楽天ひかりが遅すぎる。IPv6対応4,000円のルータを購入したら一気に天国になった

公開日 2021-04-21 最終更新日 2021-04-22

ルータの変更で、天国モードです。

2021年3月から楽天ひかりに加入しました。
ルータがIPv6に対応していないため、しばらくPPPoE接続にしていましたが…。
平日夜のあまりの遅さに耐えかね、楽天ひかりIPv6(クロスパス)に対応しているルータを購入。
すると下り・上りとも180Mbps以上と一気に速度が出て、快適なネット環境になりました。

そこでこの記事では、ぼくの購入したクロスパス対応ルータの感想や設定方法などを紹介します。

SPONSORED

楽天ひかりが遅すぎる。IPv6対応4,000円のルータを購入したら一気に天国になった

楽天ひかり加入時点で、自宅にはバッファローのルータ(WSR-5400AX6)がありました。
購入価格15,000円ほどと、Wi-Fi6にも対応した上位機種です。

このルータで楽天ひかりのIPv6につなげられると思っていましたが、調べてみるとクロスパス対応は2021年夏でした。

バッファロー IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)対応確認済みリスト
https://www.buffalo.jp/support/other/network-ipv6.html

PPPoE接続はストレスがたまりまくる

対応していないものは、しょうがありません。
PPPoE接続で使うことにしました。

バッファローのルータでPPPoe接続したときの記事は、以下に書きました。

ところがPPPoE接続は、平日夜の混み合う時間帯がともかく遅いんです。
速度計測では、なぜか100Mbpsくらい出ているものの、実際は1Mbps程度でしょう。
パソコンでTwitterを見ると、タイムライン上の画像表示が1分くらい掛かります。
とてもじゃないけど、待ってられません。

バッファローのルータがクロスパス対応になる2021年夏まで、PPPoE接続でいくつもりでしたが、ストレスたまりまくりで無理でした。
というわけで、2021年夏までの暫定的なものとして、クロスパス対応の一番安いルータを探すことにしました。

NEC PA-WG1200HS4 Atermの紹介

楽天ひかりの公式サイトには、クロスパス対応ルータがいくつか紹介されています。

楽天ひかりのIPv6(クロスパス)対応ルーター
https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/internet/ipv6/xpath/

たくさんある中で、最安のNEC PA-WG1200HS4 Atermを選択。
購入時の価格は4,370円でした。

楽天のコジマで購入したら、翌日に自宅に到着。
早速、平日の夜に設置することにしました。

値段の割に速度は速い

さすがに4,000円ちょっとの製品だけあり、ルータ自体はかなりチープな感じです。
プラスチック製で、重量も軽い。
縦置きと横置きができますが、縦置きだと軽くて倒れてきそう。

いかにも頼りない感じですが、「これで100Mbpsくらい出れば儲けもの」と思いつなげてみたら…。
下り・上りとも180Mbps以上の速度が出ました。
計測通りネットもサクサクになり、大満足です。

クロスパスの速度

PA-WG1200HS4のつなげ方

ルータのつなげ方は、いたって簡単でした。
モデムとルータをLANケーブルでつなぎ、ルータに電源アダプターを差し込みます。

一分ほどすれば、パソコンやスマホのWi-Fi一覧にルータ名が出てくるので、ルータの裏側に記載されている暗号化キーを入力すれば、すんなり回線がつながりました。

IPv6なのか設定画面で確認

といっても、実際の接続がPPPoEなのかIPv6なのか気になるところ。
そこで、ルータの設定画面から確認してみます。

まずは、下記のURLを開きます。
http://aterm.me/

ユーザー名に「admin」と入力。
パスワードはルータ裏面の「Web PW」に書いてある英数字を入力します。

PA-WG1200HS4の設定画面

ログインすると、ホーム画面に「動作モード クロスパス」の表示。
無事、楽天ひかりのIPv6(クロスパス)で接続されていました。

PA-WG1200HS4の設定画面

ついでに画面左下の「メンテナンス > ファームウェア更新」をチェックすると、1.4.1から1.5.1のアップデートが可能でした。
「更新」ボタンをクリックし、ファームウェア・アップデートが3分ほどで終了。
これで楽天ひかり IPv6(クロスパス)でのWi-Fi環境が、完璧になりました。

PA-WG1200HS4の設定画面

まとめ

楽天ひかりのPPPoE接続があまりに遅すぎて、違約金を払って別のプロバイダーに変更しようかと考えたほど。
結果的に4,000円ほどの費用で、高速ネット回線を導入できてよかったです。

現状で楽天ひかりが遅いと感じているひとは、自分と同じようにPPPoE接続ではないでしょうか。
IPv6対応ルータなら、安いものでも高速・快適なネット回線になります。
使っているルータがIPv6に対応しているか、確認してみてください。

大容量20GBのSIMの最安を調査

屋外でも容量を気にせずネットを使うなら、20GBのSIMカードがおすすめです。
20GBデータSIM20GB音声付きSIMの最安のものを調査しました。

SPONSORED