WF-1000XM3レビュー【高音質なノイキャンイヤホン】

WF-1000XM3 イヤホン

2019年7月13日に、SONYのWF-1000XM3が発売されました。左右分離型のブルートゥース・イヤホンで、ノイズキャンセリング性能もついています。

これでメーカー価格19,800円なのは、お手頃といえます。

そこでこの記事では、WF-1000XM3を詳しくレビューします。

スポンサーリンク

WF-1000XM3レビュー【高音質なノイキャンイヤホン】

ノイズキャンセリング・イヤホンを出しているメーカーは多数あります。

そのなかでワイヤレスかつ完全分離型、さらに高音質となると、満足する製品は少なくなります。

SONYのWF-1000XM3は、この「完全分離型・ノイズキャンセリングイヤホン・高音質」を満たしている製品です。

十分な数の付属のイヤーピース

WF-1000XM3にはサイズ違い合わせて、計7セットのイヤーピースが付いています。

種類はハイブリッドイヤーピースロングとトリプルコンフォートイヤーピースの2つです。

サイズ違い合わせて計7種類のイヤーピースが付属している
サイズ違い合わせて計7種類のイヤーピースが付属している

ハイブリッドイヤーピースロング

ハイブリッドイヤーピースロングは、ごく薄いシリコン製のイヤーピースです。耳の穴の接地面が広く、遮音性が高いです。音質やノイズキャンセリングの性能を高めます。

トリプルコンフォートイヤーピース

トリプルコンフォートイヤーピースは、シリコンゴムを採用しています。滑らかな素材で低反発し、耳の形に合わせて変形します。

ハイブリッドイヤーピースロングよりも疲れにくく、また中音域がよく出る印象です。

付属のイヤーピースが合わなければ、サードパーティ製を選択しても良いと思います。以下の記事にWF-1000XM3のおすすめイヤーピースを紹介しています。合わせて参考にしてみてください。

>> WF-1000XM3のおすすめイヤーピース2つ紹介【音質が向上】

トータル24時間、使用可能となる充電ケース

WF-1000XM3には充電を兼ねたケースが付いています。充電ケースを用いれば、トータル24時間のイヤホンの使用が可能です。

10分の充電で90分使用できる、急速充電にも対応しています。飛行機での移動など長時間の使用でも、バッテリー切れの心配はなさそうです。

イヤホンの収まりの良い充電ケース
イヤホンの収まりの良い充電ケース

ケースから出せば、すぐに音楽を聞ける

イヤホンを取り出すには、内側から引き上げるようにします。イヤホンを耳に入れると、ペアリングしているスマホなどに自動的にブルートゥース接続します

WF-1000XM3

両耳のタッチパッドで簡単に操作が可能

WF-1000XM3には、円状のタッチパッドがついています。タッチパッドを指でタップして、「再生・停止・スキップ・通話」などの操作が可能です。

再生・停止・スキップなど、タッチパッドで操作できる
再生・停止・スキップなど、タッチパッドで操作できる

ノイズキャンセリング機能はそれなりに良好

ノイズキャンセリング性能は良好です。ただし高音域のカットは苦手なようです。人の声などはあまりカットされず耳に入ってきます。

特徴は、アダプティブサウンドコントロールがあること。

イヤホンをつけている人が「立っているか、座っているか、歩いているか」など感知して、適したノイズキャンセリングに自動調整してくれます。

ハイレゾ並みの音質にアップスケーリングするDSEE HX

WF-1000XM3には、DSEE HXが搭載されています。DSEE HXとは圧縮された音源をAIで解析し、足りない情報を補って再生するSONY独自の機能です。

DSEE HXをオンにすると解像感が高くなり、よりクリアなサウンドを楽しめます。

素晴らしい機能ではありますがDSEE HXをオンにすると、バッテリーの減るスピードが速くなります。注意が必要です。

まとめ

以上、SONYのWF-1000XM3のレビューでした。

2万円以内の左右分離型ノイキャンイヤホンを探しているなら、WF-1000XM3は候補のひとつになりますね。

他のノイキャンイヤホンと比べると、高音質にアップスケーリングするDSEE HXの存在が大きいです。SONY独特の派手な色付けにはなりますが、解像感は体感でアップします。

左右分離型のノイズキャンセリング・イヤホンを探すとき、候補のひとつにしてみてください。

また後継機のWF-1000XM4のレビューを、以下の記事にまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> WF-1000XM4徹底レビュー【メリット5つとデメリット3つ】

タイトルとURLをコピーしました