Kindle Unlimitedは入るべきか。最大のメリットは、躊躇なく流し読みできること

Kindle Unlimitedって、どんなメリットがあるの?」。

本好きなら、このサービスに一度は興味を持つと思います。
でも入会したはいいが、今ひとつ良いサービスに思えず退会する人もいると思います。

そこでこの記事では、Kindle Unlimitedの効果的な使い方を解説します。
ポイントは、「図書館や書店で立ち読みするように、どんどん流し読みする」です。

SPONSORED

Kindle Unlimitedは入るべきか。最大のメリットは、躊躇なく流し読みできること

Kindle Unlimited

そもそもKindle Unlimitedとは何かというと、Amazonの指定する電子書籍が月額980円で読み放題になるサービスです。

本の数は公称で、和書12万冊以上(洋書120万冊以上)。
凄まじく便利なサービスに思えますが、使いこなせなくて退会する人もいます。

実は、ぼくもその一人でした(その後入り直して、今にいたります)。

本を吟味すると、980円がプレッシャーになる

なぜ退会してしまうかと言えば、その大きな理由の一つが「読みたい本が見つからない」ではないかなと思います。

Kindle Unlimitedは、新刊が揃っているわけではありません。
古い本も、すべてがすべてあるわけではない。
となると、いざ読みたい本をリストから探してみても、なかなか時間を取ってまで読もうというものが見つからず…。
そのうち月額980円がプレッシャーになってきて、やめてしまうというわけです。

辞める人は、使い方が間違っている

でも使いこなせないまま辞める人は、使い方が間違っていると感じます。

自分がそうだったから思うのですが、Kindle Unlimitedは「一冊を精読する読書のやり方」には向いていないんですね。

本を買ったら、精読して読み通すのが当たり前と思っている

通常、本を読むときは、電子書籍にせよリアルな本にせよ、それなりに吟味して選ぶと思います。
なぜかと言えば、時間とお金を投入するからです。
そして買ったからには、きちんと最後まで読み通したいと思います。
それが当たり前とすら思いますよね。

ではここで質問です。
もし本がすべて無料だとしたら、そんなふうに吟味したうえで精読するでしょうか。

読み放題は、立ち読みのように次々に本を手に取るのが良い

例えば、図書館や本屋での立ち読みを思い出してみてください。
図書館の利用や書店での立ち読みには、金銭が発生しません。

そのため多くの人が、パラパラと見ては別の本を取り、またパラパラ見ては別の本を取る、そんな動作を繰り返していると思います。
Kindle Unlimitedは、まさにそういう読み方に適しています。

なぜなら月額980円払えば、追加料金なしでそこにあるすべての本を読めるからです。

読み放題のメリットとは

読み放題のメリットを考えてみましょう。
それは定額料金を払えば、制限がなくなることです。

つまり読めば読むほどお得になります。
一冊ずつ精読するなんてもったいない、ほんのちょっとでも興味ある本があればパラパラ流し読みして、10分くらいで別の本へ移ればいいのです。

これこそ読み放題サービスを効果的に使う方法です。

本に対しての固定観念が、読み放題の邪魔をする

ぼくたちは、なぜか本に対して固定観念を持っています。
「本は頭から精読して、最後まで読み切るのが当然」と思ってしまうんです。

この考えはおそらく、一冊に掛かるコストにあるのだと思います。
新書なら800円前後、単行本なら1,000円〜2,000円ほど掛かります。
それだけコストを掛けたのに、パラパラと10分やそこらで流し読みしてしまっては、単純にもったいないと感じるんですね。

読めば読むほどお得に

でも繰り返しになりますが、読み放題でそのやり方は効果的ではありません。
何しろ、読めば読むほど得になるのですから。

「読めば読むほど、一冊あたりの単価が安くなる」それが定額料金の利点です。

ちなみに自分はそんな調子で、一日に3冊から5冊くらいパラパラと流し読みをします。
月額980円ですから、一冊あたりの単価は10円以下だと思います。

どうでしょう。
一冊をじっくり読むより、どんどん斜め読みしたほうがお得だと思えてきませんか。

本もウェブページと同じ

考えてみると、ぼくたちはこうした斜め読みを習慣にしているものがあります。
それはウェブページです。

このブログ自体も、そんなにきちんと読んでいるひとはいないと思います。
見出しを拾いながら、流し読みしていませんか。

なぜウェブページは流し読みされるかと言えば、理由はただひとつ、無料だからです。
それほどぼくたちは、金銭を出すか出さないかに敏感なんです。

精読はただの機会損失

一冊ずつコストの掛かる書籍は、流し読みに抵抗のあるのは当然のことです。

でもKindle Unlimitedは月額980円と固定だから、ウェブページと同じように、流し読みしてたくさん読んでいくのが良いです。
ウェブページは次から次へと読むのに本という体裁になった途端、「読み始めたからには、最後まできちんと精読しなくては」となってしまうのは、単純に機会損失なんです。

流し読みで、十分に内容はわかる

本の流し読みに抵抗ある人は、一定数いると思います。
抵抗ある人の持つ疑問の多くが、「精読しないと、内容が頭に入らないのでは」かと思います。

これはむしろ反対で、本は流し読みのほうが内容をつかめます。

もちろん小説や随筆など、文体そのものを味わうものは別ですが、ビジネス書や自己啓発系の本は流し読みで十分です。

試しに本屋へ行って、適当なビジネス書の「タイトル・見出し・太字」のみ拾い、10分程度で読んでみてください。
その直後、「この本の言いたいことは何か?」と自分に問いかけると、すんなり答えが出てくると思います。

骨子だけで本のメッセージはつかめる

本は、売るために体裁を整える必要があります。
どんなに良いことが書いてあっても、1,000円出して10ページしかない本なら、コスパが悪いと感じますよね。
そのためひとつのメッセージを、10万字もの文字量に膨らませているわけです。

その本の言いたいことは、タイトルや見出し、太字に凝縮されています。

残りは骨子ではなく枝葉なので、読み飛ばしても十分内容をつかめます。
むしろ短時間でエッセンスだけ読んだほうが、本のメッセージ(言いたいこと・主張)をつかみやすいと思います。

どんどん本を読むと、知りたい意欲がとめどなく出てくる

流し読みの利点は、「速く読める」「内容がつかみやすい」の他にもあります。
それは、「知的好奇心が湧き出てくる」です。
一つの本のインスピレーションから、別の知識への欲求が出てくるんです。

もちろん精読していてもインスピレーションは出てきますが、「これを最後まで読み終わってから、次を読もう」としてしまうと、精読中にモチベーションが枯れてしまいます。

その点、流し読みで10分〜15分程度で読み終われば、高い欲求のまま次の本へスイスイと移れます。

読書の目的は、知識の吸収

一冊ずつの精読だと、おそらく達成感は高いと思います。
でも本を読むそもそもの目的は、知識の吸収のはずです。

達成感を目的に時間を掛けて読んでいては、手段が目的化してしまっているように思えます。

手段を目的化してはいけない

話はそれますが、たまに「年間100冊読む」みたいに冊数を目標にしている人を見かけます。
特にKindle Unlimitedのような読み放題では、冊数を目標にするのはおすすめしません。

なぜなら「最後まで読み終わって、読了数のカウントに加える」が目的になってしまうので、つまらない本でも途中でやめることができにくいんですね。

もし読書の目標を立てるなら、「毎日30分、読書する」のように時間にしたほうが良いと思います。
これなら冊数にこだわることがなくなり、本来の知識の吸収を目的に読書ができます。

Kindle専用の読書リーダーが快適

Kindle Unlimitedを利用するなら、専用端末のKindleを使うと快適度が増します。
Kindle端末の比較記事は、以下になります。
参考にしてみてください。

読み放題だからできる、効果的な読み方

この記事では、定額読み放題サービスKindle Unlimitedの有効な使い方を書いてきました。

ポイントをまとめると、

・どんどん流し読みする
・つまらなかったら、すぐ次の本へ行く
・本からインスピレーションを得て、知的好奇心を広げて満たす

になります。

Kindle Unlimitedの利点は、「買ったからには、最後まで精読しないと」といった考え(サンクコストと呼んだりします)から自由になれる点です。
新規会員登録は30日間無料体験もあるので、一度試してみましょう。

SPONSORED

Hasselblad 500C/Mで、写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。