iPhoneリマインダーアプリ、機能を絞って使いこなす。忘れごとをナシにしよう

リマインダー、使いこなしていますか?

iPhoneにプリインストールされているアプリに、リマインダーがあります。
このアプリをうまく使いこなせば、忘れごとをナシにできます。

使い方には、コツがあります。
それほどたくさん機能があるわけでないですが、それでもリマインダーを設定するたび色々とやっていては「便利だけど、なんか面倒だな…」と思ってしまうんですね。

そこでこの記事では、リマインダーで使う機能を絞って、忘れごとをなくすやり方をご紹介します。

iPhoneリマインダーアプリ、機能を絞って使いこなす。忘れごとをナシにしよう

そもそもこのアプリは、タスク管理ではない

リマインダーという言葉は、「リマインド」から来ています。
「リマインド(remind)」とは、「思い出させる」という意味。

リマインダーとタスク管理アプリと混同しがちですが、この2つは別物です。
タスク管理は「いつかやる事柄」をリスト化したものです。
一方、リマインダーは、「忘れないよう、通知してくれるもの」

そのためリマインダーをタスク管理のように使うと、今ひとつ機能しないんです。

頭にやることがよぎったら、すぐに起動する

ではどういうふうに使うか。
普段生活していて、「あれをやらなくちゃ」と思い出すことはないですか?

・今日の午後に、郵便局へ行かなくちゃ
・今日の夕食後に、友達へ連絡しなくちゃ
・お米が切れそうだから、あとでAmazonに発注しなきゃ

こうして頭によぎったことは、すぐにメモしないと忘れてしまいます。

でもメモしたはいいけれど、読み返さないと思い出せません。
こういうときのために、リマインダーが機能します。

効果的な使い方

やることをリストへ記入

ここからiPhone・リマインダーアプリの、効果的な使い方をご紹介します。

なにか作業しているとき、「今日の午後、郵便局へ行かなくちゃ」と頭によぎったとしましょう。

その瞬間、iPhoneを手にして、リマインダーを起動してください。
その後に行なうアクションは、以下のとおりです。

「今日」をタップして、次の画面へ

左下の「新規リマインダー」をタップ

点滅しているカーソルに「郵便局」と書く

リマインダー
リマインダー
リマインダー

これでまずは「郵便局へ行かなくちゃ」という考えを、頭の外へ追い出すことができました。
これだけでも、脳のメモリを無駄に使わなくて済みますね。

知らせる日時を指定して、完了

でもこのままでは、作業に戻ると忘れてしまいます。
そのため「思い出させて(リマインドして)くれる」よう、時間を設定します。

リストの右端の「i」をタップし、「詳細」画面へ移動

色々と項目がありますが、このなかで注目は「指定日に通知」「アラーム」「指定時刻に通知」の3つだけです。

「指定日に通知」をオンに(すでにオンになっていれば、そのままで)

「指定時刻に通知」をオンに

アラームをタップして、知らせてくれる日時を指定する

右上の「完了」をタップ

リマインダー
リマインダー

以上です。

他にも色々と細かく設定できますが、やることが多いとリマインダーが面倒になります。
日時の設定をしたら、これで終わりです。

時間になれば、音やバイブで知らせてくれる

あとは「郵便局へ行く」ことなんて忘れて、目の前のできごとに集中しましょう。
心配しなくても、指定した時刻になれば「リマインダー」が知らせてくれます。

知らせ方は、音やバイブ、ロック画面の表示など、通常のアプリと同じように設定可能です。

シンプルアクションを癖にしよう

いかがでしょうか。

ともかく「あれをやらなきゃ!」と頭に思い浮かんだと同時に、リマインダーへセットする。
これを癖にすれば、もう忘れることはなくなります。
頭からやることを追い出せるので、脳の負担も少なくなりますね。

いつも手元に置いているiPhoneですから、ぜひリマインダー・アプリを有効活用してください。