Sonos Five レビュー【最上位機種をペアリングでステレオに】

スピーカー

アメリカのスピーカーメーカー・Sonosの最上位機種・Sonos Fiveを2台購入しました。

Wi-Fiでワイヤレス接続し、ステレオサウンドで使用しています。Sonosの最上位だけあり、音に厚みと広がりがありとても満足です。

そこでこの記事では、Sonos Fiveのレビューを紹介します。

スポンサーリンク

Sonos One SLからSonos Fiveへチェンジ

それまではエントリー機のSonos One SLを2台を持っていました。それをまるっとSonos Five2台に入れ替えた形です

Sonos One SLをステレオにしたときの感想は、以下の記事にまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> SONOS One SL×2台でステレオ化【圧倒的な音の広がり】

Sonos Fiveのスペックは、以下の通りです。

Sonos Five
価格79,800円
サイズ高さ:203 mm
幅:364 mm
奥行き:154 mm
重量6.36 kg
接続Wi-Fi
バッテリー駆動不対応
Apple AirPlay 2対応
音声不対応
ツイーター3
ミッドウーファー3
防塵・防水不対応
ブラック
ホワイト
Sonos Fiveのスペック

Sonos Fiveを購入した理由

Sonos One SLでも十分に満足していましたが、入れ替えた理由は主に以下2つです。

  1. 部屋の印象を変えたかった
  2. 最上位機種を使ってみたかった

理由1. 部屋の印象を変えたかった

Sonos One SLは、結構小さめのスピーカーです。音には満足していたものの、スピーカーとしての存在感は今ひとつ。

その点、Sonos Fiveは最上位機種だけあり、それなりに大きく重厚感があります

Sonos One SL2台からSonos Five2台に入れ替えてみたところ、部屋の印象がワンランク上がりましたね。部屋に友人を招くと、「このスピーカー良いね」と聞かれます。

