Dropbox PaperのMac用テキストエディタとして使用感。無料・マークダウン記法できる

パソコン作業に、欠かせないもの。
それがエディタです。

Macの場合は、純正のPagesやUlyssesがあります。
ここ4〜5年ほどは、Ulyssesをずっと使ってきました。

ほぼ完璧なエディタではあるのですが、以下の3つが欠点といえば欠点です。

・Mac OSとiOS(つまりApple製品)でしか使えない
・サブスクリプションのため、料金が掛かる
・ワード形式に書き出すと、表示が崩れる

そこでここ一週間ほど、Dropbox Paper(ドロップボックス・ペーパー)を試してみました。

ブラウザベースで使えるため、OSを選びません。
しかも無料。
使い勝手もそれなりに良いため、乗り換えを検討しています。

そこでこの記事では、テキストエディタとしてのDropbox Paperの使い勝手を書いてみます。

SPONSORED

Dropbox PaperをMac用テキストエディタとして使用。無料・マークダウン記法できておすすめ

どんなアプリでも、良い部分と今ひとつな部分があります。
自分にとって今ひとつな部分より、良い部分が多ければ使う価値はあります。
それぞれまとめてみますので、参考にしてください。

良い点

まずは、使ってみて良いと思える部分を、5点ご紹介します。

1 どのOSからでも使用できる
2 デザインがシンプル
3 マークダウン記法が使える
4 書き出しても、表示が崩れない
5 無料で使える

ひとつずつ解説していきます。

1 どのOSからでも使用できる

Dropboxのアカウントを持っていれば、ブラウザでどのOSからでも利用できます。
アカウントは無料のものでOK。
Mac・Windows・iPhone・Androidそれぞれのアプリも出ています。

書きかけの文章の続きを、どのコンピュータからもできるのは便利です。

2 デザインがシンプル

テキストエディタは、文章を書くためのものです。
文章はなるべくまっさらな画面に、文字だけを書くシンプルなものが好ましいですね。

Dropbox Paperは、ヘッダーなどが多少ごちゃごちゃしていますが、全体的にはシンプルです。
それなりに執筆へ集中できる環境です。

3 マークダウン記法が使える

ブログ用に使うのであれば、マークダウンで書けたほうがありがたいです。

よく使うh2(小見出し)は「##スペースキー」、区切り線は「」、引用は「>スペースキー」とスピーディーに進められます。
文章全体をコピペしてワードプレスの「新規投稿」に貼り付けると、これらマークダウン記法が反映されます。
楽ちんです。

4 書き出しても、表示が崩れない

仕事の原稿を書いた場合、PDFやワード形式での納品を求められることがあります。
これらもブラウザから書き出しでき、表示も崩れません。

5 無料で使える

クラウド同期するエディタで、Ulyssesと遜色ない使い勝手。
それでいて、完全無料なのが助かります。

ぼくは執筆のエディタとしてだけ使いますが、Dropbox Paperの魅力はチームで共有や編集が容易なこと。
会社でチームとして使う場合も、無料なのでスムーズでしょうね。

今一つな点

ここからは、今一つな部分を3点上げてみます。

1 Mac用のアプリは、ダークモードが使えない
2 ヘッダーとフッターが、ゴチャついている
3 文字数表示に、ふた手間かかる 

こちらも、ひとつずつ解説していきます

1 Mac用のアプリは、ダークモードが使えない

ブラウザでの使用は、ダークモードが搭載されています。
一方、Mac用アプリには、どこを探してもダークモード切り替えがないんですよね。

BETA版なので致し方ないですが、長時間の執筆はダークモードのほうが目に優しいです。
アプリベースで使うなら、ダークモードの対応が待たれます。

2 ヘッダーとフッターが、ゴチャついている

ヘッダーとフッター部に、絶えず操作アイコンが表示されています。
これは執筆に集中したいとき、ちょっと邪魔に感じます。

ブラウザでのアイコン表示はしょうがないとして、Mac用のアプリ版は設定で非表示にできるようしていただきたいです。

3 文字数表示に、ふた手間かかる

文字数を確認したいと思ったら、ヘッダー部の「3点リーダー」のアイコンをクリックして、アコーディオンメニューから「文字数」を選択します。
つまりふた手間かかってしまうわけで、これは何かしらのショートカットキーを割り当ててほしいですね。

文字数確認のために、キーボードから手を離したくないです。

アプリのダウンロード方法

デスクトップ版のアプリのダウンロード方法が、ちょっとわかりにくかったです。
やり方をまとめましたので、参考にしてみてください。

Mac用アプリ

Dropbox Paperは、ブラウザで使用できます。
ただネット接続で表示するブラウザは、安心な環境とは言えません。

デスクトップ版のアプリがありますので、日常的に使うならダウンロードをおすすめします。

やり方は、以下のとおりです。

ブラウザのDropbox Paperで何かしらの書類を作成
→ 右下の「?」をクリック
→ 「デスクトップ アプリをダウンロード」をクリック

Dropbox Paper

この手順を踏むと、自動的にDropbox Paperアプリがダウンロードされ、書きかけの文章がデスクトップに表示されます。

常時、クラウド同期しているようで、表示に遅延を感じるときがありますね。
といっても、気になるレベルではありません。

iOS・Android用アプリ

パソコンの使えない環境で原稿の修正を行いたいときは、スマホ版のアプリで表示しましょう。
iOS、Androidともアプリを備えています。

Paper by Dropbox

Paper by Dropbox

Dropbox, Inc.無料posted withアプリーチ

エディタ探しの参考に

パソコンを使うには、テキストエディタが必要です。

クリエイティブな作業をするツールですから、なんでもいいというわけでありません。
使う人それぞれに、こだわる部分があると思います。

その選択肢のひとつとして、Dropbox Paperを入れてみてはいかがでしょうか。
この記事が、エディタ探しの参考になれば幸いです。

Dropboxの無料版と有料版の比較を書きました

SPONSORED

写真家だった伯父の中判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C/Mで写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。