個人ブログのドメイン名の決め方【5つのポイントで解説】

仕事ツール

WordPressでブログをやってみようと思うと、最初に悩むのがドメイン名です。

ドメインはブログの入り口となるだけに、何にするか悩ましいですね。

そこでこの記事では、ドメイン名の決め方のポイントを解説します。

スポンサーリンク

ドメインとは?

そもそもドメインとは何でしょうか。

ウェブページにはそれぞれ、「https://〜」で始まる文字列が紐付いています。インターネット上のサイトは、この文字列をもとにして表示されます。

この文字列の後半部分(当サイトなら、blue-de.com)をドメインといい、ウェブサイトの住所のような役割をはたします。

ドメイン名は変更できない

WordPressのメリットの1つは、このドメインを自分の好きなものにできる点です。

しかし、いざドメイン名を付けるとなると、悩んでしまうと思います。悩んでしまう大きな理由として、一度つけると変更できない点があります。

というか変更はできますが、変更するとそれまで積み上げてきたGoogleの評価が、ゼロになってしまうのです。

ブログを書く限り同じドメインになることを前提にして、ドメイン名はいくつか候補を出して慎重に選んでください。

希望のドメインが空いているか確認する方法

候補のドメインが決まったら、それが使用可能かどうかを確認してみるのが良いです。

ドメインが空いているかどうかは、Google Domainsで確認ができます。
すでに取得済みで登録できない場合でも、取得可能な変更のパターンを提案してくれます。

個人ブログのドメイン名の決め方【5つのポイントで解説】

独自ドメインは「https://〇〇〇.XXX」のうち、「〇〇〇.XXX」の部分を自分で決めることができます。

特に前半の「〇〇〇」は、自由度が高いだけに決めるのが難しいですね。

そこでまずは、使える文字列を確認してみましょう。

前半の「〇〇〇」には、半角の英数字と半角の-(ハイフン)が使用できます。入れられる最大の文字数は、63文字までです。

5つのポイント

ではドメイン名を付けるポイントを解説します。
以下の5点があります。

  1. ブログの内容にちなんだもの
  2. 執筆者の名前にちなんだもの
  3. ブログ名にちなんだもの
  4. なるべく短いものにする
  5. 覚えやすいものにする

ひとつずつ解説します。

1. ブログの内容にちなんだもの

ブログの内容が決まっているなら、それにちなんだドメイン名にするのがよいです。内容とドメインが一致していると、読者さんも覚えやすいですね。

例えばガジェットのレビューを書くなら、以下のような感じ。

  • gadget-magazine
  • gadget-lover
  • gadget-favorite

「gadgetmagazine」と2つ以上の単語を続けると認識しづらいので、「gadget-magazine」とハイフンでつなげたほうが良いです。

これらがすでに登録済みで取れないなら、一部を省略して「gadget-maga」としたり、「digi-maga」など派生したものを探していきます。

2. 執筆者の名前にちなんだもの

一人でブログを書くなら、自分の名前(ニックネーム)にちなんだドメイン名も良いと思います。

例えばニックネームを「takashi」とするなら、名前にちなんで「tack-web」とか「tack-blog」とか。

人気ブログ「今日はヒトデ祭りだぞ!」を書いているヒトデさんのドメインは、「https://www.hitode-festival.com」で、ブログタイトルと執筆者名の両方が入っていてわかりやすいですね。

3. ブログ名にちなんだもの

ブログ名が決まっているなら、それにちなんだものにしても良いです。

ただ一見、このサイト名にちなんだものが一番に思えますが、そうでもありません。長く続けていくと、ブログ名は変わることがあるからです。

ブログ名は変わっていく

ご覧になっている当ブログも、もともとは「ブルーデザイン・リポート」という名前でした。

そのためドメイン名は「https://blue-de.com」でスタートしたものの、それから10年以上の月日が経ち、今ではブログの内容も名前も変わっています。

ブログ名は変わるにせよ、それでもドメインをブログ名にちなんだものにして構わないと思います。

ブログ名が変わっても、「このドメイン名は元々、以前のブログ名の〇〇から来ていて〜」とひとつの話題(ネタ)にできますね。

4. なるべく短いものにする

ドメイン名は63文字まで使えるルールがありますが、かといって長いドメイン名はおすすめしません。

まず読者さんに認識されづらいし、長いドメイン名は不信感も与えます。

単語をハイフンでつなげるにしても、「〇〇〇-XXX-△△△」と単語3つくらいまでかなと思います。

5. 覚えやすいものにする

ドメイン名は自由につけられますが、意味不明の単語の羅列はおすすめしません。
読者さんが覚えづらいし、自分でドメイン名を書くときにも苦労します。

また長いドメイン名と同じく、そのブログ自体に不信感を抱いてしまいますね。

英単語やローマ字として読めるものを、ハイフンで組み合わせて決めるようにするのがよいです。

トップレベルドメインの決め方

つづいて「https://〇〇〇.XXX」の、後半「XXX」部分の解説です。

この後半部分を「トップレベルドメイン」といい、すでにある選択肢から選ぶことになります。

個人ブログに決まりはない

大学や役所など特殊な機関は、使用すべきトップレベルドメインが決まっています。

しかし個人ブログであれば、特に決まりはありません。

人気があるのは、「.com」「.net」‎「.‎org」「‎.‎info」あたりですね。まずはここから、希望のドメイン名で探してみてください。

「.com」で埋まっていたとしても、残りの「.net」‎「.‎org」「‎.‎info」のいずれかで空いていることが多いです。

ドメインを無料で使用する方法

ドメインを利用する際は、料金が掛かります。

料金はトップレベルドメインの種類によって異なり、「.com」「.net」‎「.‎org」「‎.‎info」は年間1,000円〜2,000円ほどです。

レンタルサーバーを契約するとドメインを無料で使えるケースがある

レンタルサーバーの会社によっては、サーバを契約すれば特定のドメインを無料で使用できるサービスを行っています。

例えばエックスサーバー は、以下のドメインがサーバを利用する限り無料で使用できます。

.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .online / .site

WordPressでブログを始める際に、レンタルサーバーも同時に契約するなら、こういったお得なプランを利用するのがよいです。

ドメインの取得を含めて、エックスサーバーでイチからWordPressを設定する方法を、以下の記事に書きました。
合わせて参考にしてみてください。

>> WordPressブログの簡単な始め方を解説【10分で完了】

まとめ

以上、ドメイン名の決め方の解説でした。

ポイントは以下の5つでした。

  1. ブログの内容にちなんだもの
  2. 執筆者の名前にちなんだもの
  3. ブログ名にちなんだもの
  4. なるべく短いものにする
  5. 覚えやすいものにする

長くブログを書いていると、ドメイン名に愛着が出てきます。

長く愛着を持って使えるよう、わかりやすくて覚えやすいものを付けてみてください。

タイトルとURLをコピーしました