理由2. 最上位機種を使ってみたかった

Sonos One SLは良いスピーカーではありますが、Sonosではエントリー機の位置づけ。やはり使っていると、上位機種の存在が気になります

「モヤモヤした気持ちでOne SLを使うより、いっそのこと最上位のFiveにかえてしまおう」そんな気分的な理由もありました。

Sonos Five レビュー【最上位機種をペアリングでステレオに】

ではここから、開封レビューしていきます。Sonos Fiveは外箱にもこだわりがあり、楽しみながら開封できました。

まずは外箱を真上から撮影。箱の開け方が、イラストで描いてあります。

外箱を真上から撮影
外箱を真上から撮影
箱の開け方がイラストで描いてある
箱の開け方がイラストで描いてある

外箱の両側面にロックがあり、スライドすると外れる仕組みです。

外箱の側面のロックを解除する
外箱の側面のロックを解除する

箱を開けると、白い布に包まれたスピーカーがお目見えします。

白い布で包まれたSonos Five
白い布で包まれたSonos Five

スピーカーを取り出すと、電源ケーブルと取扱説明書の入った箱があります。

電源ケーブルと取扱説明書の入った箱
電源ケーブルと取扱説明書の入った箱

付属品は電源ケーブルと、設定するための簡単なマニュアルのみ。

Fiveの付属品
Sonos Fiveの付属品

スピーカーを布から取り出しました。ボディはプラスティック製、メッシュは金属加工です。

サイズは、高さ:203 mm、幅:364 mm、奥行き:154 mm。

サイズは、高さ:203 mm、幅:364 mm、奥行き:154 mm
サイズは、高さ:203 mm、幅:364 mm、奥行き:154 mm

Sonosのロゴがワンポイントで入っています。

表面にSonosのロゴが入っている
表面にSonosのロゴが入っている

真上から見ると、表面が扇状になっているのがわかります。横置きした際の上部に、再生・停止ボタン・音量ボタンがあります。

表面が扇状になっている
表面が扇状になっている

裏面には電源ケーブルとLANケーブルの差込口、35mmイヤホンジャック、接続ボタンがあります。

LANケーブルがなくとも、Wi-Fiでセッティングが可能です。

裏面に電源ケーブルの差込口などがある
裏面に電源ケーブルの差込口などがある

Sonos One SLと並べてみました。体積にして3倍以上の差があります。

Sonos FiveとSonos One SLの大きさ比較
Sonos FiveとSonos One SLの大きさ比較

SonosスピーカーのWi-Fi設定がうまくいかないときの対処法

開封後に早速セッティングしましたが、すんなりいきませんでした

接続はスマホのSonosアプリを使って行ないます。

Sonos

Sonos

Sonos, Inc.無料posted withアプリーチ

「設定」→「システム」→「製品を追加する」と進むとSonos Fiveをすぐに見つけたものの、Wi-Fi接続するとエラーが出てしまいます。

何度かやっても改善しなかったので、以下の3つを実行したところうまくいきました。

  • ルーターの電源を入れ直す
  • Sonos Fiveの電源を抜き、10秒ほどおいて入れ直す
  • スマホを再起動する

これらのどれが良かったかは、わかりません。SonosのスピーカーをWi-Fiにつなげられない場合、いずれかを試してみてください。

ステレオペアをしてセッティング完了

1台目がつながると、2台目はすんなりWi-Fi接続が完了。2台をステレオペアに設定し、セッティング完了となりました。

両方のスピーカーをWi-Fiにつなげば、アプリで簡単にステレオ設定できる
両方のスピーカーをWi-Fiにつなげば、アプリで簡単にステレオ設定できる
2台のスピーカーが、左右でセッティングされた
2台のスピーカーが、左右でセッティングされた

Sonos Fiveは1台でもステレオサウンドを楽しめる

Sonos Fiveの特徴のひとつは、台数によって横置きと縦置きにできることです。

Sonos Five2台持ちなら、両方を縦置きにしてステレオペアで使用します。1台だけの場合は、横置きにすることでステレオサウンドを楽しめます

そこで両方の音の違いを比べてみました。

横置きで1台のステレオスピーカーに

Fiveが1台の場合は、横置きで使うのが適しています。

横向きにすると内部のウーファーとツイーターがステレオになります。イメージ的には、CDラジカセに近いですね。

実際に1台の横置きで試してみたら、それだけで十分良いサウンドが部屋に響きました。

Sonos Five1台とSonos One SL2台で、満足感の高いのはどちらか

試しに横置きのSonos Five1台と、ステレオペアにしたSonos One SL2台の音の違いを比べてみました。

さすがに1台では2台のステレオに勝てなかったです。以下の記事に詳しく書いています。

>> Sonos Five×1台とOne SL×2台の音質・満足度の比較

2台を縦置きして左右のステレオに

2台のFiveを縦置きすると、左右のステレオスピーカーになります

ソファなど特定の場所で聞く場合、そこを頂点に左右のスピーカーと二等辺三角形を作ると、音が一点に集中して伝わり満足度が高くなります。

縦置き2台にしてみての感想

実際にステレオペアにしたSonos Five2台とソファで二等辺三角形を作り、音楽を聴いてみました。

やや低音が強調気味ですが、左右のスピーカーが遅延なく一体となりバランスよく鳴ります。ボーカルもクリアで、高音の楽器の小さな音色も明確に聞こえますね。

音の響きと広がり方が、ホールで聴いているようなしっとりしたイメージです。

ロックなど激しめの音をガンガン鳴らすより、ゆったりした曲を楽しむのに適しています。

まとめ

以上、Sonos Five2台をステレオペアにしたレビューでした。

Sonosはどのスピーカーも単体で楽しめますが、やはり2台のステレオにすると音の体験が変わります。

特にSonos Fiveは最上位機種というバイアスもあってか、「良い音に包まれている」と実感しました。

ただSonos Fiveを購入して満足なものの、「One SLと比べて、そこまで違いはあるのか」と疑問も出てきます。

以下の記事で、Sonos Five2台とSonos One SL2台との聴き比べをしてみました。

>> Sonos Five×2台とOne SL×2台の音質比較【価格差8万円】

Sonosスピーカーの全ラインナップの解説を、以下の記事にまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> 【ワイヤレススピーカーSonos】全ラインナップの9つを解説

タイトルとURLをコピーしました