【Kindle Oasisレビュー】最上位機種のメリット5つを解説

仕事ツール

Amazonの電子書籍Kindleは、iPhoneやiPadのアプリで読むことができます。それだけでなく、Kindle専用端末でも読めます

Kindle専用端末はキンドルストアを簡単に開くことができ、「購入・即ダウンロード」が可能です。

そんなKindleのうち、上位モデルのKindle Oasisを購入しました。使ってみると、さすが上位機だけあり好印象です。

扱いやすく本が読みやすいので、読書量が多くなりました。買ってよかったです。

そこでこの記事では、Amazonの電子書籍リーダー・Kindle Oasisをレビューします。

スポンサーリンク

Kindleの種類と価格

Kindleの専用端末には、以下の種類があります。現行機種の価格を表にしました。

種類価格
Kindle10,980円〜
Kindle Paperwhite15,980円〜
Kindle Paperwhite
シグネチャーエディション
19,980円〜
Kindle Oasis29,980円〜
Kindle Scribe47,980円〜
Kindleの種類と価格

この中で、手書き機能のあるKindle Scribeは別格。純粋に電子書籍リーダーとして比較すれば、Kindle Oasisが最上位です。

価格は「広告つき・8GB・Wi-Fiモデル」の最安モデルで、29,980円します。読書に特化したタブレットに3万円近く出すのは、なかなか勇気が要ります。

Kindle Oasisの5つのメリット

3万円近くするKindle Oasisですが、「買ってよかった」と思えるメリットがあります。まとめると以下5つです。

  1. 持ちやすい
  2. 読みやすい
  3. ページ送りボタンがよい
  4. お風呂で読める
  5. キンドルストアが使いやすい

1. 持ちやすい

片側に重量のある持ちやすいデザイン
片側に重量のある持ちやすいデザイン

Kindle Oasisの大きな特徴は、片方に重心のあるアシンメトリーなデザインです。片手持ちでバランスが取れ、とても持ちやすいですね。

左右どちらの手で持っても良いように、上下の向きをかえると画面もまたくるっと半回転します。

2. 読みやすい

文字がくっきりとしていて読みやすい
文字がくっきりとしていて読みやすい

ディスプレイが7インチとそれなりに大きく、画面が見やすいです。電子ペーパーのe-ink技術で表示しているため、文字もくっきり表示されます。

一般的なディスプレイに比べ目に優しく、疲れることなく読書を楽しめますね。

表示されている文字は、設定で「フォントの種類・サイズ・太さ・行間・余白」など調整できます。

3. ページ送りボタンがよい

ページ送り用の物理ボタンが配置されている
ページ送り用の物理ボタンが配置されている

Kindle Oasisにはページ送り用の物理ボタンがあります。片手持ちの際に親指で操作できるよう、表面の隅に配置されています。

Kindleは画面操作がもっさりしているので、スワイプしてのページ送りはちょっとストレスがたまります。

その点、物理ボタンがあると、さくさく読み進められて良いです。

4. お風呂で読める

Kindle OasisとKindle Paperwhiteの特徴として、防水機能があります。

お風呂に入っている時間は、やることがなくて手持ち無沙汰です。そのときKindleで本を読めるので、より有意義な時間へかえられます。

5. キンドルストアが使いやすい

Kindle専用の読書リーダーなので、当然ながらキンドルストアを使えます。

キンドルストアから本を購入すれば、すぐにダウンロードし読書が可能。Kindle Unlimitedを組み合わせると、たくさんの本を快適に読めます

Kindleの読み放題サービス・Kindle Unlimitedは、図書館のように使えて最高です。以下の記事にメリットを書いています。

>> Kindle Unlimitedのメリットは図書館のように使えること

外観を写真とともにレビュー

ここから写真とともに、Kindle Oasisの外観を紹介します。想像以上に、高級感ある端末でした。

形状は片側に比重をかけたアシンメトリーなデザインです。片手持ちを想定し、バランス良く持てるよう比重が計算されています。

本体サイズは159mm・141mm・3.4-8.4 mm、ディスプレイサイズは7インチ。ディスプレイは光が反射しにくい、反射抑制スクリーンを使用しています。

重さは188gと、iPhone14 Proより軽いです。

充電はmicro USBに対応。3時間の満充電で6週間の使用が可能です。

充電はmicro USBを使用する
充電はmicro USBを使用する

裏面は金属製です。つや消しで、それなりに高級感があります。傷も付きにくそうです。

ロゴが大きく入った裏面
ロゴが大きく入った裏面

ベゼルとディスプレイは、溝などなくフラット。スタイリッシュな見た目で良いです。

ディスプレイの解像度は300ppi。電子ペーパーのe-ink技術で、文字がくっきり表示されます。

ベゼルとディスプレイがフラット
ベゼルとディスプレイがフラット

Kindle Oasisは第10世代から、色調調節ライトが搭載されました。寒色と暖色を好みの雰囲気に設定できるほか、時刻に合わせ色の暖かさを変化させられます。

画面の色の暖かさを変えられる
画面の色の暖かさを変えられる

電源ボタンは右持ちの場合は右上、左持ちの場合は左下にきます。

左手持ちだと、電源ボタンが左下にくる
左手持ちだと、電源ボタンが左下にくる

まとめ

以上、Amazonの読書リーダー・Kindle Oasisのレビューでした。メリットは以下の5つです。

  1. 持ちやすい
  2. 読みやすい
  3. ページ送りボタンがよい
  4. お風呂で読める
  5. キンドルストアが使いやすい

Kindle Oasis自体の性能も良いですし、「せっかく上位モデルを買ったのだから」と読書のモチベーションが上がります

購入してから、たくさん本を読むようになりました。Kindleで本をよく読むひとに、オススメします。

タイトルとURLをコピーしました