆内容は自分の意思で自由に決めたいですよね。

WordPressであれば、誰に規制を掛けられるわけでもなく、コントロール権を完全に自分自身の手に持てます。

2. 独自ドメインを持てる

WordPressでブログを始めるには、独自ドメインを取得する必要があります。

独自ドメインはサイトの住所のようなものです。

無料ブログはドメインを運営会社に借りる形になりますが、独自ドメインは自分自身で作成したオリジナルのものです。

独自ドメインのブログは、信用度が高いです。
そのため広告を掲載して収益を得られるグーグルアドセンスも、独自ドメインが審査の基準のひとつとなっています。

3. デザインを自由にできる

WordPressは配布されているテーマを利用しても良いし、自分でイチからデザインして作っても良いです。

配布されているテーマに気に入らないところがあれば、変更も自由にできます。

ブログは実際に書き始めてみると、デザインで変えたい部分が出てきます。
プログラミングの知識はいるものの、自由にデザインを変えられるのは大きな魅力です。

4. 無料で使えるテーマが無限にある

WordPressは世界に公開されているソフトです。
ブログテーマは、日本だけでなく世界中の人が作成しています。

中には有料もありますが、無料でもしっかりしたデザインのものが無限にあります。

ちなみに当ブログは、2022年9月より無料テーマのCocoonを使用しています。

5.広告を自由に掲載できる

ブログはグーグルアドセンスやアフィリエイトなどを掲載して、収益を得ることができます。
広告の中にはグーグルアドセンスのように、独自ドメインのみ使用できるタイプもあります。

WordPressのブログであれば、広告の掲載も自由にコントロール可能。

収益化したいなら、WordPressでブログ作成するのが必須といって良いと思います。

6. SEOに強い

SEOとは、「検索エンジン最適化」のこと。

ブログを見に来る人の多くは、グーグル検索からやってきます。

当然ながら検索のランキング上位が多く見られるため、サイトが上位表示されるように最適化(SEO)する必要がありますね。

WordPressはカスタマイズできる範囲が広いため、よりSEOに適したサイトへの設計が可能です。

7. プラグインで自由にカスタマイズできる

プラグインとは、WordPressをより便利に使うために追加できるソフトウェアです。

WordPressは世界中にこのプラグインを作っているひとがいて、その多くを無料で利用できます。

「表示速度をもっと速くしたい」
「キャッシュを削除してサイトを軽くしたい」

そんな風に思ったら、それに適したプラグインをインストールして有効化すれば、簡単にブログをカスタマイズできます。

8. プログラミングの知識を得られる

WordPressを長く使っていると、「もっとここをこうしたいな」とサイトに手を加えたくなってきます。

そうして本を読んだり検索したりしてサイトに手を加えていると、少しずつですがプログラミングの知識も身についてきます。

もちろんアプリを作ったりウェブサービスを作ったりといった本格的なことは勉強が必要なものの、サイトの見た目を変えるくらいは、WordPressをやっていればできるようになるかもしれません。

プログラミングの知識は、自分のブログだけでなく色々なところで役立ちますね。

WordPressの4つのデメリット

最初に良い点を書きましたが、WordPressにもデメリットはあります。

具体的には以下の4つです。

  1. お金が掛かる
  2. 初期設定が少し面倒
  3. トラブルがあったら自分で解決しなくてはならない
  4. 記事を読まれるまで時間がかかる

1. お金が掛かる

無料ブログは文字通りお金は掛かりませんが、WordPressはドメイン料とサーバー料が発生します。

サーバーを契約する会社によりますが、相場は月に1,000円前後です。

「それほど真面目にやるつもりはない」「なんとなく暇つぶしにブログでも始めるかな」といった軽い感じであれば、無料でできるアメブロやnoteでも良いかもしれませんね。

もし収益化を目指すなら、月に1,000円程度で運営できるブログは、破格といっていいくらいコスパが良いです。

2. 初期設定が少し面倒

無料ブログはアカウントを登録するだけで、すぐにでも記事を投稿できます。

一方、WordPressは、最低でも以下をやらなくてはなりません。

  • ドメイン名の決定
  • ドメインの登録
  • サーバーの契約
  • WordPressをインストール
  • 使用するテーマを決める

ともかく手間暇を掛けたくないなら、まずは簡単にスタートできる無料ブログをやってみても良いかもしれません。

ただ収益化を狙って長くブログをやるつもりなら、最初からWordPressで始めたほうが良いです。

3. トラブルがあったら自分で解決しなくてはならない

WordPressはソフトのインストールも、サーバーの契約も自分でやります。

運営するのも自分なので、表示が崩れたり、画面が真っ白になったりと、トラブルが起こるたび自分で解決しなくてはなりません。

もちろん初心者はトラブルの対処をできないですから、その都度、検索したり、ヤフー知恵袋に質問するなどして解決する必要があります。

WordPressでブログをやるなら、「トラブルを解決できるだけの検索スキル」は必要です。

4. 記事を読まれるまで時間がかかる

WordPressでブログを作成したら、その多くは検索から読まれます。

記事を書いたからといって、すぐにグーグルのランキング上位に表示されるわけではありません。
地道にコツコツと記事を書いていって、半年ほどしてようやく読まれ始めるといった感じです。

すぐに結果を求める人は、そもそもブログは向いていません。

さらにWordPressでブログをやるなら、「読まれない我慢の期間」があることを知っておく必要があります。

無料ブログの4つのメリット

WordPressのメリットとデメリットのあとは、無料ブログの紹介をします。

まずはメリットから。以下の4つがあります。

  1. 無料でできる
  2. 手間がかからない
  3. サービス内で紹介される可能性がある
  4. 同じサービス内で横のつながりができる

ひとつずつ解説していきます。

1. 無料でできる

何より大きなメリットは、無料でできることです。

もちろん、使用するパソコンやスマホの回線料と電気代はかかりますが、ブログ自体は完全に無料でできます。

2. 手間がかからない

無料ブログはアカウントを作れば、すぐにスタートできます。独自ドメイン取得やサーバーの契約は、必要ありません。

ブログ名を設定し、用意されているテーマを選んで記事を書けば、あっという間にアップできます。

FacebookやTwitterなど、SNSに近い感覚ですね。
難しいことなく、簡単に記事を書けるのが魅力です。

3. サービス内で紹介される可能性がある

記事を書いたなら、一人でも多くの人に読んでもらいたいですよね。

かといってグーグル検索で見つけてもらうには、ある程度の記事数を書いて、なおかつSEOに適した書き方をしなくてはなかなか上位表示されません。

一方、無料ブログは、サービスのトップページに「新着記事」「注目記事」など、記事をピックアップしてくれる仕組みが用意されています。

同じブログサービスを使っている人であれば、多くの人がトップページを見るはずです。

グーグル検索で上位表示されずとも、ブログサービスの紹介で読んでもらえる可能性があります。

4. 同じサービス内で横のつながりができる

ブログサービスはコメントをし合ったり、足跡を残したりと、同じサービス内で交流を持てる仕掛けが用意されています。

ブログ執筆は孤独な作業ではありますが、コメントをし合う仲間がいればモチベーションを保てますね。

無料ブログの7つのデメリット

無料ブログにはメリットがある一方、デメリットもあります。

無料ブログのデメリットは、以下7つです。

  1. サービスが終わる可能性がある
  2. 運営企業の方針に左右される
  3. デザインが限られている
  4. グーグルアドセンスは不可
  5. 余計な広告が表示される
  6. 運営会社の炎上に影響される
  7. SEOが弱い
  8. グーグルアナリティクスを使えない

ひとつずつ解説していきます。

1. サービスが終わる可能性がある

無料ブログは、企業がサービスのひとつとして行なっています。
そのため企業が「ブログサービスはメリットがない」と判断すれば、サービスを終了させてしまいます。

これが、とても大きなデメリットです。

サービスが終了したらデータベースを取り出し、別のブログサービスへ移動させなくてはなりません。

大変な手間がかかるだけでなく、ドメインが変わることになるため、せっかく読者さんがついたり検索で上位表示されていても、またイチからやり直しになります。

老舗のヤフーブログが2019年12月に終了

「企業がブログサービスをやめるなんて、ほぼないのでは?」といった意見もあると思います。

もちろん可能性は低いですが、例えばヤフーが運営していたヤフーブログは、2019年12月に終了しました。

可能性は低いにせよ「サービスが終わるかもしれない」というのは、ブログをやる上で大きなリスクです。

2. 運営企業の方針に左右される

無料ブログは、運営会社の提供しているサービスを利用します。

そのためブログのルールを決めるのは、執筆者のあなたではなく運営会社です。

いくら人気の記事を書いたとしても、「うちのサービスでは、こういった記事の掲載を認めません」といわれたら、非公開にするなど従うほかありません。

最終決定権は運営会社が持つ

ブログという「自分のメディア」を運営しながら、最終決定権はブログサービスの運営会社が握っているのです。

コントロール権を他者に握られるのは、安心してブログを書ける環境とはいえません。

3. 選べるデザインが限られている

無料ブログは、自由にデザインできるわけではありません。あらかじめ用意されているテーマがあり、そこから選ぶことになります。

デザインにこだわりたい人であれば、無料ブログは厳しいですね。

4. グーグルアドセンスは不可

ブログを書いている人にとって、少しでも収益があると嬉しいですね。

手軽にできるブログの収益化の方法に、グーグルアドセンスがあります。

グーグルアドセンスとは、ブログ内の好きな場所に広告を貼って、クリックされれば収入が発生する仕組み。

そのグーグルアドセンスは、独自ドメインしか申請できません。
つまり企業のドメインを借りている無料ブログは、グーグルアドセンスを申請することができないのです。

5. 余計な広告が表示される

グーグルアドセンスを使えないのに、無料ブログには広告が掲載されます。

その理由はブログを運営している企業が、グーグルアドセンスの広告を表示させているからです。

企業の収益のために記事を執筆?

自分が記事を書いて読者を集めた結果、企業のもとに広告収入が入るわけです。

目につくところにバナー広告があり、なおかつその収入は記事を書いた自分ではなく、企業の収益になる。

なんだかブログサービスを運営している企業のために労働しているようで、釈然としませんね。

6. 運営会社の炎上に影響される

レアなケースですが、もし運営している企業が炎上すれば、それを使っているブロガーも多少の火の粉を受けます。

例えば2020年から2021年にかけて、noteが運営サイドの不手際で何度か炎上しました。

noteで執筆しているひとにとって、その炎上は何の関係もありません。
それでもnoteのイメージが落ちたことで、利用している人のブランディングも多少なりとも低下します。

自分の関係しないところで影響を受けてしまうのも、無料ブログのデメリットといえます。

7. SEOが弱い

試しに、何かのワードでグーグル検索してみてください。

上位表示されるブログは、ほぼすべてWordPressで作られた独自ドメインのものだと思います。

もちろん無料ブログもSEOの最適化をしているとは思いますが、自由にカスタマイズできるWordPressの方が相対的にSEOは有利です。

検索で上位表示を狙いたいなら、WordPressを選択したほうが良いですね。

8. グーグルアナリティクスを使えない

グーグルアナリティクスとは、ブログのPVやリアルタイム訪問などを詳しく調べられる分析ツールです。

ブログは反応のあった記事を横展開したり、滞在時間の短い記事をリライトしたりと、修正が欠かせません。

修正の根拠を得るのに適したツールがグーグルアナリティクスですが、無料ブログではこれを使うことができないのです。

ブログサービス独自の分析ツールはありますが、グーグルアナリティクスに比べて分析できることがごく限られています。

あなたはどちらのブログが向いている?

こうしてWordPressと無料ブログを比較すると、それぞれに向いている人が整理されてきますね。

以下のような感じです。
どちらに向いていそうでしょうか。

WordPressに向いている人

  • ブログを収益化したい
  • 制約を受けず自由にやりたい
  • ブログのデザインを自由にしたい
  • トラブルを自分で解決できる
  • プログラミングにも興味がある

無料ブログに向いている人

  • 無料でやりたい
  • ともかく簡単な方が良い
  • ブログを通じて友達を増やしたい

まとめ

以上、WordPressでブログを始めるメリットの紹介でした。

今からブログをやろうと思うと、多くの人が「WordPressか無料ブログか」と最初に考えると思います。

無料ブログは手軽に始められますが、長く続けていくと色々と不自由な面が出てきます。

「ブログで収益化をしたい」「自分のメディアとして、長くやっていきたい」と思うなら、最初からWordPressを選んだほうが良いと思います。

以下の記事で、簡単にWordPressでブログを始める方法を書いています。
合わせて参考にしてみてください。

>> WordPressブログの簡単な始め方を解説【10分で完了】

タイトルとURLをコピーしました