PR

Sonos Fiveのライン入力でレコードプレーヤーを再生してみた

Sonos

ワイヤレススピーカーのSonos Fiveは、音楽のストリーミング再生ができます。

それだけでなく35mmイヤホンジャックを使って、CDプレーヤーやレコードプレーヤーも出力可能です。

この記事では、Sonos Fiveとレコードプレーヤーの接続方法と使ってみた感想を紹介します。

スポンサーリンク

Sonos Fiveのライン入力でレコードを再生

Sonos Fiveでレコードを聴くには、以下が必要です。

  • レコードプレーヤー(ターンテーブル)
  • フォノイコライザー(必要な場合)
  • 3.5mmケーブル

フォノイコライザーは、レコードプレーヤーに内蔵されていれば不要です。

ちなみにぼくが購入したのは、フォノイコライザー内蔵のターンテーブル・オーディオテクニカAT-LP60X DGMです。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥12,309 (2024/06/15 07:15:59時点 Amazon調べ-詳細)

レコードプレーヤーの接続方法

Sonos Fiveとレコードプレーヤーの接続はいたって簡単です。Sonos Fiveの背面に、3.5mmケーブルジャックがあります。

真ん中下の丸い小さな穴が、3.5mmジャック
真ん中下の丸い小さな穴が、3.5mmジャック

ここに3.5mmジャックを差し込み、もう片方をレコードプレーヤーのライン入力ジャックへ差し込むだけ。

レコードプレーヤーに3.5mmジャックがなければ、RCA 3.5mm変換ケーブルを使用します。

フォノイコライザーが必要な場合は、レコードプレーヤーとスピーカーの間につないでください。

出力の方法

接続後にプレーヤーのスタートボタンを押しても、そのままではスピーカーから音は出ません。Sonosの設定をレコードプレーヤーにする必要があります。

やり方は、以下の手順の通り。

  1. Sonosアプリを起動し、画面下の「♫」をタップ
  2. 「参照」の「ラインイン」をタップ
  3. ケーブルで繋いでいれば、ここに外部入力とスピーカーの名前が出る
  4. 外部入力とスピーカーの名前をタップ
Sonosアプリの下の音符マークをタップし、ラインインをタップ
Sonosアプリの下の音符マークをタップし、ラインインをタップ
外部のプレーヤーとスピーカーとの接続名をタップする
外部のプレーヤーとスピーカーとの接続名をタップする

音質も良くて満足

2台のSonos Fiveをステレオペアで使っている場合、片方のスピーカーにレコードプレーヤーを接続するだけで、両方のスピーカーからステレオ再生されます。

ステレオペアにするとWi-Fi接続でデジタルに変換されるため、アナログ音質とはなりません。

とはいえ、ストリーミングで聴くより明らかに音質が変わります。レコード特有の丸みと厚みのある音を味わえます。

ストリーミングとレコードの両方を楽しみたい人は、Sonos Fiveは良い選択になると思います。

Sonos Fiveの詳しいレビュー

Sonos Fiveの詳しいレビューは、以下に詳しくまとめています。

Sonosの最上位機種で、ホール会場にいるような響きのあるサウンドが特徴です。

>> Sonos Five レビュー【最上位機種をペアリングでステレオに】

まとめ

以上、Sonos Fiveでのレコードプレーヤーの再生方法の紹介でした。

35mmイヤホンケーブルをつなぐだけで、簡単にレコードの音を鳴らせます。音量調節はスマホアプリからできるので簡単です。

Sonos Fiveを持っているひとは、レコードも楽しんでみてください。

created by Rinker
Sonos(ソノス)
¥53,709 (2024/06/15 01:09:53時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました