ブログを始めるメリットとは。初心者向けにWordPressでの作成方法を解説

公開日 2021-05-02 最終更新日 2021-07-17

SNSと同じくらい簡単に情報発信できるメディアに、ブログがあります。
「ブログって何?やると、良いことあるの?」と気になっている人もいると思います。

そこでこの記事では、ブログに興味のある初心者の方へ向けて、ブログを始めるメリットとWordPressでの始め方を解説します。

SPONSORED

ブログをやるメリット

ブログとは、簡単に言えばウェブ上の記事のことです。
テキストだけでなく、写真や動画、音声も自由に掲載できます。

では、ブログをやるメリットとはなんでしょうか。
何となく始めるひともいれば、目的を持ってやるひともいるでしょう。
ブログを書くメリットは、まとめると以下の7つです。

  1. 自分のメディアを持てる
  2. 収入になる
  3. 作家デビューの可能性がある
  4. ビジネスが有利になる
  5. 論理的な思考を養える
  6. SEOの知識が身につく
  7. 自分の記録を文章として残せる

ひとつずつ解説します。

1. 自分のメディアを持てる

ネット誕生以前は、個人でメディアを持つなどほぼ不可能でした。
ネットが誕生してからも、ウェブサイトを作り運営できるのは、ごく一部の知識を持った人だけ。
それがブログが生まれたことで、WEBに詳しくなくとも文章や写真を世界中に公開できるようになりました。

これは、本当に画期的なことです。
有名なブログは、月に100万PV以上を記録します。
そこまでいけば、公共のメディア並みの影響力です。
個人の力が組織を凌駕する、その可能性を秘めているのがブログなのです。

ブログはランニングコストが低い

しかもメディアでありながら、ブログは低予算ではじめられます。
もしあなたが出版社を創業し雑誌を作るなら、一体、何億かかるかわかりません。

その点ブログは、WordPressで行う場合、ドメイン料とレンタルサーバー料でスタートできます。
ドメイン料の目安は、「.com」や「.net」で年間約1,500円。
これにレンタルサーバー料が、月1,000円前後です。

トータルの費用は、年間約1.5万円。
ランニングコストが低いのも、ブログの良い点です。

2. 収入になる

ブログを始める人のなかには、「ブログで収入を得たい」と考えている人もいると思います。
ブログにアクセスが集まれば、グーグルアドセンスやアフィリエイトを使って収益を得られます。

グーグルアドセンスとは

グーグルアドセンスとは、ブログを訪問した人へ表示するバナー形式の広告です。
その広告が表示されたりクリックされたりすると、Googleからブログ運営者へ広告料が支払われます。
その収益の目安は、月間1万PVで2,000〜3,000円です。

グーグルアドセンスは、Googleの審査にパスしなければ掲載できません。
ブログの記事がある程度充実したら、申請してみましょう。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、成果報酬型の広告です。
グーグルアドセンスは広告の表示やクリックだけで収益化しますが、アフィリエイトはさらに、リンク先の商品が買われたりサービスが使われたりすることで報酬が支払われます。

アフィリエイトはアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)が、企業からの広告の仲介や報酬の支払いを担当しています。
アフィリエイト・サービス・プロバイダは、無料で登録できます。
ブログでアフィリエイトを始める予定なら、主要なものはすべて登録しておきましょう。

主要なアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)は、以下のとおりです。

Amazonや楽天も、アフィリエイトを行っています。
こちらも登録無料です。
商品紹介するなら、どちらとも登録しておきましょう。

3. 作家デビューの可能性がある

ブログが成長すれば、出版社から書籍化の声がかかるかもしれません。
人気のブログには、すでに多くの読者がいます。
ブログ上で、本の宣伝もできます。
無名の新人作家より売上予測を立てられるので、出版社としてもブログの書籍化はリスクが低く提案しやすいのです。

最近はブログそのものの書籍化ではなく、「人気ブログに育てたノウハウの書籍化」が多い傾向です。

4. ビジネスが有利になる

ブログそのものから収益がなくとも、自分でビジネスをやっているならブログが集客ツールになります。
小綺麗なウェブサイトでブランディングするより、たくさんのブログ記事を書いたほうが、その人自身がよく伝わります。
ブログを通してファンが増えれば、結果的に自分のビジネスの収益がアップしていくでしょう。

5. 論理的な思考を養える

ここまで収益面ばかり取り上げましたが、お金だけではありません。
日常的にブログを書けば、文章を使った伝え方が上達します。
表現力はもちろん、「なるほど」と思わせる論理的思考が身につくのが大きいです。

メールにしろ会議の資料にしろ、今は文章でのやり取りが多くあります。
ブログを通して論理的な文章を書けるようになれば、ビジネスでもプライベートでも役立つ機会がたくさんあります。

6. SEOの知識が身につく

ブログは毎日、PV数として結果がわかります。
PV数とは、閲覧されたページ数の総数です。
書くからには、たくさんのひとに読まれたいと多くのひとが思うでしょう。
最初のうちはPV数が少ないので、「どうすれば多く読まれるか」と試行錯誤します。
その過程で、SEOの知識が実体験をもって身についていきます。

いまやウェブサイトを持っていない企業はないでしょうから、身につけたSEOの知識は、ビジネスでも大いに役立ちます。

7. 自分の記録を文章として残せる

お金もビジネスも関係なく、単純に「自分の記録をネット上に残しておける」メリットもあります。
特に日記や雑記ブログなら、毎日のように自分の考えを書いていけば、思考の変化をずっと残しておけます。
数十年続けていけば、振り返るのが楽しみになりますね。

無料ブログではダメなのか

「ブログを始めよう」と思った際、2つの道があなたの前に現れます。
その2つとは、以下です。

  • WordPressで始める
  • 企業の無料ブログサービスで始める

この記事では、WordPressでのスタートをおすすめしています。
では無料ブログは、良くないのでしょうか。
WordPressに比べると、無料ブログは5つのデメリットがあります。

  1. サービスが終わる可能性がある
  2. 運営企業の方針に左右される
  3. 選べるデザインが限られている
  4. サービスの風評被害にブログの評判が影響される
  5. WordPressの方が、SEOが強いとされている

こちらもひとつずつ、解説していきます。

1. サービスが終わる可能性がある

2019年12月15日、老舗のヤフーブログが終了しました。
実は、ぼくが一番最初に選んだプラットフォームは、ヤフーブログでした。
確か2007年頃だったと思います。

その後、ヤフーブログを放置したあと、2011年にWordPressで改めてスタートしました。
もしそのままヤフーブログで書き続けていたら、おそらく1000記事以上ストックが溜まっていたでしょう。
それがサービス終了になったかと思うと、WordPressで仕切り直してよかったと思います。

このように無料ブログは、運営している企業の方針で、サービスそのものが終了する可能性があります。
企業の方針変更は、自分でコントロールできない部分です。
長くブログを書いていくなら、コントロールできない要素は外しておきたいですね。

2. 運営企業の方針に左右される

無料ブログは、会社の方針に従わなくてはなりません。
もし急に、「来月から、ビジネス系ブログは認めません」と言われたら、それに従うほかないのです。
無料で簡単に始められるメリットはありますが、運営会社の枠内でしか表現できないのは不自由です。

3. 選べるデザインが限られている

無料ブログは、フォーマットが決まっています。
色やデザインなど選択の幅はあるにせよ、自分の思い通りにはできません。
デザインにこだわりたいなら、WordPressのほうが圧倒的に自由に作れます。
世界中の人がリリースしているテーマから好きなものを選べるし、CSSの知識を得ればカスタムも自由自在です。

ちなみにぼくは、このブログで海外の無料テーマSiteOrigin Unwindを選択。
CSSと呼ばれるデザインのコードを自分で追加し、カスタムしています。

4. サービスの風評被害にブログの評判が影響される

無料ブログの場合、もし運営しているサービスが炎上すれば、使っているブログにもその被害は及びます。

2020年から2021年には、デジタルコンテンツを配信しているcakesが何度か炎上し、同じ会社が運営しているnoteの評判が落ちました。
自分の書いた記事と炎上は関係なくとも、noteを使っているだけで炎上と関連付けて見られてしまいます。
運営企業の風評被害に影響されるのも、無料ブログのデメリットです。

5. WordPressの方が、SEOに強いとされている

WordPressは、世界中の人がリリースしているテーマを自由に選べます。
中には、「SEOに強い」という触れ込みのものもあります。
その真相は使ってみないとわかりませんが、的確なテーマを正しく使用すれば、WordPressのブログはSEOの結果が確実にでます。

無料ブログは運営企業の用意しているテーマを使うほかないので、WordPressのほうが工夫の余地があり、結果的にSEOに強くなります。

WordPressとは

「WordPressが、おすすめなのはわかった。では、そもそもWordPressとは何なのか?」そんな声が聞こえてきそうです。

WordPressは無料で使用できる、オープンソースのブログソフトウェアです。
プログラム言語のPHPで作られており、サーバへWordPressのファイルをアップロードし、データベースを構築するとブログ形式のサイトを簡単に始められます。

好きなテーマとプラグインで機能を装備

前述の通り、WordPressは自分の好きなテーマを自由に選べます。
「WordPress テーマ」でGoogle検索すると、ものすごくたくさんのテーマが出てくるでしょう。
デザイン性の高いものや、写真に特化したもの、テキストが読みやすいものなど、自分のブログに合ったテーマを自由に選べます。

WordPressのもう一つの魅力は、豊富なプラグインです。
機能を足したいと思えば、機能拡張のプラグインをその都度インストールできます。

もちろんHTML・CSS・PHPなど言語を書いて、思い通りのカスタムもできます。
初心者から上級者まで、幅広く使われているブログソフトウェア、それがWordPressなのです。

WordPressのブログ作成方法を解説。エックスサーバーで簡単にできる

ではここから、実際にWordPressを始める方法を解説します。
WordPressは、エックスサーバー で簡単に作ることができます。
実作業だけなら、10分かかりません。
工程は、以下の2つです。

  1. エックスサーバーの申し込みをする
  2. 自分の好きなテーマを選ぶ

多くの人にブログを読んでもらうには、サーバを契約しなくてはなりません。
サーバ契約が、あなたのブログと世界をつなげるスタートライン。
契約の前に、「サーバとは一体、なんなのか」を簡単に解説します。

サーバとは、ブログに必要なファイルや画像などすべてを入れておくところです。
情報を探しているひとは、Google検索でサイトをクリックしたり、urlを入れて表示させたりします。
それらユーザからのリクエストは、サーバへ送られます。
サーバは要求に答え、中に入っているファイルを表示します。
ざっくり言えば、これがウェブの仕組みです。

レンタルサーバとは

サーバには、専用サーバと共有サーバがあります。
専用サーバは、文字通り契約者が専用に使えるサーバです。
ただしコストが掛かるため、一般的には企業などが使っています。

一方、共有サーバは、ひとつのサーバを複数人で使います。
一人で使うとコストが掛かりますが、それを数人でお金を出し合うことでコストを低くできます。
つまりエックスサーバーを始めとしたレンタルサーバは、この共有サーバを指すのです。

エックスサーバーの利点

ぼくは2013年以来、エックスサーバーを使い続けています。
自分が思うエックスサーバーの利点は、以下の3つです。

  1. 速度が速い
  2. 設定画面がわかりやすい
  3. SSLが無料で簡単に設定できる

1. 速度が速い

長い間エックスサーバーを使ってきましたが、速度面での不満はありません。
エックスサーバーの自社調べではありますが、サーバの処理速度は国内最速となっています。

エックスサーバー
エックスサーバー公式サイトより

2. 設定画面がわかりやすい

さらにエックスサーバーは、設定画面がわかりやすくて良いです。
サーバは専門知識を必要とするので、時には語句を検索しながら設定を進めなければなりません。
その上、設定画面が分かりづらければ、初心者なら発狂してしまうでしょう(最初のぼくがそうでした)。
その点、エックスサーバーの設定画面は非常にわかりやすく、やりたいことを迷わずできます。

3. SSLが無料で簡単に設定できる

もう一つの利点として、SSLを無料で簡単に設定できるのがあります。
SSLとは、通信を暗号化してセキュリティを高める設定です。
SSL化はGoogle検索に影響しますから、必ずやっておきたいところです。
このSSLもエックスサーバーは、無料かつ簡単に行えます。

エックスサーバーのプラン

ちなみにエックスサーバーには、X10・X20・X30の3つのプランがあります。
大きな違いは、使用できるSSDの容量です。

X10X20X30
使用できるSSD容量300GB400GB500GB

ぼくは2013年からエックスサーバーでブログを書いてきて、使用しているSSDは3GBくらいです。
ECサイトで大量の画像を掲載するなど、よほどのことがない限り、X10で十分です。

エックスサーバーの料金

レンタルサーバには、使用料がかかります。
エックスサーバーのX10プランの使用料は、以下のようになっています。

契約期間初期費用利用料金合計
3ヶ月3,300円1,320円×3ヶ月 → 1,056円×3ヶ月7,260円 → 6,468円
6ヶ月3,300円1,210円×6ヶ月 → 968円×6ヶ月10,560円 → 9,108円
12ヶ月3,300円1,100円×12ヶ月 → 880円×12ヶ月16,500円 → 13,860円
24ヶ月3,300円1,045円×24ヶ月 → 836円×24ヶ月28,380円 → 23,364円
36ヶ月3,300円990円×36ヶ月 → 792円×36ヶ月38,940円 → 31,812円
すべて税込。太字は、2021/7/29 18:00までのキャンペーン価格

月額で、だいたい1,000円ちょっと掛かるイメージですね。

1. エックスサーバーの申し込みをする

では実際に、レンタルサーバーを契約しましょう。
エックスサーバー の公式サイトをクリックし、「お申込みはこちら >」をクリック。

エックスサーバー

続いて次の画面の、「10日間無料お試し 新規お申込み」をクリックします。

エックスサーバー

契約プランを選択します。
一般的なブログなら、X10で問題ないです。

エックスサーバー

この記事は、これからブログを始める初心者の方へ向けて書いています。
はじめてWordPressでブログを開設するなら、「WordPressクイックスタート」が簡単でおすすめです。
プラン選択の下、「WordPressクイックスタート」の「利用する」にチェックを入れます。

エックスサーバー

WordPressクイックスタートのメリット

エックスサーバーのWordPressクイックスタートは、以下の3点がセットになっています。

  • サーバ開設と同時にWordPressがインストールされる
  • 独自SSLが自動的に設定される
  • ドメイン取得と設定が同時にできる

これらを個別で行うと、初めての場合は混乱すると思います。
すべてセットになったWordPressクイックスタートを使えば、開設までの時間を大幅に短縮できます。

契約期間と独自ドメインの設定

次に、サーバの契約期間を選びます。
継続契約が長いほど、多くの割引が適用されます。

エックスサーバー

独自ドメインは変えられないので注意

「サーバーの契約期間」の下の項目へ移り、独自ドメイン名を入力します。
独自ドメインとは、インターネット上の住所のようなもの。
ドメインを取得することで、そのサイトがインターネット上に存在し、検索やurl入力で訪問してもらえます。

