逃げたくなる難しい仕事の乗り越え方【できる人が任される】

仕事ツール

難しい仕事が来た時、どのように思いますか。

同じ仕事なら、やり慣れた仕事を選びたくなりますよね。何度もやっていることなら失敗のリスクが低く、まあわかりやすくいえば怒られる心配が減ります。

一方、難しい仕事は、やり慣れていない仕事です。

うまくできるかどうか、やってみないとわからない。不安になるし、できれば回避したくなります。

そこでこの記事では、難しい仕事の乗り越え方を解説します。

スポンサーリンク

能力ある人が任される

そもそもの話なのですが…。仕事を頼む方としては、「こいつは能力がある」と思う人にしか仕事を任せません。

これは結構、大切なポイントです。

まずは、以下を抑えてください。ぐっと精神的に楽になります。

仕事が来る = できる能力があると客観的にみなされている

責任を取るのは、仕事の発注者

頼む方としては、能力のない人へは仕事を振らないんですよね。

ぼくも、外部パートナーへ仕事を依頼するのでよくわかります。仕事は、「この人であればできる」と思える人にしかお願いしません。

ミスすれば、依頼した側が責任を取るのです。そのため、できる人にしか頼むことはできません。

新入社員も同じ

「新入社員の場合、まだ経験が浅いから、能力もヘチマもわからないじゃないか」と反論があるかもしれません。

ところがそうでもなくて、新入社員に対しても「新人は、ここまでの仕事ならできる」と上司は予測して頼んでいます。

なぜかというと繰り返しになりますが、結果的に「できませんでした」では、頼んだ方が大変な目に遭うからです。

まずはこの、「難しい仕事をできるだけの、能力があるとみなされている」を前提としてください。

追われるのではなく、向かっていくメンタルで

何でもそうですが、追われると精神的にしんどいです。一方、追いかける側に回ると、精神的に楽です。

鬼ごっこなんかわかりやすいですが、追われている方は恐怖でたまりません。精神的に追い詰められながら、必死で逃げます。

一方、鬼は考えようによっては、こんなに楽な立場はありません。自分を怖がって、周りが逃げてくれるんですから。

追われる側に比べて、追う側はよほど精神的に有利に立てます。

「難しい仕事がきたな、おもしろい!」

そのため、なんでも追われるよりも追いかける姿勢でいきましょう。

「難しい仕事がきた…。嫌だよやったことない仕事は…。逃げたい…」と怯んでしまう気持ちはよくわかります。

でも逃げてしまうと、もっと精神的に追い詰められてしまいます。

それよりも「ほほお、難しい仕事がきたな。おもしろい。できると思われているから、任されたに違いないからな!」と、漫画の主人公になったように追いかける姿勢でいきましょう。

逃げたくなる難しい仕事の乗り越え方

前半部分を読んだあなたは、完全にメンタルが切り替わっています。

ではここから、具体的な乗り越え方を解説します。

仕事とは、小さな作業の集まりである

そもそもですが、仕事って何だと思いますか?「お金を稼ぐため」とか「自己実現」とか、人によって色んな答えがあると思います。

そういった抽象的な話ではなく、もっと具体的な話をすると、仕事とは以下です。

仕事とは、小さな作業の集合体である

どんな仕事も分解が可能

それが数億のプロジェクトであっても、コンビニのレジ打ちであっても、仕事は小さな作業に分解が可能です。

「難しい仕事」と感じる理由は、経験したことがなくてイメージできないからです。

だったらイメージできるくらいに、作業を細かくしてから取り掛かりましょう。

流れを書いて、作業を小さく分解

まずは、仕事のゴールまでのロードマップを書きます。マラソンも100メートル走も、ゴール地点がわからないと走れません。

目的地を書いて、そこへたどり着くまでの仕事の流れを逆算でざっくりと書きます。

作業をこれでもかと細かく分ける

ゴールまでの仕事の流れを紙に書いたら、まず最初に取り掛かる部分を、「これでもか」というくらい細かい作業に分けます。

例えば「最初はウェブで調査が必要」と思ったら、以下のように作業を分解して、実際にタスクリストに書きましょう。

  • パソコンを開く
  • ブラウザを起動
  • 検索ワードを入力する

書き出すと、必要なタスクが見えてくる

実際にタスクに書き出すと、「あれ、検索するにも、範囲が広くて絞りきれないな」と思うかもしれません。

だったら、以下の作業をタスクリストに加えます。

  • 検索候補をすべて書き出す
  • そこから特に重要なものをピックアップする

こうして新しいタスクを書いていたら、「前任の先輩に、仕事に必要なものを聞いたほうが早いんじゃないか」と思いついたとします。

だったら、新たにタスクを追加します。

  • 前任者が誰だったか調べる
  • 前任者に相談のアポを取る
  • 相談するときの質問を書き出す
  • 仕事の進め方のアドバイスを聞く

ひとつでもやることを書いてみると、必要なことがより具体的に明確に出てきます。

頭で考えていても、言葉があちこちにいってまとまらず、不安になるだけです。

タスクをやる順番に並べて、あとは実行するのみ

ここまで考えたら、初動のタスクを以下のように整理します。

  1. 前任者が誰だったか調べる
  2. 前任者に相談のアポを取る
  3. 相談するときの質問を書き出す
  4. 仕事の進め方のアドバイスを聞く
  5. 検索候補をすべて書き出す
  6. そこから特に重要なものをピックアップする
  7. パソコンを開く
  8. ブラウザを起動
  9. 検索ワードを入力する

こうしてタスクの順序を書いてみると、「なんだ思ったほど大変じゃないな…」と思えてきます。

小さい作業のひとつひとつは、ぜんぜん大したことありません。「難易度が高い」「難しい」と感じるのは、具体的に何をやればいいのか、イメージがつかないからなのです。

終わったらチェックを入れて、達成感をもって進める

順番がわかったら、あとは実行していきます。

タスクリストを見ながら、終わったものからチェックして消していきます。

作業を細かくすると、どんどんチェックして消していけるはずです。すると仕事の達成感が出て、やる気を持続できます。

小さなタスクを作って消すを繰り返す

こうして、以下の1〜4の繰り返しで、どんな難しい仕事でも必ず終わります。

  1. 作業の細分化
  2. やる順番に並び替え
  3. 実行
  4. チェックしてタスクを消す

まとめ

以上、難易度の高い仕事の乗り越え方の解説でした。

ポイントは以下です。

  • 「能力があるから任された」と自信を持つ
  • 追われるのではなく、向かっていくメンタルで
  • ゴールから逆算して、仕事の流れを書く
  • 作業を細かく分ける
  • 作業の順序を書いて、消し込みながら実行する

難しい仕事であっても、どのみち人間は一度にひとつしか行動できません。

作業を細かく分けて、ひとつひとつを実行していきましょう。

created by Rinker
¥825 (2023/02/09 00:28:39時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました