SONOS One SLのレビュー。未来を感じる、低価格・良音質スピーカー

Sonos One SL

ワイヤレス・スピーカー、SONOS One SLを購入しました。

なかなか、満足度の高い製品でした。
使ってみた印象をレビューします。

SPONSORED

SONOS One SLのレビュー。未来を感じる、低価格・良音質スピーカー

そもそもですが、SONOSというメーカーを知らない人がいるかもしれません。

SONOSはアメリカの会社で、創業は2002年とわりと最近です。
現在、6種類のスピーカーを販売しており、それらがごく簡単な操作で連携できるのが一番の特徴です。

Wi-Fi経由でスマホからの接続を前提としていて、鳴らす音源はSpotifyやAmazonミュージックなど、ストリーミングサービスのほとんどを網羅しています。

Apple AirPlay2を使えば、Apple Musicも利用可能。

企業の思想としては、「何が何でも良い音を作る」という職人気質的な感じではなく、「スマホやタブレット、パソコンなどがある環境で、いかに快適にストレスなく音楽を調和させるか」といった部分に力点があります。

車メーカーに例えるなら、BoseやJBLが昔ながらのガソリン自動車から電気自動車へ徐々に移行しているトヨタ。

一方SONOSは、最初から先端ITを使って電気自動車を作っているテスラです。

他のスピーカーメーカーとは、企業理念の出発点そのものが違うのです。

OneとOne SLの違い

ちなみにSONOSには、エントリーモデルとしてOneとOne SLの2種類があります。

2つの違いは、ボイスコントロール機能がついているかどうかです。

Oneは、Amazon Alexaを搭載しています。
声を使ってアーティストや曲、アルバム、プレイリスト、ポッドキャスト、ラジオ局のリクエストが可能。

一方、One SLはAmazon Alexaが非搭載です。
その代わり、お値段が多少安くなります。

ぼくは「ボイスコントロールは、使わないかな」と思ってOne SLを選択しました。

開封レビュー

SONOS One SL

箱の上部には、SONOSのロゴ。
側面に、製品の画像と製品名が記載されています。

SONOS One SL

開封すると、まずは取説がありました。
Welcome. Let’s get started.

SONOS One SL

取説は二種類。
各国言語で書かれた注意書きと、クイックスタートガイドです。

SONOS One SL

スタートガイドはごくシンプル。
「セットアップはアプリからやってね」という感じです。

SONOS One SL

本体を取り出しました。
箱の底に、ケーブルがありました。
こちらはSONOS専用のコネクタとなっています。

本体は白い布で包まれていて、高級感がありました。
こういった演出は、大切ですね。
テンションが上がります。

Sonos One SL

物理的なボタンは、背面の見えない部分にあるだけです。
余計な装飾がなく、とても美しい形状です。

上部とメッシュ部分は、金属を使っています。
底面はシリコンのようでした。
全体的に高級感があります。

見た目の割りに重量がある

One SLは、高さが約16センチ、幅と奥行が約12センチと、それほど大きくありません。
それでも重量は1.85キロとずっしり。

これは音質(特に低音)を安定させるため、あえて重量を出しているんでしょう。

ぼくはこれまでBoseのSoundLink Color Bluetooth® speaker IIを使っていました。
この製品も小型のわりに、がんばって音を出していました。

ただやはりサイズなりに音質は貧弱で、今回買い換えたのは「もうちょっと良い音の手頃なスピーカーはないかな」と考えたからです。

SONOS One SLは、その期待に応えるものでした。

スマホから簡単セットアップ

Sonos One SL

One SLを開封して、早速、セットアップ。

専用アプリを使って指示通りに自宅Wi-Fiへつなげば、同じWi-Fiネットワークにあるスマホからの操作が可能となります。

Sonosコントローラ

Sonosコントローラ

Sonos, Inc.無料posted withアプリーチ

アプリからも、本体でも簡単に操作できる

SONOSは専用のアプリがあります。

再生や停止、スキップなど、そのアプリから操作が可能。
Spotifyなどストリーミングサービスのアプリからも、通常の音楽再生と同じように操作できます。

AppleのAirPlay2に対応しているのも、嬉しいポイント。
iPhoneやiPadを利用して、iTunesやYouTube MUSICの音楽を流せます。

もちろんSONOS本体でも再生・停止・スキップ・音量調節と、最低限のことは行なえます。

Sonos One SL

・再生停止は、中央のボタンから
・音量アップは、右端のボタン
・音量ダウンは、左端のボタン

ここまでは問題ありません。
でもボタンが3つしかないため、「スキップはどうやるんだろう?」と戸惑うかもしれません。

なんてことはない、左端のボタンから右端のボタンへ指でスライドすると、スキップになります。
一曲戻るには、右から左と反対にスライドです。

シンプルなボタン配列だけに、操作も簡単です。

肝心の音質は?

簡単操作でセットアップしたあと、音の違いを比べるため、まずはBoseのSoundLink Color Bluetooth® speaker IIを鳴らしてみます。
まあ聴き慣れているいつもの音です。

かたやOne SLは、どうか。
聴いてすぐに違いを実感しました。
音の次元が2ランクくらい上がった感じがします。

一番感じたのは、音質がクリアだったことです。
高温がしっかり出ている印象。


全方位型の形状をしているため、音に広がりもあります。
これまでより耳が喜んでいるのがわかりましたね。

かたや低音はそれなりといったところでしょうか。
低音重視の方は、ひょっとして物足りないかもしれません。

増設することで、システムが充実していく

といっても税込23,980円のスピーカーですから、過剰の期待は禁物でしょう。

2万円以下のスピーカーを買うくらいなら、もう少しがんばってSONOS One SLを買えば幸せになれる、そのくらいの立ち位置です。

ただSONOSの特徴は、同メーカーのスピーカーと連携できることです。

もう1台、Oneもしくは One SLを購入すれば、ステレオサウンドを楽しめます。

迫力を出したければ、サブウーファーのSubがある。
テレビを含めたホームシアターシステムを構築したいなら、サウンドバーのBeamとOne SLを組み合わせて大迫力の音響を作れます。

SONOSは「1台買って終わり」といった従来のスピーカーではなく、買い足して連携を強化するほどに満足度のアップする製品なのです。

もちろん1台でもOKですが、ぼくはもう1台購入して、ステレオを試してみようかなと思っています。

SPONSORED

Hasselblad 500C/Mで、写真を撮っています。