Apple TV+のキャンペーンで一年間の無料体験。解約の方法と実際に見てみた感想

AppleTV+

2019年11月、Apple TV+がいよいよスタート。

コンテンツは、Appleのオリジナルです。
月額600円(税込)で、すべての作品が見放題になります。

このApple TV+に、Appleは一年間無料で楽しめるキャンペーンを実施しています。
参加条件は、以下です。

2019年9月11日以降にAppleまたはApple正規販売店から、新しいiPhone、iPad、iPod touch、Apple TV、Macのいずれかを購入

ひとつ注意事項として、この特典は製品の初期設定から3ヶ月後で消滅します。
対象の製品を購入し、かつApple TV+を体験してみたい人は、早めに登録を済ませましょう。

この記事では、Apple TV+の解約方法と、自分が体験してみた感想をご紹介します。

Apple TV+のキャンペーンの解約方法

無料期間内に解約したい場合は、申込みした一年以内に手続きの必要があります。

おそらくAppleの他のサブスクリプションと同じように、その時期が来ても知らせてはくれないでしょう。

放置すると自動更新で月600円掛かりますので、解約希望の方は忘れずに。
念の為、登録した一年後のカレンダーに、リマインダーを設定しておくと良いでしょうね。

ちなみに無料期間中に解約すると、キャンペーン特典はその時点で失効します。

解約の仕方は、他のサブスクリプションと同じです。

Macの場合

1 App Storeを起動し、サインインします
2 右上の「情報を表示」をクリック
3 「管理」の「管理」をクリック
4 登録しているサブスクリプションの一覧が出ますので、Apple TV+の「編集」をクリック
5 「無料トライアルをキャンセルする」をクリックします

Apple TV+ 解約方法

iPhoneの場合

1 App Storeを起動
2 右上のユーザアイコンをタップ
3 「サブスクリプション」をタップ
4 登録しているサブスクリプションの一覧が出ますので、「Apple TV+ 」をタップ
5 「無料トライアルをキャンセルする」をタップします

Apple TV+ 解約方法

「量より質」の戦略

Apple TV+がスタートした時点で、作品数は8でした。
その少なさが、悪い意味で話題になりましたね。

2020年3月には、スティーブン・スピルバーグ製作『世にも不思議なアメージング・ストーリー』(過去のリメイク版)も公開されました。

一説には、それぞれの物語の一話に掛けている予算が、約16億円とも言われています。
「量より質」で、ユーザーの離脱率を下げる戦略なのでしょう。

一年間無料キャンペーンでユーザーを獲得  →  良質なコンテンツで、有料ユーザーになってもらう

そんな戦略が垣間見えます。

作品を見てみた感想

AppleTV+

ぼくも無料登録を行ない、早速作品を見てみました。
選んだのは、2019年12月6日に公開スタートした『真相 ~Truth Be Told~』です。

ストーリーは、19年前の殺人事件に疑念を持ったジャーナリストが、真相を追求していくといったもの。
全8話を見た感想は、…おもしろかったです!

脚本の質が高く、最後まで引き込まれた

登場人物の少ない割に、関係性が込み入っています。
見るたびに新しい真相がわかります。

でも、混乱なくストーリーを追いかけられました。
脚本の質が高い証拠です。
映像ももちろん素晴らしく、最後まで十分に楽しめました。

この水準のものを月600円で見られるなら、コスパが高いと思います。

他の動画サービス

サブスクリプション型の動画サービスについて、アマゾンプライムビデオとU-NEXTの記事を書いています。

Apple TV+と比較してみてください。

とりあえず登録しておいて、損はなし

ともかく、2019年9月11日以降に対象のアップル製品を購入した方は、とりあえずApple TV+を無料登録して損しません。

何かしらおもしろそうなものがあれば、とりあえず見てみる。
その際には、一年後の登録解除のリマインダーを忘れずに設定しておきましょう。

以上、Apple TV+の解約の仕方と感想の紹介でした。