Amazonプライム会員レビュー。配送料無料とプライム・ビデオだけで入るメリットがある

Amazonプライム会員

Amazonプライム会員は、お得です。
配送料とプライム・ビデオだけで、十分に元が取れます。

Amazonを利用している場合、「プライム会員に入るべき?」と迷っているひともいるかと思います。

Amazonプライム会員は、料金を2019年4月から値上げしました。
それまでの年会費3,900円を、4,900円に。
月会費は、400円から500円へ値上げです。

2019年3月まで2019年4月より年間値上額
年会費3,900円4,900円1,000円
月会費400円500円1,200円

年払いの場合、ひと月にかかるコストは408円になります。
値上げは残念でしたが、正直いって、これでもまだ安すぎるくらいお得だと思います。

この記事では、配送料無料とプライムビデオの2点にしぼって、Amazonプライム会員のコスパの良さを解説します。

SPONSORED

Amazonプライム会員レビュー。配送料無料とプライム・ビデオだけで入るメリットがある

会員になると、公式サイトに記載されている様々な特典を受けることができます。

このなかで自分が特に使うのは、配送料無料とプライムビデオだけです。
でも、それだけで十分に元が取れると思っています。
その理由を書いてみます。

一番のメリットは、Amazon発送商品の配送料無料

まず、配送料無料について。
Amazonの商品は、Amazonから発送するものとメーカーや代理店が発送するものに大きく分けられます。

このうちAmazonが発送するものは、プライム会員なら配送料無料になります。
Amazonプライム会員の一番のメリットは、やはりこの配送料無料です。

送料がかかると、即座に買えなくなる

通常会員の場合、配送料は2,000円以上お買い上げから無料です。
2,000円以下は、410円(本州・四国)もしくは、450円(北海道・九州・沖縄・離島)掛かります。

410円は、送料として妥当な値段ではあります。
でも、なるべく送料を払いたくない意識が働くでしょう。
2000円以下のものを買いたいときは、2,000円以上になるまでカートへ商品をためることになります。

2〜3日でたまればいいんですが、通常は2週間くらい掛かるのではないでしょうか。
となると欲しい商品があってもすぐに手に入れられず、結局「近くのお店で買うか」となります。

配送料がネックになり、購入の意思決定まで時間が掛かってしまうんですね。

送料無料なら、意志の力を消耗しない

プライム会員に入ると、こういった配送料の意識がなくなります。

欲しい物のほとんどが配送料無料となるので、「あ、これを買っておかないと」と思った瞬間に買うことができる。
いちいち「2,000円までたまってないから、保留だな…」と意思の力を使う必要がないんですね。

無料になる送料410円は、プライム会員の月にかかるコスト408円と同じくらいです。
つまり月に一度の配送料無料で、元が取れてしまう計算。

意志の力を使わなくて良くなり、時間も取られない。
Amazonを月に一度以上つかうなら、入っておいて損はなくなります。

時間指定・お急ぎ便も自由に使える

配送に関しては、プライム会員に入ると時間指定・お急ぎ便を使えるのもメリットです。
これらは通常会員でも利用できますが、それぞれ配送料のほかに料金が掛かります。

家族と住んでいたり、宅配ボックスがあれば、時間指定の必要はありません。
でも一人暮らしの場合は、家にいる時間が限られてきます。
無料で時間指定を使えれば、利便性が高まります。

もうひとつの大きなメリット、プライムビデオ

動画のストリーミングサービスはたくさんありますが、プライムビデオの利点はコスパの良さ。
他の特典と合わせ、月のコスト408円で利用できてしまいます。

8,000本から、見たいものがみつかる

プライムビデオ

いくら料金が安くても、ラインナップがショボければしょうがありません。

プライムビデオの作品数は8,000本ほど。
Amazon製作のオリジナル作品も数多くありますが、魅力は映画のラインナップです。
少し古いハリウッド作品や邦画、アニメが豊富で、「必ず見たいものがみつかる」と断言してしまって良いと思います。

Ω月に1本の視聴で、元が取れる

かといって、毎日映画を見る人はマレですね。
映画好きなひとでも、おそらく見るのは2週間に1本くらいでしょう。

2週間に1本なら、年間に25本ほどの計算。
非会員で平均標準画質でストリーミングした場合、一本あたりの料金は400円です。
(プライムビデオは、実際にはHDで見られます)

2週に1本、年間25本見れば、これだけで10,000円の価値があります。
プライム会員は年額4,900円ですから、その2年分を回収してしまうのです。

ぼくは、月に1本くらいを見る感じです。
年に12本で、コスト的に4,800円くらいですね。
月1本のプライムビデオだけで、ほぼ年会費分になっています。

デメリットは?

デメリットを上げるなら、今後の料金値上げがありますね。

この記事の冒頭に書いたように、プライム会員の価格は2019年4月からアップしました。

2019年3月まで2019年4月より年間値上額
年会費3,900円4,900円1,000円
月会費400円500円1,200円

まだ年会費4,900円はお安いと思いますが、これが1万円近くになったらどうでしょう。
継続するかどうか、ちょっと微妙なラインですね…。

かといって一度プライム会員の便利さを知ってしまうと、通常会員へ戻る気にはなれません。
つまりこれから徐々に上がっていくであろう会費を、ある程度、許容せざるを得ないんです。

これが心配な部分ではありますね。

入会を続けるかは、今後の値上げ次第。現状では、高コスパなサービス

もちろん特典は、配送料無料とプライムビデオだけではありません。
最初にご紹介したとおり、それらを含んだ15もの特典を受け取ることができます。

自分の記録を調べると、2015年からプライム会員になっていました。
丸5年経って、改めてコスパの高いサービスだと感じています。

この記事が、検討されている方のご参考になれば幸いです。

Amazon公式サイト >> Amazonプライム 30日間無料体験

SPONSORED

Hasselblad 500C/Mで、写真を撮っています。