SONOS One SLをもう一台買って、ステレオにしてみた

SONOS One SL

SONOSをもう一台買ったら、幸福感が倍増しました。

ぼくはSONOS One SLを一台持っているんですが、「もう一台増やして、ステレオにしてみたいな」と思っていました。

先日、ようやくOne SLを追加購入。
早速ステレオのセッティングをしてみたところ、音に広がりが出て幸福感がアップしました。

そこでこの記事では、SONOS One SLのステレオのセットアップと、音質についてのレビューをします。

SPONSORED

SONOS One SLをもう一台買って、ステレオにしてみた

やり方はとても簡単です。

すべて、SONOS専用のアプリでセッティングします。
指示に従ってタップしていくだけで、トータル5分ほどで完了しました。

Sonosコントローラ

Sonosコントローラ

Sonos, Inc.無料posted withアプリーチ

ステレオサウンドの感想

実際にステレオサウンドを体験すると、1台のときに比べ圧倒的に音に広がりがあります。

1台のときは、「あそこから鳴ってるな」とスピーカーの位置を認識できましたが、2台のステレオの場合ははっきりと特定できません。

それだけ音が良い感じに行き渡って、心地よく耳に響いているからですね。
気持ちよさが断然アップします。

低音の貧弱さはそのまま

かといって、低音の貧弱さは改善されず…。

これはスピーカーの構造そのものの問題なので、いたしかたなしですね。
厚みある低音を楽しみたければ、SONOSのウーファーを増設してください、ということなんでしょう。

操作は1台のときと同じ

少し心配していたのは、One SLの操作です。
「2台になることで、操作が複雑になったら面倒だな…」と思っていたんです。

でもそんな心配は、まったくの不要でした。

操作は1台持っているときと同じ。
再生停止、音量の上下や曲のスキップなど、どちらかのスピーカーを操作すれば両方が同時に反応します。

つまりどちらかのスピーカーを再生すれば、もう片方も鳴り出すし、音量を上げれば両方同時にアップします。

快適以外、言葉がありません。

セッティング方法

ではここから、画面キャプチャを元にセッティング方法をご紹介します。

新しいスピーカーの特定

SONOSのアプリをタップして、設定 → システムをタップします。

SONOS One SL ステレオ

システムの画面で、「製品を追加する」をタップ。

SONOS One SL

次の画面で、位置情報の許可を求められます。
ぼくは、「Appの使用中は許可」をタップしました。

SONOS One SL

新しくペアリングするSONOSの電源を入れます。
「続ける」をタップして、次の画面へ。

SONOS One SL

アプリが、ペアリングするSONOSを探し始めます。
自分の場合は、1分弱で発見してくれました。

SONOS One SL

無事、ペアリングするスピーカーを発見。
「この製品を設定する」をタップ。

SONOS One SL

画面の指示に従って、ペアリングするスピーカーの背面ボタンを押します。
ボタンを離すと同時に、チャイムがなりました。

SONOS One SL

これでペアリングするスピーカーが特定できました。
ここからアプリと新しいスピーカーとの接続を開始します。

SONOS One SL

無事、接続が完了です。
画面の指示に従って、ボタンを押していっただけ。
簡単ですね。

SONOS One SL

2つのスピーカーのペアリング

ここからペアリングの設定を始めます。
今回は既存のスピーカーとペアリングしてステレオにしたいため、「既存の部屋にある左右ステレオ ペア」をタップ。

SONOS One SL

ステレオにする場合は、2つのスピーカーが同じ部屋にないと成立しませんね。
次の画面で、念押しの確認がされます。
一番下の「続ける」をタップ。

SONOS One SL

複数台のSONOSを別々の部屋に設置している場合は、使っている場所を同じにして、アプリ上でも選択します。
ぼくはリビングでしか使用していないため、選択の余地なしです。

SONOS One SL

次の画面で、スピーカーのアップデートが始まりました。

おそらくペアリングするには、2つのスピーカーのバージョンを合わせる必要があるのでしょう。
新しい方のOne SLをアップデートしているのだと思います。

アップデートに、3分ほど掛かりました。

SONOS One SL

アップデートが終わったら、スピーカーの左右を設定します。
左のスピーカーの背面ボタンを押します(右は何もしません)。

SONOS One SL

これで左右の位置も認識され、スピーカーがペアになりました。

さらにスピーカーを増設する場合は、「別の製品を追加する」をタップします。
ぼくはステレオにしただけなので、「今はしない」を押して終了しました。

SONOS One SL

音量の調整

SONOS One SL

ペアリングが終わったあとに、「トゥループレイ調整」を行なうことができます。

ステレオが効果的に楽しめるように、部屋の構造に合わせ音量などをセッティングしてくれる機能です。

といっても難しいことは何もなく、スピーカーから音が鳴っている間、スマホを持って部屋の中を歩き回るだけで完了します。
その間、約1分です。

おそらく、壁の反響音をスマホのマイクで拾って情報取得しているのだと思います。
設定後も製品の使用頻度に応じて、音質が向上していくそうです。
楽しみですね。

ステレオサウンドで、家時間を快適に

ということで、SONOS One SLをステレオにしてみた感想でした。

1台でも音楽を楽しむ分には、まったく問題ないです。
ただもう1台増やしてステレオにすると、倍以上の幸福感を感じられました。

さすがにウーファーにまでは手を出しませんが(たぶん)、これで家での作業が快適になりました。

SPONSORED

Hasselblad 500C/Mで、写真を撮っています。