PR

Adobe CCのサブスクで30万円を無駄にした話【料金高い】

仕事ツール

Adobe CCを丸10年、使ってきました。しかし最近になって、「あれ、自分の使い方だともっと安くできるのでは…」と気づきました。

下手するとこれまで30万円近く、Adobeへ無駄に払っていたかもしれません。

この記事では思考停止でAdobe公式のサブスクに登録し続け、お金を無駄にした話を紹介します。

Adobe CCの料金

まずは料金の確認から。Adobe CCの料金は、以下の通りです。

  • 年間プランの月払い 7,780円
  • 年間プランの年払い 86,880円(月換算7,240円)
  • 月々プラン 12,380 円

月々プランは、1万円オーバーと高額です。ほとんどの人が年間プランを月払い、もしくは一括の年払いで利用していると思います。

いずれにしても年間8万円以上掛かるので、決して安くありません。

Adobe Creative Cloudは必要か

はたしてAdobe CCには、それだけ払う価値があるでしょうか。

Adobeソフトのうち4〜5個を日常的に使うのであれば、やはりお得なプランといえます。

ソフトが使い放題になるだけでなく、100GBのクラウドストレージを使えるなど以下のようなメリットがあります。

  • Adobeの20以上のソフトを使用可能
  • ソフトを最新版にアップデートできる
  • 100GBのクラウドストレージを使用可能
  • 20000以上のフォントを使用可能
  • Adobe指定の画像・動画・イラストなど使用可能
  • ドキュメント共有で共同作業を効率化
  • ポートフォリオサイトを簡単に作成
  • 世界中のクリエイターが参加するコミュニティに参加可能

Adobe CCのサブスクは料金が高い

しかし、それにしてもネックは月額料金です。

Adobe CCがスタートしたのは、2012年でした。当初の月払いの料金は税込5,000円。

それが徐々に値上げし、今では月払い7,780円。サービス開始から、実に1.5倍の値上げです。

サブスクなので、Adobe CCは固定費となります。ビジネスする上で、固定費は抑えたいところ。

仕事に必要とはいえ、「今後も毎月、Adobeへ払い続けるのか…」そう考えると気が重くなりますね。

プランスタートの2012年から使用開始

ぼくがAdobe CCを使い始めたのは、2012年のプランスタートからでした。

2011年にデザインや写真撮影の事務所として独立したため、Adobeソフトがどうあっても必要だったのです。

最初、使っていたソフトは4つ

独立当時、よく使っていたソフトは以下4つ。

  • Illustrator
  • Photoshop
  • Lightroom
  • Dreamweaver

「この4つを使うなら、まあAdobe CCにしたほうが得だな」と登録したわけです。以来、約10年間、Adobeに月額課金し続けてきました

現在よく使うソフトは3つ

ただ月日が経つと仕事が変化し、使うソフトが変わってきました。現状で日常的に使うAdobeソフトは、以下の3つです。

  • Illustrator
  • Photoshop
  • Lightroom

たまに動画作成でPremiereを使いますが、買い切りのFinal Cut Proを入れているので代替可能。

となると、Adobe CCに入っていながら必要なのは、「Illustrator・Photoshop・Lightroom」の3つだけでした。

Adobeソフトのコストを見直し

Illustrator・Photoshop・Lightroom、それぞれの月払いの合計がAdobe CCを上回っていれば、登録し続ける価値はあります。

ぼくは思考停止で「この3つで、7,000円以上するんだろう」と思い込んでいましたが…。改めて調べると、それぞれ以下の料金と判明しました。

  • PhotoshopとLightroomが使えるフォトプラン(20GB) 月払い1,180円
  • Illustrator単体プラン 月払い3,280円

単体購入した場合、月払いの合計は4,460円。Adobe CCの月払い7,780円より、安いではないですか…。

なぜ、ちゃんと調べなかったのだろう??

Adobe CCはデジハリなどで安く買える

しかもさらに調べると、フォトプラン(1TB)Illustratorも、Amazonで割引のパッケージが販売されていました(ちなみにAdobe CCもAmazonにあり)。

Amazonは価格が変動するものの、フォトプランとイラレ合わせて月換算が5,000円弱。Adobe CCの月額7,780円との差額は…、2,500円以上!なんということだ…。

デジハリは公式の約半額

さらに調べるとデジタルハリウッドのAdobeマスター講座を使えば、Adobe CCを年額39,980円(月換算3,331円)で利用できることを知りました。

Adobe公式の年払い86,880円との差額は46,900円半額以下です。こんなお得な方法もあったのか。

デジタルハリウッドのAdobeマスター講座は、以下の記事に詳しくまとめています。

>> Adobe CCをセールより安く買う方法【社会人OK】

講座が充実しているアドバンスクール

デジハリと同じく、Adobe CCを年額39,980円で使えるのがアドバンスクールです。

こちらは受講できる講座の数が、11と豊富です(デジハリは6講座)。これからAdobe ソフトを使う初心者の人にとって、優しいプランとなっています。

アドバンスクールについては、以下の記事に詳しくまとめています。

>> アドバンスクールのAdobe講座を解説【通信でお得に学習】

トータル30万円近くを無駄に払っていた

これまで10年間、Adobe CCを公式から月払い購入していたので、下手すると30万円近くAdobeへ余分に払っていたかもしれません。

調べなかった自分が悪いとはいえ、何とももったいないことをしました。

知らないのは恐ろしいこと

東大受験を目指す『ドラゴン桜』という漫画で、以下のような印象的なセリフがあります。

「(情報は)知る者と知らざる者に分かれる」
「『知らない』ということは実に恐ろしいことなんだ」
「逆に知るということ、情報や知識は幸せをもたらす強力な武器だということだ」

東京大学では、東大受験の情報の詰まった『東大新聞』が発行されています。

それを読むか読まないかで、受験対策は大きく変わってくる。興奮しながら『東大新聞』を読んでいる受験生に向かって、桜木が話した言葉です。

まさに同じ商品のAdobe CCを定価で買うか、半額以下の金額で買うかは大きな違いです。「知らない」ことの恐ろしさを、身をもって経験しました。

created by Rinker
¥759 (2024/07/13 10:24:50時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

いうまでもなく、Adobe CCは素晴らしいプランです。

ソフトが使い放題になるだけでなく、Adobeのフォントが使えたりポートフォリオサイトを簡単に作れたりと、課金するだけの価値は十分にあります。

ただサブスクだけに、固定費となります。

登録前に「もっと安く買える方法はないか」と調べなくてはなりませんね。良い教訓になりました。

公式でAdobe CCを契約しているひとは、AmazonやデジタルハリウッドのAdobeマスター講座を検討してみてください。

created by Rinker
アドビ
¥31,212 (2024/07/13 10:24:51時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました