PR

final・E3000レビュー【5,000円以下のおすすめ有線イヤホン】

その他イヤホン

イヤホンはピンキリの世界です。コンビニで1,000円で買えるものもあれば、10万円を越えるものもあります。

お金を出せば高級イヤホンを買えるものの、「安くて良い音」であればそれに越したことはないです。

この記事では5,000円以下で買える有線イヤホン、final・E3000をレビューします。

スポンサーリンク

final・E3000レビュー【5,000円以下のおすすめ有線イヤホン】

finalと聞いても、知らない人がいるかもしれません。

final日本の会社です。販売だけでなく製造も日本の自社工場で行っています。

2017年5月よりエントリーモデルとして、E2000とE3000の製造・販売を開始。

Amazonではどちらも1,000近くのレビューが付き、星4以上を獲得している人気製品となっています。

E2000とE3000の違い

E2000E3000は、どちらも小売価格が5,000円以下。E3000のほうが、1,000円ほど高めの設定です。

両モデルの違いは、ボディの材質です。E2000はアルミニウム製で、E3000はステンレス製。

音質の一般的な評価は、E2000はボーカル強調でメリハリのある感じ。E3000はバランスの取れた、しっとりした音質とされています。

E2000とE3000の違い

ちなみにE3000には、派生モデルのE3000Cがあります。E3000Cにはケーブルにマイクとコントローラーが付いています。

そのためE3000Cの方が、1,000円ほど価格が高いです(それでも5,000円以内に収まっています)。

final・E3000の開封レビュー

ではここから、写真を交えてE3000の開封レビューします。

E3000のパッケージ
E3000のパッケージ

内容物は、以下です。

  • イヤホン本体
  • スペアのイヤーピースが4組
  • 耳にかけるフック
  • 収納ポーチ
  • 取扱説明書
E3000の内容物

サイズ違いのイヤーピースが、計5セットも入っています。素材は硬めのシリコンです。

イヤホンの軸色が異なっているのが特徴です。

片方をグレー、片方を赤orピンクと不揃いにすることで、イヤホンに着けた状態で左右どちらかを判別できるよう配慮されています。

イヤホンに装着されているものを合わせ、サイズ違いのイヤーピースが5セット付属している
イヤホンに装着されているものを合わせ、サイズ違いのイヤーピースが5セット付属している

持ち運びに役立つ、収納ポーチが付いています。

収納ポーチ
収納ポーチ
イヤホン本体。コードの長さは1.2m
イヤホン本体。コードの長さは1.2m

イヤーピースの先端は、耳道にジャストフィットするように多少、スイングする設計になっています。

本体部分はステンレスの鏡面仕上げ、削り出しです。高級感があります。

ボディにロゴがプリントされているほか、左右を区別する「L」「R」も小さく表示されています。

ごく小さな本体。ドライバーは6.4mm径ダイナミック型
ごく小さな本体。ドライバーは6.4mm径ダイナミック型

背面には開口部があり、低音域の再生帯域を延ばします

本体の背面。全体的に丁寧な作り
本体の背面。全体的に丁寧な作り
コードの先端
柔らかくしなやかなコード

装着は耳の後ろにコードをかける、「シュア掛け」推奨です。それを補助する、プラスチック製のイヤーフックが付属しています。

有線イヤホンはコードが衣服に触れると、ノイズが起こることがあります(ケーブルタッチノイズ)。

イヤーフックにコードを通し耳にかけて使うことで、ケーブルタッチノイズを軽減できます。

着脱可能なイヤーフック。コードを通して、耳の後ろに装着できる

装着の仕方がfinalの公式サイトで解説されています。

final 公式YouTubeチャンネルより

バランス良くナチュラルな音質

E3000の音質は、全体的にマイルドです。低音も高音も強調しすぎず、とてもバランスが良い印象

ブルートゥース・イヤホンは圧縮音源を高音質っぽく鳴らすため、高音や低音を強調した味付けに仕上げています。

それらに比べると派手さがないので、最初は物足りないと感じるかもしれません。

5,000円以下とは思えない音の広がり

ただしばらく経ってくると、「これが5000円以下なの?」と驚きの気持ちが出てきました。

この価格帯とは思えないほど音に広がりがあります

解像感はそれほど感じないものの、高音の鳴り方がとても繊細。

じっくり音楽を楽しむもよし、仕事や勉強など作業しながら使うのに向いています。

まとめ

以上、final・E3000のレビューでした。

驚くほど高音質とはいきませんが、普段遣いのイヤホンとして十分に満足できます。

ワイヤレスイヤホンをメインで使うなら、バッテリー切れ時の予備として、バッグに入れておくと安心できますね。

安価で良質な有線イヤホンを探している人は、候補に入れてみてください。

created by Rinker
ファイナル(final)
¥3,629 (2024/04/21 17:58:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ファイナル(final)
¥4,323 (2024/04/21 17:58:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ファイナル(final)
¥3,102 (2024/04/21 17:58:33時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました