WF-1000XM3をより高音質で聴くための5つの方法

イヤホン

SONYのノイズキャンセリングイヤホン・WF-1000XM3は、そのままでも十分に高音質なイヤホンです。

さらに少しだけ工夫すると、より高音質なサウンドを楽しめます。購入以来、色々と試してみて、効果のある方法をいくつか確認しました。

そこでこの記事ではWF-1000XM3を、より高音質で聴く方法を5つ紹介します。

スポンサーリンク

WF-1000XM3をより高音質で聴くための5つの方法

早速、高音質で聴く方法を紹介します。以下の5つです。

  1. イヤーピースをしっかり挿入する
  2. イヤーピースを合ったものにする
  3. 音質優先に設定する
  4. DSEE HXをオートにする
  5. ストリーミングサービスを見直す

ひとつずつ解説します。

1. イヤーピースをしっかり挿入する

あまりに基本的すぎて、ずっこけたらすいません。でも大事なことです。WF-1000XM3で良い音を聴くには、イヤーピースをきちんと耳に挿入しましょう。

フィットさせるには、入れる耳とは逆側の手で耳の上部を持ち上げ耳穴を開き、もう片方の手でねじり込むようにイヤホンを差し込みます。

音質・ノイキャンともにアップする

耳穴に密着させてイヤホンを装着すると、音質・ノイキャンともに向上します。SONYの公式サイトで、入れ方を動画で解説しています。参考にしてみてください。

SONY公式YouTubeチャンネルより

2. イヤーピースを合ったものにする

WF-1000XM3には、イヤーピースが7種類付属しています。イヤーピースの素材や大きさで、イヤホンの音はかなり変わります。

自分の耳にどれが合っているか、ひとつひとつ実際に試してみましょう。

サードパーティ製を試してみる

付属のイヤーピースすべてを試しても、合わない場合もあると思います。そのときはサードパーティ製を検討してみてください

実際、ぼくはイヤーピースをサードパーティ製にかえて、音質が良くなりました。以下にWF-1000XM3のイヤーピースの紹介記事を書いています。合わせて参考にしてみてください。

>> WF-1000XM3のおすすめイヤーピース2つ紹介【音質が向上】

3. 音質優先に設定する

SONYのイヤホンには、専用のアプリがあります。

Sony | Headphones Connect

Sony | Headphones Connect

Sony Home Entertainment & Sound Products Inc.無料posted withアプリーチ

アプリの設定で、「音質優先」か「接続優先」かを選べます(デフォルトは「音質優先」)。この設定を「接続優先」にしているなら、「音質優先」にかえると音質が改善します

音質モードを変える方法は「サウンド」タブをタップし、「音質モード」の「音質優先モード」をタップします。

「音質モード」の「音質優先モード」をタップする
「音質モード」の「音質優先モード」をタップする

4. DSEE HXをオートにする

DSEE HXとは圧縮された音源をAIで解析し、足りない情報を補う機能。DSEE HXをAutoにすることで、ハイレゾ相当まで音質をアップスケーリングできます。

やり方はアプリの「サウンド」タブの、「DSEE HX」を「Auto」にします。ちなみにこの機能を使うと、バッテリーの消費が激しくなります。

「DSEE HX」を「Auto」にする
「DSEE HX」を「Auto」にする

5. ストリーミングサービスを見直す

最後に、WF-1000XM3とは関係ないですが、ストリーミングサービスを高音質にすると音質が向上します

例えばSpotifyを無料版からプレミアムへ変更すると、ビットレートがアップします。またAmazon Music UnlimitedApple Musicは、ハイレゾ相当の音質を体験できます。

ただしコーデックがAACとSBCのみのWF-1000XM3は、聴ける音質に制限があります(「24bit / 48kHz」まで)。それでもCDレベルの高音質サウンドは楽しめます

まとめ

以上、WF-1000XM3を高音質に聴く方法の紹介でした。やり方は以下の5つ。

  1. イヤーピースをしっかり挿入する
  2. イヤーピースを合ったものにする
  3. 音質優先に設定する
  4. DSEE HXをオートにする
  5. ストリーミングサービスを見直す

WF-1000XM3の大きな特徴は音質の良さです。少しの工夫で、より高音質なサウンドを楽しめますよ。試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました