アデロールとは?アメリカ人を脅かすスマートドラッグ

習慣

アメリカで起こっていることは、時間を置いて日本でも発生するケースが多いです。

つまりアメリカのドキュメンタリー映像を見れば、日本に起こるかもしれない未来を垣間見れます。

先日、興味深いアメリカのドキュメンタリー映像を見ました。Netflixオリジナルドキュメンタリー『テイク・ユア・ピル:スマートドラッグの真実』です。

スポンサーリンク

アデロールとは?アメリカ人を脅かすスマートドラッグ

ここで取り上げているスマートドラッグは、アデロールという薬です。

アデロールは、ADHD(注意欠如・多動性障害)の治療薬として、アメリカで販売されています。

ADHDとは注意力散漫になって、じっとしていられない症状です。アデロールを飲むとADHDの症状が収まり、物事に集中できるようになります。

ADHD気味のお子さんを抱えるアメリカのお母さんは、この薬を子どもに服用させているのです。

集中力アップのために使う人々

この薬が問題視されているのは、ADHDではない通常の人が「集中力を高めるため」に使っている点です。

アデロールは、アメリカでは処方箋なしにオンラインで購入できます。

いわゆる「ハイ」になるためドラッグを購入するのではなく、勉強や仕事など成果を出すためドラッグに頼る人が増えているのです。

学生や起業家、プログラマーなどが常用を告白

とある大学の学生へのインタビューでは、周りの多くの学生が使っていると告白しています。

インタビューに答えている人も、「わずか数ドルで成績がアップするなら安いもの」と悪びれる様子がありません。

他にもIT企業に勤めるエンジニアや金融業に勤める会社員も、インタビューに出演していました。みんな口を揃えて、「集中力を高まるため手放せない」と語っています。

飲むことで対等になれる

学生、エンジニア、金融…、彼らに共通しているのは、過酷な競争社会にいる点です。

薬を飲むものと飲まないものとでは、能力を引き出す部分で差がついてしまう。

「薬を飲むことで、フェアに競争できる」
「飲まなくては損」

とまで考えています。

そのため薬を飲むことが食事と同じように、当たり前になっているのです。

過集中が続き、副作用の睡眠障害を起こす

しかし当然ながら、問題はあります。

一番は、集中力や高揚感が高まることで、睡眠障害になるんですね。そのため「よく眠れるように」と、今度は睡眠導入剤を使用するようになる。

アデロールの効きが悪くなると量を増やすようになり、さらに睡眠導入剤の服用も増える。こうしてドラッグの依存状態になってしまうのです。

「素晴らしい人生を送らなくては」と強迫観念に襲われる

この映像で印象的だったシーンが、以下2つありました。

  1. 偽薬でも効果があった
  2. 競争が過熱している

ひとつずつ紹介します。

1. 偽薬でも効果があった

2人の被験者にそれぞれアデロールと偽薬を使い検証したところ、偽薬を飲んだ人も「集中力が高まった」と答えました。

つまりアデロールを飲むことで集中力が高まるのではなく、「薬を飲むこと」がきっかけになっているに過ぎないのです。

「飲むことで、潜在能力が引き出される」、アデロールはそんな万能薬ではないのです。

2. 競争が過熱している

もう1つは専門家が指摘していた、「現代は、自分の能力以上のものが求められすぎている」という点です。

今はSNSをはじめ、周りの人の「いい面」が可視化されています。

「自分も完璧な人生を送らないといけない」とばかりに、あまりにも「完璧な人生」を追い求め過ぎているのではないか。

アデロールのような薬が流行るのは、そんな過熱した競争社会が背景にあるのです。

数年後の日本で、アデロールが使われているかも

身の丈を越えた自分になろうとして、アメリカの多くのひとが無理をしています。

無理をすれば、その代償は必ず払わなければなりません。

アデロールを使用してオーバーワークを続けていると、本人が気づかないうちに体も心も朽ちてしまうでしょう。

ちなみに日本でアデロールは承認されていませんが、需要はものすごくありそうに思えますね。

数年後、日本でもスマートドラッグが問題視されている可能性が十分にあります。

タイトルとURLをコピーしました