ブログの平均ページ滞在時間の目安【改善方法も紹介】

仕事ツール

ブログの評価基準は、平均ページ滞在時間です。

平均ページ滞在時間が長ければ、読者が最後まで読んでくれた可能性が高いです。結果的に、Googleの評価も高くなります。

その逆に滞在時間が短ければ、「読者に満足されていない」とみなされ、Googleの評価は低くなります。

そこでこの記事では、平均ページ滞在時間の目安と改善する方法を解説します。

スポンサーリンク

ブログの平均ページ滞在時間の目安【改善方法も紹介】

ブログを書いていると、気になるのがPV数ですね。PV数はブログ内のページを見てくれたトータル回数なので、重要なのは当然のことです。

しかしいくらPV数が良くても、「平均ページ滞在時間が30秒」であればどんな印象を持ちますか。

ブログを訪れても、読者に30秒ほどで離脱される。そのブログに、読者は価値を感じているでしょうか。

読者の満足度が反映される項目とは

ブログには、ほとんどの人が検索から流入します。検索で訪れてすぐ離脱するなら、「読者のニーズに合っていなかった」といえます。

その逆に平均ページ滞在時間が長ければ、読者のニーズに合っていて、満足してもらえたといえます。

平均ページ滞在時間が長い = 読者が満足した

つまり平均ページ滞在時間のアップは、サイトの価値を向上させることにつながるのです。

平均ページ滞在時間の目安

では平均ページ滞在時間の目安は、どのくらいでしょうか。人間の文章を読むスピードは、1分間に400〜600文字だそうです(日本速読協会より)。

ただしこの文字数は、精読した場合だと思います。流し読みされるウェブ記事は、もっと速そうです。

1分間に500文字読めるとして、さらにかかる時間を80%で計算すると以下になりました。

  • 2000字 3.2分
  • 3000字 4.8分
  • 4000字 6.4分

グーグルアナリティクスは、最後のページをカウントしない

平均ページ滞在時間は、グーグルアナリティクスの「行動 > 概要」で確認できます。

ここで、もうひとつ注意点。平均ページ滞在時間は、最終ページをカウントしないのです。

例えばA記事を見たあと、B記事を見て、C記事を見て離脱した場合、C記事を読んだ時間はカウントされません。

ブログのリアルな平均ページ滞在時間

このグーグルアナリティクスの仕様を考慮すると、さらに20%ほど減らした方が実質的な値に近づきそうです。

結果、ブログのリアルな平均ページ滞在時間の目安は、以下の時間くらいかなと思いました。

文字数滞在時間
2000字2.5分(2分30秒)
3000字3.8分(3分48秒)
4000字5.1分(5分6秒)
平均ページ滞在時間の目安

平均ページ滞在時間を改善する方法

グーグルアナリティクスで確認してみて、この目安より読者に早く離脱されているなら、改善したほうが良いかもしれません。

ではここから、平均ページ滞在時間を改善する方法を解説します。項目は6つあります。

  1. タイトルと内容を一致させる
  2. 文章を読みやすくする
  3. 文章の構成を論理的にする
  4. 読みやすいデザインにする
  5. 画像や表など、ビジュアルを入れる
  6. サイトの表示スピードをアップさせる

1. タイトルと内容を一致させる

検索している人の心理を、ご存知でしょうか。そうです、読者が知りたいのは「問題の解決」です。

何か知りたいことがあって検索をし、検索結果に並んだタイトルから「自分の問題が解決できそうだ」と思って読者はクリックします。

ところが実際に記事を読んでみたら、タイトルと異なる内容が書いてあった。あなたなら、どうしますか。秒で検索結果に戻り、選び直しませんか。

タイトルと内容が一致していないと、読者はすぐに離脱してしまいます。「タイトルと内容の一致」は、最後まで読んでもらうための最も重要なポイントです。

2. 文章を読みやすくする

いくら良いことが書いてあっても、読みづらい文章だとどうでしょうか。内容が入ってこなくて、この場合も読者はすぐに離脱します。

読みやすい文章には、以下のような特徴があります。

  • 文と文の受け渡しがスムーズ
  • 漢字と平仮名のバランスが良い(漢字が多すぎない)
  • 専門用語を使わず平易な言葉で書いてある
  • 適度な改行や小見出し

これらポイントを踏まえて、スイスイ読める文章にしたいですね。

3. 文章の構成を論理的にする

いくら読みやすい文章でも、「何を言いたいのかわからない文章」も離脱されます。

理解しやすい文章は、技術で習得できます。執筆前に、しっかりした構成を作ればよいのです。

論理的な文章の書き方は、以下にまとめています。この記事と合わせて、参考にしてみてください。

>> 【読みやすい文章の書き方】論理的に書けば読者に伝わる

4. 読みやすいデザインにする

例えばブログのデザインが、白い背景に黄色の文字色だったらどうですか。目がチカチカして、これまたすぐに離脱されてしまいます。

ここまで極端じゃなくても、文字が小さかったり、行間が窮屈だったりしても読者はストレスを感じます。

「かっこいい・オシャレ」は、読者にとって必要なし。ダサくて良いので「読みやすい」デザインにすると、滞在時間はアップします。

5. 画像や表など、ビジュアルを入れる

文章だけがみっちり書かれていると、よほど内容に興味がないと最後まで読まれません。

小見出しをはさみ、画像や表など適度にビジュアルを入れると抵抗が薄まります。改行も適度にして、画面内に余白を作るようにすると良いです。

6. サイトの表示スピードをアップさせる

サイトがなかなか表示されないと、読者はじれったくて検索結果へ戻ってしまいます。

サイトの表示スピードは、グーグルが提供しているGoogle PageSpeed Insightsで測定できます。

スマホとデスクトップの両方の表示スピードを確認して、スコアが0–49の間なら別のテーマを検討したりプラグインを見直したり、改善した方が良いですね。

まとめ

以上、ブログの平均ページ滞在時間の解説でした。

おもしろい本は一気読みしてしまいますが、つまらない本は最後まで読むのが苦痛ですよね。まして無料で読めるブログは、一瞬で離脱されます。

改善のポイントは以下6つ。

  1. タイトルと内容を一致させる
  2. 文章を読みやすくする
  3. 文章の構成を論理的にする
  4. 読みやすいデザインにする
  5. 画像や表など、ビジュアルを入れる
  6. サイトの表示スピードをアップさせる

また、文章を最後まで読ませるテクニックは、シュガーマンの『10倍売る人の文章術』が参考になります。書店へ行ったときに、手に取ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました