Evernoteタグの使い方【ノートブックはバインダー・タグは付箋】

仕事ツール

※ 当サイトのリンクには広告が含まれています。

Evernoteは、ノートにタグを付けられます

ノートはノートブックやスタックで整理できますが、タグを使うと分類しやすくなり検索性も高まります。

この記事では、Evernoteのタグの使い方を解説します。

スポンサーリンク

Evernoteタグの付け方

まずは、Evernoteにタグを付ける方法を解説します。

Evernoteのノートにタグを付けるには、ノートの下にある「タグを追加」をクリックします。

「タグを追加」をクリック
「タグを追加」をクリック

単語を入力すると、作成済みのタグが表示されます。

そこから選んでクリックするか、新しくタグを作成する場合は、そのままエンターキーを押せば新規タグとして登録されます。

作成済みのタグが候補として表示される
作成済みのタグが候補として表示される

リストに並んでいるノートを、左メニューのタグ一覧へドラッグしてもタグ付けできます。

左メニューのタグへドラッグしてもタグ付けできる
左メニューのタグへドラッグしてもタグ付けできる

タグは階層化が可能

Evernoteのタグは、階層化が可能です。例えば料理タグのノートが増えてきたら、「料理 > カレー」や「料理 > 和食」など細かく分類できます。

下の階層のタグは、「サブタグ」といいます。

サブタグを作るには階層化したいタグを右クリックし、展開したメニューの「サブタグを『◯◯』に作成…」をクリック。

「サブタグを『◯◯』に作成…」をクリック

ウィンドウが表示されるのでサブタグにする名前を入力し、右下の「作成」をクリックして完了です。

サブタグの名前を入力して、作成する
サブタグの名前を入力して、作成する

ノートにタグ付けするメリット

Evernoteのノートは、スタックでもノートブックでも分類できます。「タグはどういうときに使えば良いのだろう?」と疑問を持つかもしれません。

ノートにタグ付けするメリットは、以下3つあります。

  1. ノートの検索の補助
  2. ノートの細かい分類
  3. ノートブックをまたいで抽出

タグを付けておくと、検索をより効率よく行えます

タグ自体が検索の対象になるし、検索の際にはタグを指定して絞り込むことも可能です。

2. ノートの細かい分類

2つ目の利点は、ノートの細かい分類です。

ノートブック内にノートが増えすぎると、収集がつかなくなります。ノートブックは大きな括りで使い、より細かい分類はタグ付けすると良いです。

ノートブックはバインダー、タグは付箋

ノートブックは、バインダーのような役割です。ノートブックがバインダーであれば、タグはノートに付ける付箋のイメージ。

両方を活用すると、ノートの管理がしやすくなります。

3. ノートブックをまたいで抽出

Evernoteのタグは、ひとつだけでなく複数個つけられます。

ノートを作成したら関連するタグを複数個つけておけば、ノートブックをまたいで抽出できます。Evernoteの利便性がアップしますね。

まとめ

以上、Evernoteのタグの使い方の解説でした。

Evernoteは、ノートブックがカオス化しやすいです。ノートブックは増やさないようにして、こまめにタグを付けて管理していきましょう。

また、ノートブックとスタックを使った整理について、以下の記事にまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> Evernote整理の仕方のコツ【スタックとノートブック活用】

created by Rinker
¥880(2023/09/30 05:59:43時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました