お掃除ロボット・ルンバをお手入れ。パーツを新品にしたら生まれ変わった

ルンバ

ルンバを買ったのは、5年前でした。
以来、毎日スイッチを入れて、部屋の掃除をお願いしています。

自分がいない間に、部屋がキレイになっている。
なんと素晴らしい製品なんだろう。

そんなふうに、5年経ったいまでも感動してしまいます。

でもルンバはロボットです。
ロボットには、メンテナンスが必要です。

特に役割が「お掃除」なのですから、ホコリやゴミが吸込口に絡みつきます。
定期的にキレイにしていましたが、「そう言えば、パーツのほとんどは買ったままの状態だった」と気づきました。

そこでサードパーティ製の部品をアマゾンで購入。
メンテナンスしてみることにしました。

SPONSORED

お掃除ロボット・ルンバをお手入れ。パーツを新品にしたら生まれ変わった

ヘタってくるのは、どの部分か

最初に書いたように、買ってから5年の月日が経っています。

表面もそれなりに傷がついていますが、なんといっても傷んでいるのは裏面です。

ルンバ
ルンバ

特に左上の「エッジクリーニングブラシ」は、3つのブラシのうち1つが取れています。

ルンバ

自分の記憶では、この部分は2度ほど交換したはず。
それでも気づくと破損状態になっているんですよね。
いかにこの部分を酷使しているか分かります。

デュアルアクションブラシが摩耗している

さらに、中央にある「デュアルアクションブラシ」が摩耗していました。
ここはホコリを吸い込む重要な部分です。

ルンバ

そういえば購入して以来、一度も交換したことがありませんでしたね…。
効果的にホコリを吸い込ませるために、定期的な部品交換が必要だったと反省。

アマゾンでサードパーティ製を購入

もちろんルンバの交換部品は、純正が売られています。
ただ当然ながら、純正はちとお高い…。

アマゾンで調べると、サードパーティ製が販売されていました。
お値段も主要な部品がすべて入って、2,000円弱と手頃。

ぼくはルンバ880を持っているので、それに合った部品を購入しました。

ルンバ

ルンバは型番が無限にあるので(どうしてあんなに多いのだろう)、ここは間違えずに購入したいところです。
ミスると返品やなんやで、面倒なことになります。

まずは、エッジクリーニングブラシを交換

では早速、メンテナンスしていきましょう。
まずは左上プロペラ状の、エッジクリーニングブラシの交換です。

ここは一本のネジで、ブラシが固定されています。
マイナスドライバーで取り外しが可能でした。

ルンバ

ものの1分で、交換が完了。
新品の毛先はイキがいいです。
これで、どんどんホコリをかき出していただきたい。

ルンバ

つづいて、デュアルアクションブラシの交換

このあとは、デュアルアクションブラシです。
ここは黄色の2つのレバーを内側へ押し込むと、カバーが外れました。

ルンバ

デュアルアクションブラシは、ローラーの形状が異なっています。
交換する際に間違わないよう、イラストでナビゲートされています。

ルンバ

中央には、ローラーの向きが。
さらにはめ込む先の形状が、四角形と六角形に分けてあります。

ルンバ
ルンバ

つまり間違えて入れようとしても、物理的に入らない設計になっているんですね。
すっぽりと収納して、カバーを元通りに。こちらもあっという間に終わりました。

ルンバ

ダストカットフィルターを交換

最後に、ダストカットフィルターを交換しました。

ルンバ

ルンバはホコリとともに空気を吸い込みます。
空気だけを外へ出すため機能するのが、このダストカットフィルターです。

ここが詰まっていると、空気の循環がスムーズに行かず、モーターに負担が掛かります。
定期的な交換とお掃除を忘れずに。

定期的にお手入れを

これまでがんばってくれた部品たちです。
ボロボロになりながら、日夜ホコリと戦って掃除してくれました。

ルンバ

ルンバのメンテナンスは、定期的に行いたいですね。
次は半年後くらいにやろううかな。
忘れないよう、グーグルカレンダーに次の予定を入れておこうと思います。

SPONSORED

Hasselblad 500C/Mで、写真を撮っています。