ここで注意が必要です。
独自ドメインは一度設定すると、変更できません。
ブログを運営し始めてからドメイン変更すると、それまで積み上げてきた記事のGoogleの評価がゼロになってしまいます。
自分のサイトのドメイン名は、よく考えてから決めましょう。
一旦、エックスサーバーの入力ページを離れ、独自ドメインを決めてから改めて入力しても良いと思います。

またドメイン名は、同じものを選べません。
入力時に「!すでに使用されているドメイン名です。」と表示されたら、他の候補名を入力しましょう。

エックスサーバー

最後にWordPress情報を入力

ドメインが決まったら下の項目へ移り、「WordPress情報」に以下の四つを入力します。

  • ブログ名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
エックスサーバー

WordPress情報は、ブログ開設後にすべて変更が可能です。
また、ユーザー名とパスワードは、後述のWordPressの管理画面へ入るのに必要です。
必ずメモに控えておいてください。

最後まで入力できたら、「Xserverアカウントの登録へ進む」をクリックします。

Xserverアカウントを入力

次の画面で、Xserverアカウントの情報を入力します。
自分の住所・氏名・電話番号・支払いのクレジットカード情報を入力し、下の方の『「利用規約」「個人情報に関する公表事項」に同意する』にチェックを入れます。

一番下の、「次へ進む」をクリック。

エックスサーバー

次の確認画面で問題なければ、一番下の「この内容で申込みする」をクリックします。

エックスサーバー

電話番号の認証後に、アカウント作成が完了

その後、電話番号による認証コードの照合が行われます。
照合が無事終われば、申し込み手続き完了です。

2. 自分の好きなテーマを選ぶ

電話番号の認証が終わりしばらくすると、エックスサーバーから登録したアドレス宛にメールが送られてきます。
メールに記載されている「サイトURL」をクリックすると、公開された自分のブログを見ることができます。
つまりこの時点で、あなたのブログはスタートしているのです。

といっても、まだコンテンツは何もない状態です。
ここからオリジナルの記事を追加し、自分のブログを充実させていきます。

管理画面でテーマを選ぶ

自分のブログを確認したら、WordPressの管理画面へ行ってみましょう。
再びエックスサーバーからのメールを見て、「管理画面URL」をクリックします。

管理画面へのログイン画面が表示されるので、アカウント申込み時に自分で設定した、「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

エックスサーバー

WordPressの管理画面へ移ったら、左のタブの「外観」をクリックしてみてください。
WordPressにプリインストールされているテーマを確認できます。
ここから好きなものを選んでも良いですし、「新しいテーマを追加」をクリックすれば、世界中のクリエイターが作成したテーマを選べます。

Xserver

左上のWマークをクリックすると、自分のサイトを見ることができます。
ログインした状態であれば、上の黒い帯のアイコンをクリックして、管理画面へ戻れます。

Xserver

あっという間に、WordPressのブログが完成です。

まとめ

ぼくがWordPressで初めてブログを作ったのは、2011年のこと。
そのときは、まずWordPressのファイル一式をダウンロードし、契約したレンタルサーバへ自分でアップロードして…とかなり労力を費やしました(知識ゼロだったので、発狂しそうになりました)。
そのころに比べると簡単すぎて、まさに隔世の感があります。

WordPressでブログ運営していく上では、PHPやHTMl、CSSといったプログラム言語をわかったほうがよいです。
そういった技術的なことは、ブログを運営していくと自然に覚えていくと思います。
「ブログをやってみよう」と思ったなら、なによりも0から1へ踏み出すことが大事です。

エックスサーバー は設定画面がわかりやすく、WordPressの設定もとても簡単。
ブログを始める最初の一歩のハードルが、とても低いです。
これからブログをやってみたいひとは、世界中にユーザのいるWordPressを使ってみてください。

アウトプットして、人生を変えていく

ブログとは、アウトプットのひとつ。
自分が考えていることをアウトプットすれば、誰かにとって価値のあることになります。
アウトプットの大切さを書いた、『結局、人生はアウトプットで決まる』のレビューです。

SPONSORED